イベント情報

日記

作品&プロジェクト

作品&プロジェクト - みんなの作品の記事

● 2015年2月22日 釜ヶ崎オ!ペラ

2月22日 10:00-18:00。西成区民センターで釜ヶ崎芸術大学2014の成果発表として釜ヶ崎オ!ペラが開催されました。

8時間という長丁場。「オ!ペラ」と呼ぶにふさわしい、にぎやかな発表会となりました。

ちょっとおそくなりましたが、そのときの様子を写真と動画でみなさんに報告します。

釜ヶ崎オ!ペラ

参画:釜ヶ崎芸術大学在校生、尾久土正己、ストリートワイズ・オペラ、マット・ピーコック、澄川小百合、中川真、中西ちさと、野村誠、西川勝、南流石+鶴見橋中学校チーム鶴の舞、若原瑞昌、上田假奈代 ほか

☆お!はよう--受付はじめ!
いよいよ釜ヶ崎オ!ペラがはじまります。まずは設営準備から。

001-P2227643 004-P2227650 020-P2227694 026-P2227709

★【序章 はやすぎることはない】
出演:中西ちさと、野村誠、ロバート・ギルドン、上田假奈代、会場のみなさん

029-P2227715 041-P2226802

♪「釜芸の詩」
出演:上田假奈代、野村誠、中西ちさと、釜芸ダンス部

048-P2227765

★【第1幕 宇宙】
♪ぱぴぷぺぽっぽっぽ『釜ヶ崎オ!ペラ』のテーマ--合唱
出演:釜芸合唱部、釜芸「即興オ!ペラ」受講生、野村誠

♪星のからだ--即興ダンスと即興オ!ペラ
出演:釜芸ダンス部、釜芸「即興オ!ペラ」受講生、中西ちさと

054-P2227788 055-P2226827

♪天文学ガムラン--宇宙とアートの話と古典ガムラン
出演:釜芸「ガムラン」受講生、尾久土正巳、中川真

061-P2226843 070-P2227836 075-P2226853 083-P2227845

♪小芝居『あなた』--即興2人芝居
出演:釜芸「即興オ!ペラ」受講生、野村誠

089-P2227850 095-P2227867 103-P2227883 104-P2227891

♪宇宙の脳みそ--「脳の詩」朗読
出演:釜芸「詩」受講生、上田假奈代

112-P2226940

♪青春オ!ペラペラペラ--創作ダンス
出演:南流石+鶴見橋中学校 チーム鶴の舞

136-P2227967 148-P2228042

♪お!ひるごはん

161-P2228154

★【第2幕 円環】
♪ゴールデンキネマ『恃まず、恃む、釜ヶ崎』--釜ヶ崎に暮らす人や釜芸についての映画
監督:若原瑞昌

166-P2228186

♪じぶんの言葉で話すこと--哲学 恃むことについて、そして哲学する
出演:釜芸「哲学」受講生、西川勝、若原瑞昌

172-P2228200 175-P2227180

♪おやつとお昼寝

192-P2228259

★【第3幕 家出/探検】
♪家出して『ふんが行進曲』--合唱
出演:釜芸合唱部、野村誠

200-P2228279 202-P2220083

♪ポーチひとつに700円--「探検の詩」朗読
出演:釜芸「詩」受講生、上田假奈代

205-P2220127 208-P2228301

♪ヨコハマトリエンナーレ2014~忘却の海を漂流する--ヨコトリ報告
撮影・編集:大河原万唆博

211-P2228311

♪アフリカのカバとコカバ--即興 釜流かけあいうた
出演:釜芸「即興オ!ペラ」受講生、野村誠、上田假奈代

213-P2228322 219-P2220229 223-P2220245 230-P2220290 233-P2220312

♪いったん、休憩

★【第4幕 流星】
♪七年前の黒カラス--『ふるさとのうた』発表
出演:紙芝居劇団むすび、ロバート・ギルドン、野村誠、上田假奈代

237-P2220328

♪オペラハウスの外で会う--イギリス、ストリートワイズ・オペラの活動紹介
出演:マット・ピーコック

238-P2228398

♪ここで応答する--応答する イギリス/釜ヶ崎
出演:釜芸「オペラ」受講生、マット・ピーコック、野村誠、上田假奈代

247-P2228449 250-P2228457 265-P2228580

♪流れ星のしりとり--みんなでうたい、おどる
出演:会場のみなさん

270-P2228615

☆お!つかれさま

● 4月イベントスケジュール

【4月イベントスケジュール】

11日には「ありがとう!依存宣言!! 感謝祭」開催! 16日、20日には「釜芸・詩の講座」の追加開催があります☆

※今月から<ひと花センター表現プログラム>の予定をココルームで公開することになりました。 

-------------------------------

1日のイベント

散歩の会<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月1日(水)9:30~12:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
ガイド:石井聖美

ガイドさんといっしょにみんなでおでかけします。みなれたまちに隠れた名所をたずねます。

石井聖美(いしいのぞみ)【ガイド】

大阪プロガイドマネジメント協会理事。大阪人とは思えないほどスローテンポで話すが、生粋の大阪のオバチャン。週に1度は大阪城に行くという大阪城マニアでもあり。というか、大阪のことはかなり詳しい。2008年度「クイズ大阪NO1決定戦」出場者。通称「いらんこと何でも知ってる石井さん」

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

◇ ◇ ◇

パソコン教室

日 時:4月1日(水)18:00~19:00
参加費:500円
場 所:ココルーム(大阪市西成区山王1-15-11)

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのパソコン教室。パソコンの先生も募集しています(ボランティアです)。基本的なことが教えられる方ならどなたでも大丈夫です。

-------------------------------

2日のイベント

美術の時間<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月2日(木)13:00~15:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:前川紘士

みんなで現代美術に挑戦します。

前川紘士(まえかわこうじ)【美術家】

2006年、京都市立芸術大学制作展奨励賞受賞。近年は、病院でのプロジェクトのフィードバックを得るために継続しているリサーチ・プロジェクト「半外プロジェクトP&I」や各地でのワークショップやパフォーマンス、ZINEの制作や配布などを通して展開している「オープン・キーホルダー」など、展覧会に限らない活動も継続して展開している。

http://www.kojimaekawa.com/

http://maekoji.exblog.jp/

 

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

-------------------------------

3日のイベント

今日の出会いを体験する<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月3日(金)13:00〜15:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:岩橋由莉

日々の出会いを大切に。みんなでいろいろなことをおしゃべりします。

岩橋由莉(いわはしゆり)【表現教育実践家】

乳幼児から高齢者までを対象に、その時の場と人の間に生まれるものを感じて表現していく「受信から始まる表現」として独自のプログラム「コミュニケーション・アーツ」を熊野の森から都心のビル街まで日本各地で展開中。http://haraiso.com

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

-------------------------------

6日のイベント

山王ミニ夜まわり

日 時:4月6日(月)夜まわり開始20:00
※20:00から参加される方は10分ほど早めにきて「ひとことメッセージ」をお願いします。
参加費:無料・カンパ歓迎!
集 合:ココルーム(大阪市西成区山王1-15-11)

山王周辺で野宿されている方をたずねて、おむすびなどを渡しながら体調についてうかがったりします。
16:00頃~ おむすびなどすこしづつ準備
19:00頃~ みんなでごはん(700円)、ミーティング、ひとことメッセージ書き
< div>20:00すぎ 夜まわり開始
21:00頃  ふりかえり・終了

-------------------------------

8日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【合唱部】

日 時:4月8日(水)18:30~20:30
参加費:無料・カンパ歓迎
場 所:禁酒の館(大阪市西成区萩之茶屋3-1-8)
講 師:山本則幸

釜ヶ崎芸術大学「合唱部」。歌いたい歌を、歌いたいように歌います。一人で歌うのもいいけど、声を合わせて歌うのも楽しいですよ。

山本則幸(やまもとのりゆき)【合唱指導】

大学時代より合唱を始める。現在、関西合唱団団長、松原ぞうれっしゃ合唱団、コーラス3びきのくまなど大人と子どもの合唱団、そよかぜコーラスなどの指揮。池辺晋一郎、西村朗、千原英喜、押尾コータローなど委嘱作品の企画にも携わる。

◇ ◇ ◇

詩の学校

日 時:4月8日(水)19:00~21:00
参加費:1000円
会 場:應典院(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)

1回だけの参加もOKです。現在、自主運営方式で開催中。筆記用具、ノートか紙を持参してください。 詳細はこちら→http://www.kanayo-net.com/poem_school/

-------------------------------

9日のイベント

演劇ワークショップ<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月9日(金)13:00~15:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:沖田都

ひと花笑劇団誕生。台本から舞台美術までみんなで手づくりの演劇。その手はじめになるかも?

沖田都(おきたみやこ)【俳優】

福岡県北九州市出身。18才より演劇をはじめる。劇団・公共劇場・商店街などとの協同を経て、現在ココルームのスタッフ。ここで出会う人たちに励まされ少し太った。日々の生活の中に演劇を見つけることを喜びにしている。ひと花センターでは、もっぱらゲームで遊んだあとにハチャメチャ即興劇をやっている。

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

-------------------------------

11日のイベント

ありがとう!依存宣言!!感謝祭

日 時:4月11日(土)16:30~18:30
参加費:無料・カンパ歓迎
場 所:ココルーム(大阪市西成区山王1-15-11)

講 師:上田假奈代(詩依存)、西川勝(哲学依存)、西真如(アフリカ依存)、宮本友介(娘依存)、原田麻以(甘味依存)、ほか

「迷惑かけて、ありがとう」 これまで依存してきたいろんないろんな事、人、もの・・・に 日頃の感謝の気持ちをこめて、感謝状をつくたり、話してみたりしてみましょう。 自分はなにも依存してない、と思うあなた。胸に手をおいて考えてみてください。空気には?水には? 人はひとりでは生きてられませんもん。 わたしたちは多くの関係のなかに生きています。 依存を語ることからみえてくる生き方、死に方をちょっと考えてみませんか。 主催:依存学研究 会実行員会「釜ヶ崎における、孤独のなかでさまざまな依存とつきあう知恵と日常の実践研究」 助成:依存学推進協議会

-------------------------------

14日のイベント

じゆうな音楽<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月14日(火)13:00~15:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:ひきたま

歌あり、手作り楽器あり、たのしい音楽の時間です。

ひきたま【音楽家】

カリンバ奏者。ライブなどさまざまな音楽活動で活躍。

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

-------------------------------

15日のイベント

書のワークショップ<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月15日(水)13:00~15:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:田面遥華

お手本を写す「書道」とはひと味ちがう「書」の時間です。

田面遙華(たずらようか)【書家】

幼少から書道を学び、現在書道家として活動。さまざまなアートに触れ、イベント参加や作品を制作する。 他のジャンルのアートとのコラボレーションやライブ書道も行う。 墨の持っている独特の雰囲気を活かし 、手書きの味のある書を取り込み、名刺やタイトルロゴ、筆文字の看板などデザインする。 女性的な線で大胆でもあり繊細さを活かした書を書く。 田面遙華ブログ「言の葉の羽音」http://youkasho.exblog.jp/

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

◇ ◇ ◇

えんがわ健康相談会

日 時:4月15日(水)14:00~15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場 所:カマン!メディアセンター(大阪市太子1-11-6 ココルーム向かい)

血圧をはかり、おくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来て、みんなの相談にのってくださいます。

◇ ◇ ◇

パソコン教室

日 時:4月15日(水)18:00~19:00
参加費:500円
場 所:ココルーム(大阪市西成区山王1-15-11)

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのパソコン教室。パソコンの先生も募集しています(ボランティアです)。基本的なことが教えられる方ならどなたでも大丈夫です。

-------------------------------

16日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日 時:4月16日(木)14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場 所:西成市民館(大阪市西成区萩之茶屋2-9-1)
講 師:上田 假奈代

釜芸・詩の講義が追加開講されます☆

上田 假奈代(うえだかなよ)【詩人・詩業家】

1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から多様な人々にむけて詩のワークショップを行う。「こころのたねとして」など、さまざまなワークショップメソッドを開発する。ココルーム代表。

釜ヶ崎芸術大学2014-15
http://www.kama-media.org/japanese/geidai2014/

予定表一覧(pdfです)
http://www.cocoroom.org/about/pdf/kamagei_2014.pdf

-------------------------------

18日のイベント

みんなであそぼう げんきまつり!

日 時:4月18日(土)13:00~16:00 ※雨天の場合秋に延期
場 所:三角公園(萩之茶屋南公園 大阪府大阪市西成区萩之茶屋3丁目7)
主 催:釜ヶ崎キリスト教協友会・げんきまつり実行委員会

あそびもいろいろ! 綱引きや紙芝居もあるよ! 喫茶には、お茶とジュースがあるよ! けん玉・こま・手作りおもちゃ・ストラックアウト・卓球・あきカン釣り・ひこうきビンゴ・デカデカジェンガ。ゲーム券・のみもの券は当日12時45分から配布します。ココルームは工作コーナーで参加します☆

-------------------------------

20日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日 時:4月20日(月)13:00~15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場 所:太子会館老人憩の家(大阪市西成区太子1-8-12)
講 師:上田 假奈代

釜芸・詩の講義が追加開講されます☆

上田 假奈代(うえだかなよ)【詩人・詩業家】

1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から多様な人々にむけて詩のワークショップを行う。「こころのたねとして」など、さまざまなワークショップメソッドを開発する。ココルーム代表。

◇ ◇ ◇

あっこちゃんの会<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月20日(月)15:30~17:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:西川勝・宮本友介

臨床哲学者でもある西川先生と日常のさまざまなことを変幻自在にかたります。

西川勝(にしかわまさる)【臨床哲学】

2003年大阪大学大学院文学研究科臨床哲学博士前期課程修了。 精神科病棟での見習い看護師を皮切りに、人工血液透析、老人介護施設と職場を移しつつ、二十数年にわたって臨床の現場での経験を積む。その一方で、関西大学の二部、大阪大学大学院文学研究科にて哲学を学び、看護の実際に即してケアのあり方をめぐる哲学的考察をおこなう。現在は「認知症ケア」に関わるコミュニケーションの研究・実践を進行中。

宮本友介(みやもとゆうすけ)【心理学】

2003年大阪大学大学院人間科学研究 科博士後期課程中退。修士(人間科学)。 大阪大学大学院人間科学研究科助教を兼任。専門は、心理統計学・認知心理学。 「心理モデルおよび行動データ分析のための統計手法の開発」と「協調学習による情報教育」をテーマに研究してきました。現在は,これらの手法を実践の場でいかにして活かすことができるかに関心を持っています。

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

-------------------------------

21日のイベント

こころぎカフェ

日 時:4月21日(火)14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場 所:支援ハウス 路木(大阪府大阪市西成区萩之茶屋2丁目7−7)

ココルームから出張カフェ。簡単に作れて食べられるものをご用意します。ぜひご一緒にいかがですか。

-------------------------------

23日のイベント

詩の時間<ひと花センター表現プログラム

日 時:4月23日(月)13:00~15:00
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:上田 假奈代

上田假奈代【詩人・詩業家】

1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から多様な人々にむけて詩のワークショップを行う。「こころのたねとして」など、さまざまなワークショップメソッドを開発する。ココルーム代表。

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

-------------------------------

24日のイベント

「うさぎ!」を読む会

日 時:4月24日(土)19:30~
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダー
場 所:ココルーム(大阪市西成区山王1-15-11)

小沢健二の「うさぎ!」をみんなで読みます。

-------------------------------

25日のイベント

釜ヶ崎冰志(ひょうし)句会

日 時:4月25日(土)15:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
会 場:ココルーム(大阪市西成区山王1-15-11)

みんなで季節の俳句を詠みます。毎月いつも使っていない部分のあたまを使うたいせつな時間です。

-------------------------------

27日のイベント

こころとからだをほぐす<ひと花センター表現プログラム>

日 時:4月27日(月)13:00~14:30
会 場:ひと花センター(大阪市西成区花園北1-2-19)

参 加:登録制・ボランティア/見学 歓迎
講 師:エメスズキ

ゆっくりふかく動いて、こころとからだをほぐします。

エメスズキ(えめすずき)【ダンサー】

パフォーマーとして関西を中心に国内外で作品を発表。「ダンス」を通して、さまざまな人々や地域との関係をつくり、その経緯をプロジェクトとして公開する形式をスタート。障がいのある人・高齢者対象ワークショップなども継続して行う。「+ちいさなこどもたち」プロジェクトを進行中。

ひと花センター表現プログラムのブログ
http://www.hitohanap.org/category/expression/

● 書道の作品が届きました

ヨコハマトリエンナーレ2014の開幕が8月1日にせまり、釜ヶ崎芸術大学の展示の準備もどんどん進めています。

美術館や国際美術展での展示、の経験はあまりないので、迷いながら少しづつ進めてきましたが、今週末から展示作業が始まるので、最後の大詰め作業が進んでいます。

期待や楽しみな気持ちと共に、不安や心配も入り交じります。

「何か送り忘れたものないかな、、、」

「展示中に、トラブルがあるんじゃないか、、、」

美術館での展示をおこなうアーティストの方々はいつもこんな感じなのでしょうか??

そんな中、釜ヶ崎芸術大学で書道の授業で書いた大型の作品を、展示用に裏打ち加工したものを畑中弄石先生が届けてくれました!

 

畑中先生は「下手な字はない。個性が美しい」といって、授業のときにもその人の個性を伸ばしたお手本を一人ひとりに書いてくださいます。今回の作品も、書いた人によって全くおもむきが違う作品に仕上がりました。

書いたときに、とてもよかったのですが、自分たち篆刻したものを落款して、裏打ちしたものは本当にかっこいい仕上がりになりました!

 

これをもって、横浜美術館に展示に向かいます…!

● 5月の句会をしました。

今月の句会をしました。

 

ふりがなの雨降る坂で思いだす          かなよ

さばよむと四十も五十も一光年           かなよ
大輪の牡丹きぞくのお姫様             にゃにゃ
つつじの葉花のクッションささえてる        にゃにゃ
寄り道につつじ一面生命萌ゆ            こて
新緑のみどりのかずのその多さ          sappi
春の海観光船に涙雨                タカセ
しょうぶ湯に入ったほっぺはゆでたまご      にゃにゃ
こいのぼり空をのびのびおよいでる        にゃにゃ
人の手をいれねばならぬ竹林           由良
虎の舞い幸繋げからむ竹林            赤鬼
母の日や帰りの道に雨宿り            タカセ
ふかふかの満開つつじクッションだ        にゃにゃ
まわる水しょうぶがワルツおどってる       にゃにゃ
かえり道花ふわふわとつつじの葉        にゃにゃ
鯉のぼり幼子踊る震災地             赤鬼
にょっきりたけのこいづるさつきばれ       赤鬼
新茶のむ父の横顔もう老けず           こて
たけのこはあたまをのばす暗くても        にゃにゃ
むらさきの特に色濃き庭の隅           タカセ
春競馬破れて強しキズナカナ           タカセ

 

IMG_1383

 

IMG_1382

 

 

 

 

● 4月の句会

4月も句会をしました。今月の句題は、「桜・花・春」

近所の猫塚まで、その場にいた人でで桜を見にいってから句を作る、吟行をしました。

きれいに桜が咲いていて、楽しかったです。

 

咲くことも散ることも同じ星の春     ゆふこ
大好きだエイプリルフウルつい本音   やな童
夜桜のもの静かさに心入る        玉置
さくらの木かげでひるねをしてるねこ   にゃにゃ
はなふぶきピンクの雪がまっている   にゃにゃ
小さな手桜いっぱいにぎりしめ      都
かえり見て桜花かな我が人生      玉置
風さそう浮いたさくらは夢をあと      ゆら
春うらら亀も顔出し昼ねかな       にゃにゃ
亀のせをとび石にしてはとがとび    にゃにゃ
つぎつぎと赤ら顔かな花見酒      諒子
春深し季語も別れも多すぎる      かなよ
花といえば花嘘といえば嘘この世   かなよ
花冷えの風にまかせてピクニック    こて
春の風はずんだ気持ちさけにする    ゆら
ポケットの夜は冷たいヒヤシンス     かなよ
人さがし無言のひじき海光る       かなよ
常識のアレよりわたしチューリップ    かなよ
ほめられていちごほほばる赤いほほ   都
鼻うたと花びらひとつ旅に出る       こて
先に行くまだ見ぬ私花桜          諒子

 

 

 

● 2月16日釜ヶ崎芸術大学第二期成果発表会

大阪市西成区の釜ヶ崎と呼ばれる地域で、第二期を迎えた釜ヶ崎芸術大学は、9月より50数回の授業を重ねてきました。日本の近代を支えてきたこのまちでもういちど始めた「大学」に、たくさんの人が集い、学びあいました。お笑い・音楽・絵画・ガムラン・感情・狂言・芸術・詩・書道・写真・地理・哲学・天文学・表現の14教科に合唱部・ダンス部も加わって、様々なことに挑戦してきた成果発表会を開催しました。

日 時| 2014年2月16日(日) 14:00~17:10
会 場| 山王集会所(大阪府大阪市西成区山王2丁目10-24)

成果発表会は、14時からでしたが、舞台発表のある授業のリハーサルは11時半頃から始まり、受講生の方は緊張の面持ちで集合し、リハーサルに参加していました。

■ タイムスケジュール(予定) ■

14:00〜  はじめに 釜芸をふりかえる
14:15〜 【音楽】釜芸オーケストラの演奏
14:35〜 【狂言】釜ヶ崎狂言会の公演映像上映
15:10〜 【合唱部】埴生の宿など
15:30〜  休憩
15:45〜 【ダンス部】朝起きて
16:05〜 【写真】スライドショー 釜芸ガムランの音とともに
16:15〜 【詩】釜芸詩人たちの朗読
16:40〜  みんなで話す 釜芸どうだった?
17:10   終了予定

本番もたくさんの方に来場していただき、釜芸を振り返りつつ、音楽や合唱部、ダンス部、詩の舞台発表や狂言の公演映像をみました。

〈作品展示〉会場ではみなさんの作品の展示も行いました。

 

 

 

 

〈詩の朗読〉詩の授業で作った詩を朗読しました。二人一組で相手のことを詩にしたものを読み合いました。

 

 

 

〈写真〉ポートレイトの作品をみました。

 

〈ダンス部〉振り付けしたダンスを発表しました。

 

 

〈合唱部〉合唱の発表しました。

 

 

〈音楽〉コップなどを楽器にして、指揮にしたがって演奏を行いました。

 

 

 

● 釜ヶ崎芸術大学【合唱部】 第5回

【科目】合唱部 第5回
【講師】山本則幸
【日時】2月12日(水)18:30〜20:30
【場所】禁酒の館
【参加者】    12人+スタッフ3人
【概要】ストレッチ(首、腰、手足くび、顔面マッサージ)、呼吸確認、発声練習からスタート。これまで歌った歌「埴生の宿」「空より高く」「花は咲く」「アメイジンググレイス」を歌う。楽譜の持ち方、指揮を見ることについてお話。発表会で歌う歌の選曲。
【メモ/感想】山本先生が体調を崩しておられ声があまり出ないとのこと。身振りを大きく指導してくださる。発声では、目線を高く持つこと、高いところを出そうとする時こそ腹筋に力を入れて膝をまげ、下半身を強くするよう声かけがある。他には、体が楽器であるという意識をもとう、みんなで呼吸を合わせよう、といった声かけが印象的。これまで歌った曲を順番に歌い、発表会では「埴生の宿」「花は咲く」「アメイジンググレイス」3曲を歌うことに決まる。皆さん、どうしても楽譜ばかり見てしまい、指揮を見ながら歌うことがなかなか難しそう。「アメイジンググレイス」では、場の温度も高まり、皆さん集中して、一番伸びやかな声が聞こえた。1番2番3番4番それぞれの歌詞のイメージを先生が説明すると、歌声が変わった。イメージの大切さに気づく。

● 釜ヶ崎芸術大学【地理】 第2回

【科目】地理 第2回
【講師】水内俊雄
【日時】2月10日(月)14:00〜16:00
【場所】カマン!メディアセンター集合
【参加者】13名+スタッフ3名
【概要】約200年前の地図を片手にまち歩き。釜ヶ崎と呼ばれるこの地域の錯綜した歴史の片鱗にふれる。
【メモ/感想】地図4枚。1804年頃。1910年。1928年。1953年。ココルームをAとしてGまで7つのポイントをすべての地図にマーキング。ココルームを出て北へ、大通りを渡り道楽亭の脇道は元々一心寺につづく道。じゃんじゃん横町へ通じるガードの上はかつては6本の鉄道軌線。交番前を左折してスパワールド、フェスティバルゲート跡地はもと南海電車車庫。野戦病院。ロシア人捕虜収容所。その先は阪堺電車車庫跡地。向いの三角形の大きな空き地は中山太陽堂の石鹸工場。天王寺公園からこの辺りは市の開発が錯綜している。浪速区の日払いアパートはバラック立ち退き料が原資で釜ヶ崎のドヤとは経緯が違う。南下して再度高架下には明治25年製のレンガ塀のあと。その先の線路沿いの駐車場周辺が釜ヶ崎の木賃宿の発祥地。明治37年(?)、ここから大阪市外府下。大通りを渡り右手が元刑場。むかいの斜めの小道は鳶田墓へ。先へ進むと左手は元マッチ工場、電光社址。さらに左にすすみ高速高架下をくぐり天王寺村。上町台地を正面に商店街を右折する。この通りは用水路跡にそって両脇に。その先は飛田新地。今でものこる遊郭の痕跡。赤線青線。大正6年に誘致されてやって来た。

● 釜ヶ崎芸術大学【ダンス部】 第7回

【科目】ダンス部 第7回
【講師】中西ちさと
【日時】2月3日(月)14:00〜16:00
【場所】喜望の家
【参加者】11名+スタッフ2名+取材記者1名
【概要】ストレッチから、本番にむけて部分練習、個人練習、通し稽古。
【メモ/感想】いつもの通りストレッチから。首回し、首のばし。あぐらで前屈。両手足つきそのまま歩く。背中をゆっくり上下からしゃちほこのポーズ。寝転び仰向けひざを抱えて片足ずつ。立って小さくジャンプ、伸び。脱力、もっと高く!一番下まで!中西さんの動きを見てそれをまねる。小休止をはさみ、ここから本番、発表の練習。朝起きてからの動きのダンス。Yさんの両手にIくんがやさしく手をのせて動きを誘導。この動作をUさんとSさん。INさんとIさん。OさんとSさん。NくんとMさんのペアで行なう。そしてみんなで横たわる。この流れを二回確認。自分の出番を把握するまでに時間がかかる。全員が一度はけてからゆっくり四方から歩いて登場するところでは、。ぐるぐるぐるぐる、ゆっくりまとまるが、ここでちょっと混乱、もう一度やってみる。「もう無理ってところまで動きましょう」と中西さん。今度は歩き回る範囲を中西さんとゆうこさんが両側から手を広げてリード。ここで休憩。そしてペアになってお互いの動きを見合う自主練。中西さんがひとりひとりの動きを修正。ここで特掃が終わったKさん登場。Kさんを加えてもう一度通しでやってみる。小休止ののち通し稽古。しかしNくん動かなくなる!しばらく待った後、流して先に進める。最後にダンゴ状になるところのギュッと感を確認。「梅干しみたいに」とゆうこさん。すると今までで一番よい状態に!Nくんの入るタイミングなど中西さんが気になった点をいくつか確認。深呼吸しておしまい。

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】 第4回

【科目】詩 第4回
【講師】上田假奈代
【日時】2月1日(土)
【場所】西成市民館3F講堂
【参加者】    19人+スタッフ ビデオ撮影杉本さん
【概要】身体をほぐして、小川の水を順番にまわして飲む。そして、この時間呼ばれたい名前と春になったらしたいことを紹介。谷川俊太郎の「えをかく」を輪読。2人組のペアをつくり、似顔詩と取材詩(テーマは身体)をおこない、朗読発表。
【メモ/感想】はじめての参加者はY大のO先生と学生のYさん。他の参加者はすでに釜芸によく来る方やひと花センターで詩の講座をうけたOさんといったメンバーで、和気あいあいというか、やわらかなのだ。耕されていてそれぞれに愉しみ方を知っている。輪読の時点で声の感じ、本を渡す仕草、どこまで読むかといったリズムを楽しんでいる。ペアをつくるときも、一緒に組んでみたい人を指名する人、率先して知らない人とペアを組んでくださるなど、とても積極的。今日印象的だったのはふだんは朗読しないSさんが立って、横を向きながら朗読したこと。「三年間鬱だった」と何度も言って、ここに表れているといって、俳句を書き写した紙をなんども指差し、朗読の最後にその俳句を二度三度と朗読された。参加者のみなさんの声が春のようにすこしぬるんだ空気に広がって、じんわりとして、みなさんいい顔で帰ってゆかれた。(か)

身体をほぐしたあと、かなよさんが小川の水を両手にすくったようにし、隣の人の掌にそっと注ぐ。順に隣の人に渡してゆく。いつも寡黙なSさんが帽子でうけて渡した時にはその予想外さに歓声があがる。みんなが春にやりたいことを話すと、あたたかな天気も手伝って春が思い浮かぶ。続いて、谷川俊太郎さんの「耳をすます」をみんなで数行ずつ朗読。隣の人に本を渡すこと、声の大小、笑い声、さまざまなものが絶妙のテンポ感を持って奇跡のようにからみあう。後半は顔をじっと見て詩を書くか、インタビューをしあって詩を書くか、各々のペアで選び、詩作の時間。できた詩はていねいに朗読され、「今日であった人のそれぞれの人生をかいま見たよう」と言う人も。(ゆ)

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
このページのトップへ