イベント情報

日記

作品&プロジェクト

日記 - 猫君のココルーム観察日記の記事

● 猫君にゃんだワン。


旭区内の再発見をする町歩きの(その5)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある街道を行く(その1)にゃんだワン。

京街道をぶらぶらするコ−スにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道をぶらぶらするコ−スを歩く距離は、約3.3kmにゃんだワン。京街道をぶらぶらするコ−スは、大阪市内にある旭区の東側を南北に延びているコ−スにゃんだワン。

�はスタ−ト(起点)で大阪市営地下鉄の谷町線の

関目高殿駅の改札口の前にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある七曲がりにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある七曲がりがある場所は、大阪市内の旭区にある高殿4丁目にゃんだワン。豊臣秀吉が大阪城を築城する時に、大阪城の上から敵兵(敵の兵士)の数や内容(敵の作戦)を知る為に、道路の幅(道路幅・道幅)を狭めて(狭くして)曲がりくねらせて造らせたと言われる「七曲がり」があって今もその名残があるそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある中橋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある中橋がある場所は、大阪市内の旭区にある高殿3丁目にゃんだワン。現在大阪市内の旭区には、橋が19個架かっているそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある中橋が旭区で1番古い橋ににゃるそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

京街道の道標(道しるべ)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道の道標(道しるべ)がある場所は、大阪市内の旭区にある大阪市営地下鉄の谷町線の関目高殿駅前にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道の道標(道しるべ)には、「京橋口より(から)3.8キロメ−トル(km)」と書かれて(刻まれて)あるそうにゃんだワン。大阪市内の旭区には、京街道沿いに道標(道しるべ)が、沢山(たくさん)建ててあるので前の道標(道しるべ)からどれ位歩いたかを見て歩くのもとても楽しいものにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

杉山街道の起点(スタ−ト)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある杉山街道の起点(スタ−ト)がある場所は、大阪市内の旭区にある高殿7丁目にゃんだワン。杉山街道は大阪市内の旭区にある高殿7丁目を起点(スタ−ト)として、大阪城の玉造口の東側にあった地名の杉山に向かう道(街道)にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある古市橋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある古市橋がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路1丁目にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある古市橋は、大阪市内の旭区にある城北川に架かっている橋にゃんだワン。大阪市内の旭区にある古市橋が、架設されたのは昭和10年(1935)〜昭和15年(1940)にかけてで、大阪市内の旭区にある城北川(城北運河)は、工業用の船運(舟運)を目的として開削されたそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

京街道の碑(石碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道の碑(石碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路東公園の公園内にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道の碑(石碑)は、京橋口より(から)4.4kmの地点(場所)にゃんだワン。碑(石碑)がある大阪市内の旭区にある森小路東公園は、京阪電車(京阪電鉄)の旧(古い)軌道の跡地(址地)を利用した公園にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある古市小学校にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある古市小学校がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路2-10-35にゃんだワン。大阪市内の旭区にある古市小学校の前の道路の半分(東側)を、高瀬川という水路(川)が流れていたそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある古市小学校の辺りは、昭和30年(1955)頃迄井路川と呼ばれる水路(川)が沢山(たくさん)あったそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある朝日地蔵尊にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある朝日地蔵尊がある場所は、大阪市内の旭区にある千林2丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある朝日地蔵尊の周辺も水路(高瀬川)が流れていて、朝日地蔵尊がある場所が丁度(ちょうど)水路(高瀬川)の曲がり角で、朝日地蔵尊のお地蔵様の鼻に櫂(かい)を当てて船(舟)の方向(方角)を変えていたので、このように朝日地蔵尊のお地蔵様の鼻がこのように欠けてしまったという説と、誰かの悪戯(いたずら)で朝日地蔵尊のお地蔵様の鼻を、櫂(かい)で叩いたという色々にゃ説があるそうにゃんだワン。朝日地蔵尊は歯痛に御利益(ごりやく)があるそうで、お酒(アルコ−ル)が大好きにゃ朝日地蔵尊のお地蔵様にゃので願いが叶ったら、お礼に朝日地蔵尊のお地蔵様にお酒(アルコ−ル)をかけに来るそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

木犀の陣屋の跡地(址地)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある木犀の陣屋の跡(址)地がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある木犀の陣屋は、1650坪の陣屋で御成門もあったそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある蒲生や関目の辺り迄、金もくせいや銀もくせいの花の香り(匂い)(におい)が、漂って(ただよって)いたそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある木犀の陣屋の跡地(址地)は、5〜6年前に取り壊された為に今は見る事は出来にゃいみたいにゃんだワン。でも木犀の陣屋の跡地(址地)の石碑が、作られる(創られる)(造られる)みたいにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

近代工業の発祥の地(土地や場所)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある近代工業の発祥の地(土地や場所)がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある近代工業の発祥の地(土地や場所)は、明治30年(1897)に大阪市内の旭区で最初の近代工場として、織布工場が大阪市内の旭区で開業した場所にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある今市会館にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある今市会館がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある今市会館は、昭和24年(1949)に建てられたレトロにゃ洋風の建築物にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)の大きにゃ楠の木(楠)(樟)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)にある大楠がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)に入れにゃいので、外側から見る事しか出来にゃいのは残念にゃ事にゃのですが、楠の木(楠)(樟)の樹齢(年齢)が約800年といわれていて、天然記念物に指定されているのが、大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)にある大きにゃ楠の木(楠)(樟)にゃんだワン。大阪城を築城する時に天守閣の棟が上がらにゃいので困っていた時に、豊臣秀吉の夢枕(夢の中)に大きにゃ白蛇が現れて「城北の大楠の主(主人)である」と告げたそうにゃんだワン。調べさせてみると見た事もにゃい大楠があると言う報告に、「さては神の祟り(たたり)だったか」と祈とうを行って“楠玉天王”を祭る「楠玉殿(くすだまでん)」を建てた事で、大阪城の天守閣の棟が無事に上がったと伝えられているそうにゃんだワン。ここで大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)からのお願い/にゃんだワン。境内(敷地内)にある大きにゃ楠(樟)の木である大楠(おおくす)は天然記念物であり、お寺の御神木(ごしんぼく)ですのでむやみに近付いて、御覧(ご覧)(ごらん)(見学)(けんがく)ににゃったり御手(お手)(おて)手(て)を触らにゃい(さわらにゃい)触れにゃい(ふれにゃい)ように、御願い(お願い)(おねがい)しますにゃんだワン。それと喫煙(きつえん)(煙草)(タバコ)(たばこ)については堅く(かたく)お断り(御断り)(御断わり)(おことわり)しているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある昌常寺の前にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある昌常寺がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。昌常寺の境内(敷地内)の左側の奥の辺りに、大阪市内の旭区にある淀川からの取水口があったそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある昌常寺の境内(敷地内)の左側の奥の辺りにあったここ(淀川からの取水口)から取った水は、4つの水路ににゃって田圃(田んぼ)(たんぼ)の水を確保していたという事にゃんだワン。

�はゴ−ル(終点)で大阪市内の旭区にある

京街道の碑(石碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道の碑(石碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路1丁目と今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道は、京街道の起点の京橋口から5.4kmの地点にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道は、ここ(大阪市内の旭区にある今市1丁目)から、更に守口宿と(や)枚方宿へと続くそうにゃんだワン。

旭区内の再発見をする町歩きの(その6)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある街道を行く(その2)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から摂河の国境を

ぶらぶらと(歩き回る)(あるきまわる)(歩き廻る)

コ−スにゃんだワン。

−剣街道(中高野街道)野崎街道−にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から摂河の国境をぶらぶらするコ−スを歩く距離は、約3.5kmにゃんだワン。大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から摂河の国境をぶらぶらするコ−スは、大阪市内にある旭区の東側を南北に延びているコ−スにゃんだワン。

�はスタ−トで大阪市内の旭区にある(京阪電車)(おけいはん)(お京阪)(京阪電鉄)の森小路駅の東口の前にゃんだワン

�は大阪市内の旭区にある新森中央公園の公園内にある森小路遺跡の(碑)(石碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある森小路遺跡の(碑)(石碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある新森4丁目の新森中央公園の公園内にゃんだワン。大阪市内の旭区にある新森中央公園の公園内には、染井吉野や八重桜の木が点在していて、新森中央公園を中心とする周辺には森小路の遺跡が、眠っているそうにゃんだワン。古代の(浪漫)(ロマン)(ろまん)に思いを馳せにゃがらお花見をするのも良いかもしれにゃいみたいにゃんだワン。森小路の遺跡の(碑)(石碑)は新森中央公園の付近一帯は弥生時代の中期に栄えた集落があった(所)(ところ)(処)(場所)にゃんだワン。昭和6年((1931)に発見された弥生時代の中期から古墳時代迄の集落の(跡地)(址地)で、大阪市内の旭区にある新森中央公園を中心に東西に500m、南北に600mのとても広い集落にゃんだワン。集落の(跡地)(址地)から出て来た主にゃ出土品は弥生式土器と弥生式石器と弥生式木器と弥生式須恵器と弥生式土師器と弥生式製塩土器と弥生式の(玉)(珠)(たま)(弾)(球)類等があるそうにゃんだワン。(出土品の一部は、芸術創造館の中にある旭区民センタ−の郷土資料室で展示しているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

(ゆずりは)(譲り葉)の道にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある(ゆずりは)(譲り葉)の道がある場所は、大阪市内の旭区にある新森5丁目にゃんだワン。この(ゆずりは)(譲り葉)の道の辺は村の(跡)(あと)(址)が見つかった(所)(ところ)(処)にゃんだワン。かにゃり広い範囲で発掘調査が行われたそうにゃんだワン。また、以前は(たんぼ)(田圃)(田んぼ)がずっと並んでいた事から、(綺麗)(きれい)にゃ区画の住宅地ににゃっているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

剣街道(中高野街道)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある剣街道(中高野街道)がある場所は、大阪市内の旭区にある新森7丁目にゃんだワン。京都や大坂の人達が高野山の(参詣)(さんけい)(さんぱい)(参拝)に(良く)(よく)通っていたので、剣街道は(中高野街道)とも呼ばれていたそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の

(紀念碑)(きねんひ)(記念碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の(紀念碑)(きねんひ)(記念碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある新森7丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区に住んでいた地元の方が立井路に沿って、新森7丁目から(京阪電車)(お京阪)(京阪電鉄)の千林駅の近く迄*あった自分の土地を提供して、道路を築造した事を(紀念)(きねん)(記念)するものにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の

(跡地)(あとち)(址地)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の(跡地)(あとち)(址地)がある場所は、大阪市内の旭区にある清水4丁目にゃんだワン。この辺りは一面(田圃)(たんぼ)(田んぼ)で東西に水路が流れていたそうにゃんだワン。その流れていた水路は立井路と言って、清水村にとって非常に大事にゃ農業用の水路にゃんだワン。そこ(立井路)(たていじ)の水路を(小船)(こぶね)(小舟)が農具や作物や肥料等を積んで家(自宅)と田畑の間を行ったり来たりしていたそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

八幡大神宮の御旅所にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある八幡大神宮の御旅所がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある八幡大神宮がある場所は、昔、般若寺村と呼ばれた一帯で、後醍醐天皇が14世紀の(初め)(はじめ)(始め)に建てた般若寺があった(所)(ところ)(処)ではにゃいかと言われているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある摂河の国境と

剣街道(中高野街道)と野崎街道の交差点にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある摂河の国境と剣街道(中高野街道)と野崎街道の交差点がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。この場所は昔、摂津(大阪府の北側)と河内(大阪府の南側)の国境で、剣街道(中高野街道)と野崎街道の2つの街道が合流する場所にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある願光寺にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある願光寺がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある願光寺は、室町時代に出来た由緒があるお寺(寺院)で真宗の大谷派にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある本瓦の長屋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある本瓦の長屋がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある本瓦の長屋は2F(2階)の屋根が丸瓦と平瓦が重にゃった「本瓦葺き」ににゃっているんだワン。古代の寺院の屋根は本瓦葺きで、今では大きにゃ寺院や旧家等でしか見る事が出来にゃいそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある八幡大神宮にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある八幡大神宮がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある八幡大神宮は、7世紀に藤原氏が春日大神を祀ったのが始まりと言われているそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある八幡大神宮の別名は不燃宮(焼けずの宮)(やけずのみや)と言われているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある清水北公園にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある清水北公園がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。清水北公園の辺りは、昭和46年(1971)に実施された町名の変更迄、上辻町と言われて(呼ばれて)おり、それ(町名の変更)を記した記念碑があるそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

御手洗(みたらしだんご)団子の亀屋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある御手洗(みたらしだんご)団子の亀屋がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある御手洗(みたらしだんご)団子の亀屋の御手洗団子が大阪市内にある「旭区の我が町のお宝」に認定されて選ばれているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

六軒長屋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある六軒長屋がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある六軒長屋は、昭和初期に建てられた長屋にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

野崎ガ−ドにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある野崎ガ−ドがある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある野崎ガ−ドは、野崎観音に通じる野崎街道を跨いで(またいで)交差しているので、野崎ガ−ドと言う名前が付いているそうにゃんだワン。

�はゴ−ル(終点)で

(京阪電車)(京阪電鉄)の京阪千林駅にゃんだワン。

旭区内の再発見をする町歩きの(その7)にゃんだワン。

● 猫君にゃんだワン。

旭区内の再発見をする町歩きの(その5)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある街道を行く(その1)にゃんだワン。

京街道をぶらぶらするコ−スにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道をぶらぶらするコ−スを歩く距離は、約3.3kmにゃんだワン。京街道をぶらぶらするコ−スは、大阪市内にある旭区の東側を南北に延びているコ−スにゃんだワン。

�はスタ−ト(起点)で大阪市営地下鉄の谷町線の

関目高殿駅の改札口の前にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある七曲がりにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある七曲がりがある場所は、大阪市内の旭区にある高殿4丁目にゃんだワン。豊臣秀吉が大阪城を築城する時に、大阪城の上から敵兵(敵の兵士)の数や内容(敵の作戦)を知る為に、道路の幅(道路幅・道幅)を狭めて(狭くして)曲がりくねらせて造らせたと言われる「七曲がり」があって今もその名残があるそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある中橋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある中橋がある場所は、大阪市内の旭区にある高殿3丁目にゃんだワン。現在大阪市内の旭区には、橋が19個架かっているそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある中橋が旭区で1番古い橋ににゃるそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

京街道の道標(道しるべ)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道の道標(道しるべ)がある場所は、大阪市内の旭区にある大阪市営地下鉄の谷町線の関目高殿駅前にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道の道標(道しるべ)には、「京橋口より(から)3.8キロメ−トル(km)」と書かれて(刻まれて)あるそうにゃんだワン。大阪市内の旭区には、京街道沿いに道標(道しるべ)が、沢山(たくさん)建ててあるので前の道標(道しるべ)からどれ位歩いたかを見て歩くのもとても楽しいものにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

杉山街道の起点(スタ−ト)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある杉山街道の起点(スタ−ト)がある場所は、大阪市内の旭区にある高殿7丁目にゃんだワン。杉山街道は大阪市内の旭区にある高殿7丁目を起点(スタ−ト)として、大阪城の玉造口の東側にあった地名の杉山に向かう道(街道)にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある古市橋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある古市橋がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路1丁目にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある古市橋は、大阪市内の旭区にある城北川に架かっている橋にゃんだワン。大阪市内の旭区にある古市橋が、架設されたのは昭和10年(1935)〜昭和15年(1940)にかけてで、大阪市内の旭区にある城北川(城北運河)は、工業用の船運(舟運)を目的として開削されたそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

京街道の碑(石碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道の碑(石碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路東公園の公園内にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道の碑(石碑)は、京橋口より(から)4.4kmの地点(場所)にゃんだワン。碑(石碑)がある大阪市内の旭区にある森小路東公園は、京阪電車(京阪電鉄)の旧(古い)軌道の跡地(址地)を利用した公園にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある古市小学校にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある古市小学校がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路2-10-35にゃんだワン。大阪市内の旭区にある古市小学校の前の道路の半分(東側)を、高瀬川という水路(川)が流れていたそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある古市小学校の辺りは、昭和30年(1955)頃迄井路川と呼ばれる水路(川)が沢山(たくさん)あったそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある朝日地蔵尊にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある朝日地蔵尊がある場所は、大阪市内の旭区にある千林2丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある朝日地蔵尊の周辺も水路(高瀬川)が流れていて、朝日地蔵尊がある場所が丁度(ちょうど)水路(高瀬川)の曲がり角で、朝日地蔵尊のお地蔵様の鼻に櫂(かい)を当てて船(舟)の方向(方角)を変えていたので、このように朝日地蔵尊のお地蔵様の鼻がこのように欠けてしまったという説と、誰かの悪戯(いたずら)で朝日地蔵尊のお地蔵様の鼻を、櫂(かい)で叩いたという色々にゃ説があるそうにゃんだワン。朝日地蔵尊は歯痛に御利益(ごりやく)があるそうで、お酒(アルコ−ル)が大好きにゃ朝日地蔵尊のお地蔵様にゃので願いが叶ったら、お礼に朝日地蔵尊のお地蔵様にお酒(アルコ−ル)をかけに来るそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

木犀の陣屋の跡地(址地)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある木犀の陣屋の跡(址)地がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある木犀の陣屋は、1650坪の陣屋で御成門もあったそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある蒲生や関目の辺り迄、金もくせいや銀もくせいの花の香り(匂い)(におい)が、漂って(ただよって)いたそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある木犀の陣屋の跡地(址地)は、5〜6年前に取り壊された為に今は見る事は出来にゃいみたいにゃんだワン。でも木犀の陣屋の跡地(址地)の石碑が、作られる(創られる)(造られる)みたいにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

近代工業の発祥の地(土地や場所)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある近代工業の発祥の地(土地や場所)がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある近代工業の発祥の地(土地や場所)は、明治30年(1897)に大阪市内の旭区で最初の近代工場として、織布工場が大阪市内の旭区で開業した場所にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある今市会館にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある今市会館がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある今市会館は、昭和24年(1949)に建てられたレトロにゃ洋風の建築物にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)の大きにゃ楠の木(楠)(樟)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)にある大楠がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)に入れにゃいので、外側から見る事しか出来にゃいのは残念にゃ事にゃのですが、楠の木(楠)(樟)の樹齢(年齢)が約800年といわれていて、天然記念物に指定されているのが、大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)の境内(敷地内)にある大きにゃ楠の木(楠)(樟)にゃんだワン。大阪城を築城する時に天守閣の棟が上がらにゃいので困っていた時に、豊臣秀吉の夢枕(夢の中)に大きにゃ白蛇が現れて「城北の大楠の主(主人)である」と告げたそうにゃんだワン。調べさせてみると見た事もにゃい大楠があると言う報告に、「さては神の祟り(たたり)だったか」と祈とうを行って“楠玉天王”を祭る「楠玉殿(くすだまでん)」を建てた事で、大阪城の天守閣の棟が無事に上がったと伝えられているそうにゃんだワン。ここで大阪市内の旭区にある賽龍寺(賽竜寺)(さいりゅうじ)宝龍寺(宝竜寺)(ほうりゅうじ)からのお願い/にゃんだワン。境内(敷地内)にある大きにゃ楠(樟)の木である大楠(おおくす)は天然記念物であり、お寺の御神木(ごしんぼく)ですのでむやみに近付いて、御覧(ご覧)(ごらん)(見学)(けんがく)ににゃったり御手(お手)(おて)手(て)を触らにゃい(さわらにゃい)触れにゃい(ふれにゃい)ように、御願い(お願い)(おねがい)しますにゃんだワン。それと喫煙(きつえん)(煙草)(タバコ)(たばこ)については堅く(かたく)お断り(御断り)(御断わり)(おことわり)しているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある昌常寺の前にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある昌常寺がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1丁目にゃんだワン。昌常寺の境内(敷地内)の左側の奥の辺りに、大阪市内の旭区にある淀川からの取水口があったそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある昌常寺の境内(敷地内)の左側の奥の辺りにあったここ(淀川からの取水口)から取った水は、4つの水路ににゃって田圃(田んぼ)(たんぼ)の水を確保していたという事にゃんだワン。

�はゴ−ル(終点)で大阪市内の旭区にある

京街道の碑(石碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道の碑(石碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある森小路1丁目と今市1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道は、京街道の起点の京橋口から5.4kmの地点にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道は、ここ(大阪市内の旭区にある今市1丁目)から、更に守口宿と(や)枚方宿へと続くそうにゃんだワン。



旭区内の再発見をする町歩きの(その6)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある街道を行く(その2)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から摂河の国境を

ぶらぶらと(歩き回る)(あるきまわる)(歩き廻る)

コ−スにゃんだワン。

−剣街道(中高野街道)野崎街道−にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から摂河の国境をぶらぶらするコ−スを歩く距離は、約3.5kmにゃんだワン。大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から摂河の国境をぶらぶらするコ−スは、大阪市内にある旭区の東側を南北に延びているコ−スにゃんだワン。

�はスタ−トで大阪市内の旭区にある(京阪電車)(おけいはん)(お京阪)(京阪電鉄)の森小路駅の東口の前にゃんだワン

�は大阪市内の旭区にある新森中央公園の公園内にある森小路遺跡の(碑)(石碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある森小路遺跡の(碑)(石碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある新森4丁目の新森中央公園の公園内にゃんだワン。大阪市内の旭区にある新森中央公園の公園内には、染井吉野や八重桜の木が点在していて、新森中央公園を中心とする周辺には森小路の遺跡が、眠っているそうにゃんだワン。古代の(浪漫)(ロマン)(ろまん)に思いを馳せにゃがらお花見をするのも良いかもしれにゃいみたいにゃんだワン。森小路の遺跡の(碑)(石碑)は新森中央公園の付近一帯は弥生時代の中期に栄えた集落があった(所)(ところ)(処)(場所)にゃんだワン。昭和6年((1931)に発見された弥生時代の中期から古墳時代迄の集落の(跡地)(址地)で、大阪市内の旭区にある新森中央公園を中心に東西に500m、南北に600mのとても広い集落にゃんだワン。集落の(跡地)(址地)から出て来た主にゃ出土品は弥生式土器と弥生式石器と弥生式木器と弥生式須恵器と弥生式土師器と弥生式製塩土器と弥生式の(玉)(珠)(たま)(弾)(球)類等があるそうにゃんだワン。(出土品の一部は、芸術創造館の中にある旭区民センタ−の郷土資料室で展示しているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

(ゆずりは)(譲り葉)の道にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある(ゆずりは)(譲り葉)の道がある場所は、大阪市内の旭区にある新森5丁目にゃんだワン。この(ゆずりは)(譲り葉)の道の辺は村の(跡)(あと)(址)が見つかった(所)(ところ)(処)にゃんだワン。かにゃり広い範囲で発掘調査が行われたそうにゃんだワン。また、以前は(たんぼ)(田圃)(田んぼ)がずっと並んでいた事から、(綺麗)(きれい)にゃ区画の住宅地ににゃっているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

剣街道(中高野街道)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある剣街道(中高野街道)がある場所は、大阪市内の旭区にある新森7丁目にゃんだワン。京都や大坂の人達が高野山の(参詣)(さんけい)(さんぱい)(参拝)に(良く)(よく)通っていたので、剣街道は(中高野街道)とも呼ばれていたそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の

(紀念碑)(きねんひ)(記念碑)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の(紀念碑)(きねんひ)(記念碑)がある場所は、大阪市内の旭区にある新森7丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区に住んでいた地元の方が立井路に沿って、新森7丁目から(京阪電車)(お京阪)(京阪電鉄)の千林駅の近く迄*あった自分の土地を提供して、道路を築造した事を(紀念)(きねん)(記念)するものにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の

(跡地)(あとち)(址地)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある立井路(たていじ)の(跡地)(あとち)(址地)がある場所は、大阪市内の旭区にある清水4丁目にゃんだワン。この辺りは一面(田圃)(たんぼ)(田んぼ)で東西に水路が流れていたそうにゃんだワン。その流れていた水路は立井路と言って、清水村にとって非常に大事にゃ農業用の水路にゃんだワン。そこ(立井路)(たていじ)の水路を(小船)(こぶね)(小舟)が農具や作物や肥料等を積んで家(自宅)と田畑の間を行ったり来たりしていたそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

八幡大神宮の御旅所にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある八幡大神宮の御旅所がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある八幡大神宮がある場所は、昔、般若寺村と呼ばれた一帯で、後醍醐天皇が14世紀の(初め)(はじめ)(始め)に建てた般若寺があった(所)(ところ)(処)ではにゃいかと言われているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある摂河の国境と

剣街道(中高野街道)と野崎街道の交差点にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある摂河の国境と剣街道(中高野街道)と野崎街道の交差点がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。この場所は昔、摂津(大阪府の北側)と河内(大阪府の南側)の国境で、剣街道(中高野街道)と野崎街道の2つの街道が合流する場所にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある願光寺にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある願光寺がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある願光寺は、室町時代に出来た由緒があるお寺(寺院)で真宗の大谷派にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある本瓦の長屋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある本瓦の長屋がある場所は、大阪市内の旭区にある清水5丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある本瓦の長屋は2F(2階)の屋根が丸瓦と平瓦が重にゃった「本瓦葺き」ににゃっているんだワン。古代の寺院の屋根は本瓦葺きで、今では大きにゃ寺院や旧家等でしか見る事が出来にゃいそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある八幡大神宮にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある八幡大神宮がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある八幡大神宮は、7世紀に藤原氏が春日大神を祀ったのが始まりと言われているそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある八幡大神宮の別名は不燃宮(焼けずの宮)(やけずのみや)と言われているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある清水北公園にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある清水北公園がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。清水北公園の辺りは、昭和46年(1971)に実施された町名の変更迄、上辻町と言われて(呼ばれて)おり、それ(町名の変更)を記した記念碑があるそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

御手洗(みたらしだんご)団子の亀屋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある御手洗(みたらしだんご)団子の亀屋がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある御手洗(みたらしだんご)団子の亀屋の御手洗団子が大阪市内にある「旭区の我が町のお宝」に認定されて選ばれているそうにゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

六軒長屋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある六軒長屋がある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある六軒長屋は、昭和初期に建てられた長屋にゃんだワン。

�は大阪市内の旭区にある

野崎ガ−ドにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある野崎ガ−ドがある場所は、大阪市内の旭区にある清水3丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある野崎ガ−ドは、野崎観音に通じる野崎街道を跨いで(またいで)交差しているので、野崎ガ−ドと言う名前が付いているそうにゃんだワン。

�はゴ−ル(終点)で

(京阪電車)(京阪電鉄)の京阪千林駅にゃんだワン。

旭区内の再発見をする町歩きの(その7)にゃんだワン。

● 猫君です。

 

猫君の町歩記(ブログ)の連載のスタ-トにゃんだワン。

旭区の町歩きのMAP(地図)にゃんだワン。

猫君の旭区にある名所と旧跡の案内にゃんだワン。

大阪市内にある旭区の町を歩いてみませんか?

大阪市内にある旭区ってこんにゃ町にゃんだワン。

大阪市内にある旭区には、大阪市内でもかにゃり有名にゃ千林商店街があるそうにゃんだワン。大阪市営のバスの路線の他にも、大阪市営地下鉄の谷町線や京阪電鉄(京阪電車)が、大阪市の都心(中ノ島)迄乗り入れて(直結して)いる事で、非常に交通の便が良くて大阪市内にある旭区で、生活(永住)をするにはとても静かで明るい雰囲気を持っていて凄く快適にゃ大阪市内にある旭区の住宅街(住宅区)にゃんだワン。大阪市内にある旭区を流れている淀川の河川敷に隣接している大阪市内にある旭区の城北公園は、昭和9年(1934)に開設(開園)されていて城北公園の園内にある城北菖蒲園は、本格的にゃ回遊式の菖蒲園で関西地方では草分け的(有名)にゃ城北菖蒲園として、多くの大阪市民や旭区民に親しまれているそうにゃんだワン。今後は、総合的(本格的)にゃ都市の生活環境の向上を中心に、旭区民の知恵と活力を生かした町造りを進めて健康で豊かにゃ心が触れ合ってとても住み良い旭区として一層の発展が期待されているそうにゃんだワン。

~「我が町旭区」~旭区のあらましにゃんだワン。~

大阪市内にある旭区は大阪市の東北部にあって(位置していて)、旭区の北側を淀川が流れていて西側はJR西日本の城東貨物線を境に、大阪市内にある都島区と(隣接)接していて、南側は国道163号線を境に大阪市内にある城東区と(隣接)接していて、東側は大阪府内にある守口市と(隣接)接しているそうにゃんだワン。現在の旭区の区域(地域)が大阪市に編入されたのは、東成郡と西成郡が併合をした大正14年(1925)の4月1日「エイプリルフ-ル(四月馬鹿)」で、その当時の旭区にあった清水村と古市村と城北村と城東村と榎本村と鯰江町と榎並町と生野村と鶴橋町と中本町と神路村と小路村等の4つの町と8つの村が、新しく新設された大阪市内にある東成区に編入(属)をしたそうにゃんだワン。昭和7年(1932)の10月1日に大阪市内にある東成区の北側の半分を分離(切り離し)して、独立区が新しく設けられて(造られて)大阪市内にある旭区が誕生した(生まれた)そうにゃんだワン。更に昭和17年(1942)の2月1日に豊里3番町と豊里町と橋寺町と南大道町と北大道町の全部(又は1部分)が、大阪市内にある旭区の区域(地域)に編入(属)をしたそうにゃんだワン。翌年の昭和18年(1943)の4月1日「エイプリルフ-ル(4月馬鹿)」に、大阪府内にある大阪市の全市(全区)で区の再編成が行われて、大阪市内にある旭区の南の半分が分区(別れて)して旭区の大部分が、大阪市内にある城東区へ編入(属)をして旭区の1部分が、大阪市内にある都島区に(へ)編入されて、現在の大阪市内にある旭区の区域(地域)ににゃったそうにゃんだワン。当区(旭区)の交通機関は大阪市営バスの路線と大阪市営の赤バスの路線と、京阪電鉄(京阪電車)と大阪市営地下鉄の谷町線と大阪市営地下鉄の今里筋線が、大阪市内にある旭区を通っていて国道1号線と国道163号線と、阪神高速道路と城北筋と城北公園通等の主要幹線道路が、大阪市内にある旭区内を縦横無尽に走っていて大阪市内へのアクセス(交通手段)が非常にとても便利にゃんだワン。更に南北の方向への鉄道網としては大阪外環状線の鉄道の整備(工事)が進められているそうにゃんだワン。又大阪市内でも有数の千林商店街を始めとして、数多くの商店街があって大阪市内にある旭区で生活をする上で、便利にゃ明るい雰囲気を持っている快適にゃ住宅地域(居住区地域)にゃんだワン。関西地方にある草分け的にゃ回遊式の『城北菖蒲園』がある大阪市内にある旭区内の城北公園は、春の4月は桜の種類の1つである染井吉野と八重桜が咲き誇り、初夏の6月は花菖蒲が大阪市内にある旭区の、城北公園の中にある城北菖蒲園で花菖蒲が咲き誇り、秋の10月は菊が咲き誇る等と四季折々の風情が楽しめるので、数多くの大阪市民や旭区民に親しまれているそうにゃんだワン。そしてこの大阪市内にある旭区の城北公園の北側に(位置している)ある淀川のワンドには、様々にゃ水生の生物が生息していて大阪市内でも、数が少にゃい自然が残っているそうにゃんだワン。更に淀川の河川敷にある公園は付近の散策とスポ-ツ(運動)の活動等をする為に、大阪市民や旭区民の憩いの場(場所)として広く利用されているそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある地域のコミュニティの関連施設も凄く充実していて、旭区内にある公園の景観との調和を図った地下式構造の大阪市内の旭区にある旭スポ-ツセンタ-は、地域のスポ-ツ(運動)の振興の拠点として多くの人達に利用されているそうにゃんだワン。又大阪市内の旭区にある在宅サ-ビスセンタ-は、地域の福祉の増進に向けた保健と福祉のサ-ビスや、保健と福祉等の情報の提供を行う拠点として大きにゃ役割を果たしているそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある芸術創造館と旭図書館と旭区の備蓄倉庫等を、併設した文化と創造の情報の発信の拠点でもある(旭区民センタ-)も、平成22年(2010)の1月で創立10周年を迎えて、益々(ますます)大阪市内にある旭区の地域のコミュニティの活動の拠点として広く大阪市民と旭区民の方々に利用されているそうにゃんだワン。そして平成14年(2002)の春(4月)にオ-プン(利用され始めた)をした大阪市内の旭区にある旭区の屋内プ-ルと、老人の介護等を行う介護保険の施設(老人ホ-ム)と、お年寄り(老人)の健やか(すこやか)センタ-北部館と、地域で生涯の学習をする拠点である大阪市内に旭区にある城北市民学習センタ-が、併設している複合施設も多くの大阪市民と旭区民の方々に利用されているそうにゃんだワン。今後も小さにゃ子供達からお年寄り達(老人)迄の、全ての旭区民の皆さん(皆様)にとって「心が触れ合ってお互いが尊重しあえるようにゃ明るくてとても住み良い」旭区を目指すそうにゃんだワン。

 旭区の花(区花)は花菖蒲にゃんだワン。

大阪市内にある旭区の花(区花)である花菖蒲は、アヤメ科でアヤメ属の一種で日本に自生している野花菖蒲を改良した植物にゃんだワン。葉っぱは細長くて剣状で初夏の頃(6月)に、大型の赤紫色と濃い紫色と淡い紫色と白色等の4色の美しい花を咲かせるそうにゃんだワン。5月の端午の節句(子供の日)にお風呂に入れる(浮かべる)菖蒲は、里芋科(さといもか)の植物で旭区の花(区花)であるアヤメ科でアヤメ属の花菖蒲とは、全く違う種類の植物にゃんだワン。

花菖蒲の名前の由来にゃんだワン。

葉っぱが菖蒲「里芋科」(さといもか)の葉っぱと良く似ていて、美しい花を咲かせるところから来たそうにゃんだワン。旭区の花で(区花)でもある花菖蒲の花言葉は優しい心にゃんだワン。

大阪市内にある旭区の面積は6.30平方km(キロメ-トル)で、世帯数(家族の数)は44.238世帯(家族)で、人口「住民(区民)」は93.053人にゃんだワン。「平成22年(2010)の2月1日現在の推計」にゃんだワン。それでは大阪市内の旭区にある町歩きのコ-スは、全部で11コ-スあって1番最初は大阪市内にある旭区を流れている淀川のワンドコ-スの紹介にゃんだワン。とその前に大阪市内にある旭区の花暦の紹介にゃんだワン。大阪市内にある旭区には花の名所が、沢山あるそうにゃんだワン。大阪市内にある旭区の花の名所は(桜の名所)が、城北公園と高殿5丁目の付近と新森中央公園と太子橋中公園と大宮神社と旭陽中学校等にゃんだワン。そして(菖蒲の名所)(菊の名所)は城北公園にゃんだワン。その他にも、太子橋中公園の銀杏(いちょう)並木や、城北公園の梅林も名所にゃんだワン。大阪市内にある旭区のマスコットキャラクタ-(マスコットキャラ)があるみたいにゃんだワン。旭区のマスコットキャラクタ-(マスコットキャラ)の決定は、7月ににゃるみたいにゃんだワン。「旭区のブランド」についてにゃんだワン。旭区民(住民)の皆様から「旭区のお宝」ににゃるようにゃ名物と名店と名工と名所とイベント等を、旭区民(住民)に推薦(立候補)して頂だいたそうにゃんだワン。旭区民(住民)の有志達によって「旭区の未来と我が町のビジョンの推進会議」と、「旭区の我が町のお宝発見隊」によって「旭区の我が町のお宝」を、決定すると共に旭区のブランドの審査会を経て(へて)、「旭区のブランド」を決定したそうにゃんだワン。「旭区のブランド」の認定の基準にゃんだワン。「旭区のブランド」の認定の基準は、客観的に評価が出来る物である事と、10年後にも対外的にアピ-ルが出来る物である事にゃんだワン。

「旭区の我が町のお宝」の認定の基準にゃんだワン。「旭区の我が町のお宝」の認定の基準は、自薦や他薦等は全く問わにゃいで、旭区民の皆さん(皆様)からエントリ-(出品)があった物にゃんだワン。ただし調査が出来無かった物や調査によってセ-ルスポイントが不足していると、判断した(された)物は除くみたいにゃんだワン。Brand 「旭区のブランド」の紹介にゃんだワン。「旭区のブランド」は、大阪市内にある旭区を流れている淀川の城北湾処(ワンド)と、大阪市内の旭区にある城北菖蒲園と、大阪市内の旭区にある城北公園と、大阪市内の旭区にある商店街群と、大阪市内の旭区にある株式会社の金紋ソ-ス本舗と、大阪市内の旭区にある千林の長屋と、大阪市内の旭区にある「御菓子司絹笠」商のとん蝶と言う御菓子と、大阪市内の旭区にある「双基(そうき)」と言うお店のお好み焼と、大阪市内の旭区にある「角屋」(かどや)と言うお店の、「アイス最中」と廻転焼きと、大阪市内にある旭区に住んでいる若手の女流吟士の仲宗根 香さんと、大阪市内にある旭区に住んでいる寄席(落語を演じる場所)の文学の書家の橘 右一郎さんと、大阪市内にある旭区に住んでいる大日本正義流の剣舞術の神義館の多田 正満さん達3人が大阪市内にある「旭区のブランド」にゃんだワン。これから大阪市内にある旭区の町歩きの11のコ-スの紹介にゃんだワン。大阪市内にある旭区の町歩きのその1は、淀川のワンドのコ-スにゃんだワン。

大阪市にある旭区内の再発見をする

町歩きの(その1)にゃんだワン。

大阪市内の旭区内にある

淀川のワンド(湾処)のコ-スにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある淀川のワンド(湾処)のコ-スを、歩く距離は約3.2kmで約50分にゃんだワン。大阪市内の旭区にある淀川のワンド(湾処)のコ-スを歩いた歩数は、約4,920歩で消費したカロリ-は148kcalにゃんだワン。大阪市内の旭区の北側にある淀川のワンド(湾処)のコ-スは、淀川の河川敷を歩くコ-スにゃんだワン。

①は大阪市内の旭区にある城北公園と城北菖蒲(しょうぶ)園で、2つ共大阪市内にある旭区のBrandにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある城北公園と城北菖蒲園がある場所は、大阪市内の旭区にある生江3丁目にゃんだワン。旧(古い)淀川が流れていた頃この辺りは港だったそうにゃんだワン。昭和9年(1934)に大阪市内の旭区に城北公園が開園したそうにゃんだワン。春の4月の頃に桜の染井吉野(そめいよしの)と八重桜(やえざくら)が咲き誇り、初夏の頃の6月は大阪市内の旭区にある城北菖蒲(しょうぶ)園で、約250品種で約13000株の花菖蒲が咲き誇っていて、秋の10月は菊の花と四季の花を楽しむ事が出来るそうにゃんだワン。

②は大阪市内の旭区にある菅原城北大橋にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある菅原城北大橋がある場所は、大阪市内の旭区にある城北公園と城北菖蒲(しょうぶ)園の間(中央と言うか真ん中)にあるそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある城北菅原大橋は、淀川の河川敷にあるワンドや生えて生い茂っているヨシ原等が、周囲の景観(景色)とマッチする(合う)ように、河川のほぼ中央(中心と言うか真ん中)に2本の塔を有する斜張橋にゃんだワン。この斜張橋(菅原城北大橋)は全長(橋の長さ)が約1.4kmで、幅が21.5mで大阪市内の旭区にある中宮と、大阪市内の東淀川区にある豊里とを結んでいて、大阪市内では初めて(初)の有料道路橋で、平成元年(1989)に完成(開通)した橋にゃんだワン。ちにゃみに菅原城北大橋の普通の自動車(乗用車)の通行料は、100円の為に100円橋と呼ばれているそうにゃんだワン。

③は大阪市内の旭区にある千人塚にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある千人塚がある場所は、大阪市内の旭区にある生江3丁目で、旭区内を走っている大阪市営バスの「城北公園前」で(下車)降りて、城北公園の北側にある淀川の堤防の遊歩道の脇にある平和地蔵尊の横(脇)にあるそうにゃんだワン。昭和19年(1944)から昭和20年(1945)の終戦迄の間に、米軍(アメリカ軍)のB-29と言う大型の爆撃機の空襲で、痛ましい(痛々しい)数の死者を出したそうにゃんだワン。この千人塚は昭和20年(1945)の6月7日に、旭区と大淀区と東淀川区と都島区の4つの区で受けた大阪大空襲で、城北公園の辺りが被災した時に出た死者で、身元が不明のまま荼毘に付された千数百人の人々の遺体の冥福を祈って、ほぼこの辺りに集めて3日3晩火葬をした場所であるそうにゃんだワン。その跡地に地元(旭区?)の篤志(とうし)家が庭石に「千人塚」と刻んで(彫って)この千人塚の石碑を安置して置いたそうにゃんだワン。

④は大阪市内の旭区にある淀川の城北ワンド(湾処)も

旭区のBrandにゃんだワン。

大阪市内にある旭区を流れている淀川の城北ワンド(湾処)がある場所は、大阪市内にある旭区の淀川の左側の河川敷で、大阪市内にある旭区の菅原城北大橋の周辺にゃんだワン。明治時代に船等が安全に往来(行き来)出来るように作られたそうにゃんだワン。水の流れを制御するようにゃ構造物に淀川の土砂が堆積して、小さにゃ池が連にゃるようにゃ淀川特有の地形が出来て、国(日本)の天然記念物に大阪市から指定されているイタセンパラが、淀川の河川敷で発見されているそうにゃんだワン。

⑤は大阪市内の旭区にある大阪工業大学校のメモリアルゲ-ト(正門)と常翔学園の高等学校にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある大阪工業大学校のメモリアルゲ-ト(正門)と常翔学園の高等学校がある場所は、大阪市内の旭区にある大宮5-16-1にゃんだワン。大阪市にある中央公会堂をモチ-フ(真似)にした赤い煉瓦で造られた正門(メモリアルゲ-ト)は、大阪市内にある旭区のお宝に認定されたランドマ-ク(シンボル)にゃんだワン。常翔学園の高等学校のラグビ-部は、日本全国高校(高等学校)のラグビ-大会に毎年?出場している(出ている)常連高校(常連校)で、大阪市内の旭区にある各商店街に掲げられる応援の横断幕が、師走(12月の年末)の風物詩ににゃっているそうにゃんだワン。

⑥は大阪市内の旭区にある豊里大橋と平田(平太)の渡しの跡地にある石碑にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある豊里大橋と平田((平太)の渡しの跡地にある石碑がある場所は、大阪市内にある旭区を走っている大阪市営地下鉄の谷町線の「太子橋今市」の駅を(下車)降りて、北へ500m位歩いて行くと豊里大橋があって、その豊里大橋の入り口の傍(そば)に平田(平太)の石碑があるそうにゃんだワン。この大阪市内の旭区にある平田(平太)の渡しは、大阪市内にある旭区を流れている淀川の最後の渡しにゃんだワン。大阪市内の旭区にある豊里大橋は、大阪市内に6つもある斜張橋の1つで、昭和45年(1970)に大阪市内の旭区にあるこの豊里大橋が開通(完成)する迄は、平田(平太)の渡し舟(渡し船)が運行(営業)していたそうにゃんだワン。延宝4年(1676)に頃に「営業(運行)を始めて」起こり、明治40年(1907)に大阪市営ににゃりその当時の渡し賃「運賃(交通費)」は大人「成人(20歳以上)」が1人2銭で、子供と幼児「未成年(20歳以下)」が1人1銭で、大正14年(1925)に平田(平太)の「渡し(渡し舟とか渡し船)は道路の1つ」と言う事で、無料(ただ)ににゃったそうにゃんだワン。戦後の昭和23年(1948)からは大阪市の直営(大阪市営)ににゃり大阪市の土木局の橋梁課員と言う肩書きを持っている公務員(職員)が、平田(平太)の渡し(渡し船とか渡し舟)の船頭さんを務めたそうにゃんだワン。やがて発動機制(電動とかモ-タ-)ににゃったが、昭和45年(1970)にこの場所(大阪市内の旭区にある太子橋今市)に、豊里大橋が完成(開通)して平田(平太)の(渡し船とか渡し舟)は、営業(運行)を始めてから294年の歴史の幕を閉じたそうにゃんだワン。

⑦は大阪市内の旭区にある太子橋中公園にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある太子橋中公園がある場所は、大阪市内の旭区にある太子橋2-7にゃんだワン。大阪市内でも有数の桜の古木である染井吉野(そめいよしの)が太子橋中公園の園内にあるそうにゃんだワン。大阪市内にあるメインストリ-トである御堂筋の両側に植樹(植える)をする為の銀杏(いちょう)が、ここ(太子橋中公園)で養生(育てられて)されていて残った木々が、銀杏並木(いちょうなみき)ににゃっていて、秋の10月に銀杏並木(いちょうなみき)の黄色い絨毯(じゅうたん)が太子橋中公園の園内で楽しめるそうにゃんだワン。

⑧は大阪市内の旭区にある賽龍寺(さいりゅうじ)の境内

(敷地内)にある大楠にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある賽龍寺(さいりゅうじ)の、境内(敷地内)にある大楠がある場所は、大阪市内の旭区にある今市1--5にゃんだワン。賽龍寺(さいりゅうじ)の境内(敷地内)にある大楠は、樹齢(年齢)が約800年と言われていて旭区の天然記念物に、大阪市から指定されているそうにゃんだワン。豊臣秀吉が大阪城の天守閣が無事に棟上げをする事を祈願して、賽龍寺の境内(敷地内)にあるこの大楠の主(ご主人様)である白蛇を祀ったと伝えられているそうにゃんだワン。ただし※賽龍寺(さいりゅうじ)の境内(敷地内)への立ち入りはご遠慮下さいと言う事にゃんだワン。

旭区内の再発見をする町歩きの(その2)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある

花菖蒲(しょうぶ)街道コ-スにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある花菖蒲(しょうぶ)街道コ-スを、歩く距離は約2.4kmで約37分にゃんだワン。大阪市内の旭区にある花菖蒲(しょうぶ)街道コ-スを歩いた歩数は、約3.690歩で消費したカロリ-は111kcalにゃんだワン。花菖蒲(しょうぶ)街道コ-スは旭区のほぼ真ん中(中央とか中心)の部分にあるコ-スで東西に伸びているコ-スにゃんだワン。

⑨は大阪市内の旭区にある常宣寺にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある常宣寺がある場所は、大阪市内の旭区にある生江3-27-18にゃんだワン。常宣寺は応永(おうえい)4年(1397)に、開基(かいき)創立(そうりつ)した浄土真宗で本願寺派のお寺(寺院)にゃんだワン。常宣寺の境内(敷地内)にある太鼓楼が、参詣や参拝に訪れた人達や方達の、目(眼)を引く(引き付ける)そうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある常宣寺には、蓮如上人の直筆の掛け軸が4幅(4本)所属(所蔵)されているそうにゃんだワン。

⑩は大阪市内の旭区にある重誓寺にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある重誓寺がある場所は、大阪市内の旭区にある中宮2--19にゃんだワン。この重誓寺も常宣寺と一緒(同じ)で、浄土真宗で本願寺派のお寺(寺院)にゃんだワン。治承4年(じしょうとかじじょう)(1180)に高倉上皇が厳島行幸の折(際とか時)に、臨時の御所の設営の地(場所)に白連院が建てられた(建立された)そうにゃんだワン。当院(重誓寺)の11代目の折(際とか時)に實如上人より(から)「重誓寺」の寺号(寺院名)を賜った(送られたとか貰った)そうにゃんだワン。重誓寺に(保管とか所属とか所蔵)してある「重誓寺の真宗の関連資料」は、大阪市が指定をした大阪市の指定文化財にゃんだワン。

⑪は大阪市内の旭区にある大宮神社にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある大宮神社がある場所は、大阪市内の旭区にある大宮3--37にゃんだワン。源義経が平氏の追討(仇討ち)の折(際とか時)に、この地(大宮)に霊光ありとの言い伝えから、文治(ぶんじとかもんじ)元年(1185)に建立(建てられた)神社にゃんだワン。豊臣秀吉が大阪城の築城の時に、大阪市内の旭区にある大宮神社を鬼門の守護神と、崇めて(称えて)大阪市内の旭区にある大宮神社の境内(敷地内)に神殿が造営されたそうにゃんだワン。そして大阪市内の旭区にある大宮神社の境内(敷地内)に疣(いぼ)痔の治癒(ちゆ)の祈願の大木があるそうにゃんだワン。

⑫は大阪市内の旭区にある

千林の商店街も旭区のBrandにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある千林の商店街がある場所は、大阪市内の旭区にある千林2丁目にゃんだワン。旭区内には数多くの商店街があるそうにゃんだワン。中でも大阪市内の旭区にある千林の商店街は、ダイエ-の発祥の地(場所)として凄く(すごく)有名にゃんだワン。大阪市内の旭区にある千林の商店街から各商店街が網の目状に連にゃっていて、その総延長は大阪市内でも(ダントツ)のトップ(第1位)であるそうにゃんだワン。

旭区内の再発見をする町歩きの(その3)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある城北川の

遊歩道のコ-スにゃんだワン。

大阪市内の旭区にある城北川の遊歩道のコ-スを、歩く距離は約2.7kmで約40分にゃんだワン。大阪市内の旭区にある城北川の遊歩道のコ-スを、歩いた歩数は約4160歩で消費したカロリ-は125kcalにゃんだワン。城北川の遊歩道のコ-スは、大阪市内の旭区にある城北川沿いにゃんだワン。

⑬は大阪市内の旭区にある

城北川の遊歩道にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある城北川の遊歩道がある場所は、大阪市内の旭区にある中宮1-11-14の辺りにゃんだワン。大阪市内の旭区にある城北川は昭和15年(1940)に完成したそうにゃんだワン。大阪府の寝屋川市にある寝屋川の右岸から、大阪市内の都島区内にある友渕の旧(古い)淀川(大川)の左岸迄を結んでいる城北川は、全長が5.6kmで川の幅が40mで平均の水深が3.5mにゃんだワン。城北川沿いにある城北川の遊歩道には、並木道が続いていてランニング(ジョギングやマラソン)のコ-スが6つ整備されていて、大阪市内の旭区にある城北川の両岸は水辺が親しめる(楽しめる)憩い(休憩)の場(場所)として遊歩道の整備が進められているそうにゃんだワン。

⑭は大阪市内の旭区にある芸術創造館と

旭区民センタ-にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある芸術創造館がある場所は、大阪市内の旭区にある中宮1-11-14にゃんだワン。大阪市内の旭区にある芸術創造館は、演劇(お芝居やミュ-ジカル)や音楽(コンサ-トやライブ)等の様々にゃ表現の活動が、可能にゃ施設が安価(安い)にゃ料金で誰でも自由に利用出来るそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある芸術創造館の中にある郷土資料室には、大阪市内の旭区にある森小路の遺跡から出て来た出土品の1部が、毎日(1年365日)大阪市内の旭区にある芸術創造館の中にある郷土資料室で展示をしているそうにゃんだワン。

付録・附録(ふろくとかおまけ)は大阪市内の

旭区にある京街道にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある京街道がある場所は、大阪市内の旭区にある旭区内の街道のほぼ全域にゃんだワン。大阪市内の旭区にある京街道は、大阪城の京橋口を起点(スタ-ト)にして、大阪から守口と枚方と橋本と京都府にある伏見区を経て(通って)京(京都府)に通じる主要にゃ幹線道路にゃんだワン。豊臣秀吉が大阪城を築城する時に、大阪城の上から敵兵(敵の兵士)の数や内容(敵の作戦)を知る為に、道路の幅(道路幅・道幅)を狭めて(狭くして)曲がりくねらせて造らせたと言われる「七曲がり」があって今もその名残があるそうにゃんだワン。

旭区の再発見をする町歩きの(その4)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある

防災の設備を見学するコ-スにゃんだワン。

防災の設備を見学するコ-スを、歩く距離は約2.0kmにゃんだワン。防災の設備を見学するコ-スは旭区の真ん中(中央とか中心)の部分にあるコ-スで、南北に伸びているコ-スにゃんだワン。

①はスタ-ト(起点)で大阪市内の旭区にある

旭区民センタ-の前にゃんだワン。

②は大阪市内の旭区にある旭区民センタ-の地下1階にある旭区の備蓄倉庫にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある旭区民センタ-がある場所は、大阪市内の旭区にある中宮1-11-14にゃんだワン。大阪市では震災の直後に直ぐに必要ににゃる飲料水(飲み水)や食料(食べ物)や生活をする上で、生活に必要にゃ関連する物資を大阪市の市内の各所に備蓄してあるそうにゃんだワン。中枢の備蓄の拠点は(阿倍野フォルサ)で、その地区(地域)毎(ごと)の備蓄の拠点は、大阪市内に5箇所あるそうにゃんだワン。その地区(地域)の備蓄の拠点の中の1つが旭区にある備蓄倉庫にゃんだワン。その他にも、各区(その区毎(ごと)の備蓄の拠点や、地域毎(ごと)の備蓄の拠点があるそうにゃんだワン。

③は大阪市内の旭区にある旭消防署にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある旭消防署がある場所は、大阪市内の旭区にある大宮1--11にゃんだワン。普段は見られにゃい(見る)事が出来にゃい消防署の施設の見学や、AEDの説明や水が出る消火器等での消化の訓練等が体験出来るそうにゃんだワン。でも場合によっては体験をする体験の内容が変更をする(変更される)場合もあるそうにゃんだワン。

④は大阪市内の旭区にある江野川抽水所にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある江野川抽水所がある場所は、大阪市の旭区にある中宮1丁目にゃんだワン。大阪市内の旭区にある江野川抽水所は、大阪市にある東部方面を管理している管理事務所が、所管(管轄)(かんかつ)しているそうにゃんだワン。抽水所と言うのは大雨が降った時に雨水を、速やかに排水して雨水の浸水を防ぐ役割を担っているそうにゃんだワン。

⑤は大阪市内の旭区にある生江小学校にある

(収容が出来る?避難所)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある生江小学校がある場所は、大阪市内の旭区にある生江1-10-21にゃんだワン。小学校と中学校と高等学校と大学校等区内(旭区内)には、22箇所の収容避難所があるそうにゃんだワン。ここ(収容避難所)には生活をする上で、生活に必要にゃ生活に関連した物資(水の缶詰と毛布と日用品のセットと防水シ-ト)等の救助用の資材や器材等が備蓄してあるそうにゃんだワン。

⑥は大阪市内の旭区にある生江東公園は

(一時的にゃ避難所)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある生江東公園がある場所は、大阪市内の旭区にある生江2丁目にゃんだワン。旭区内にある殆んど(ほとんど)の公園が、一時避難所ににゃっているそうにゃんだワン。中でもこの公園(生江東公園)には、「救助用の資材や器材の保管庫との兼用で可搬式のポンプがある倉庫(格納庫とか収納庫)」であり、大阪市内の旭区にある生江東公園の地下には防火用の水槽が設置されているそうにゃんだワン。

⑦は大阪市内の旭区にある城北公園は

(広域的にゃ避難の場所?)にゃんだワン。

大阪市内の旭区にある城北公園がある場所は、大阪市内の旭区にある生江3-29-1?にゃんだワン。昭和7年(1932)に大阪市の都市の計画で造営(造園)されて、2年後の昭和9年(1934)に大阪市内の旭区にある城北公園が完成して開園したそうにゃんだワン。現在では春の4月は桜の花が咲き乱れるように咲き誇って、初夏の6月は城北公園の園内にある城北菖蒲園で色々にゃ色の菖蒲が見頃を迎えていて、秋の9月は菊花展と四季折々の草花が楽しめるそうにゃんだワン。昭和9年(1934)に大阪市内の旭区にある城北公園が開園した当時は、大阪市内の北区にある中之島公園と大阪市内の天王寺区にある天王寺公園と大阪市内の中央区にある大阪城公園に次ぐ(つぐ)大公園だったそうにゃんだワン。

⑦の(その1)は大阪市内の旭区にある城北公園の中にある飲料水用で耐震性の貯水槽にゃんだワン。

平成7年(1995)に大阪市内の旭区にある城北公園の地下に、大阪市内で初めてににゃる400m³の貯水槽が、設置されたそうにゃんだワン。(現在は大阪市内の9箇所に、400m³の貯水槽があるそうにゃんだワン。)大阪市内の旭区にある城北公園の地下に直径が3mで、長さが57mの水道管がU字型に埋設されているそうにゃんだワン。災害の直後の3日間に1人で1日3ℓ(リットル)を使用する(使う)として、約4万人分の飲料水等の必要にゃ最低限の水(飲料水)を確保してあるそうにゃんだワン。

⑦の(その2)は大阪市内の旭区にある城北公園の中にある防災用(災害時用)のトイレにゃんだワン。

災害時に仮設用のトイレを直ぐに設置が出来るように下水道と直結されたマンホ-ルと仮設用のトイレににゃる蓋が2~3mの間隔で(2~3m置き)に設置されてあるそうにゃんだワン。災害時に大阪市の指示(命令)で仮設用のトイレの委託の業者が、仮設用のトイレににゃる蓋の掘り出しや設置を行うそうにゃんだワン。大阪市内の旭区にある城北公園には50個の防災用(災害時用)の仮設のトイレが設置出来て、旭区内にはその他にも旭公園に(54個)と太子橋中公園に(42個)や、各地域に(12個)の防災用(災害時用)の仮設のトイレを直ぐに設置が出来る設備があるそうにゃんだワン。

⑦の(その3)は大阪市内の旭区にある城北公園の中にある同報無線の専用のスピ-カ-にゃんだワン。

災害時には大阪市内の旭区にある行政からの、避難の指示や勧告(避難勧告)等の情報が流されていて、毎年9月1日に試験的に試験放送が流されるそうにゃんだワン。

⑧はゴ-ル(終点)で大阪市内の旭区を走っている大阪市営バスの城北公園の前にある停留所にゃんだワン。

番外編としてのおまけである「付録とか附録」(ふろく)は大阪市内の旭区にある菅原城北大橋と淀川の湾処(ワンド)の2つにゃんだワン。

大阪市内の旭区を流れている淀川は、古くから舟(船)の交通の要衝(要所)として栄えていて、江戸時代に大阪市内の旭区を流れている淀川を、三十石船が京都府の伏見区と大阪を繋いで(つにゃいで)盛んに人や物資を運んでいたそうにゃんだワン。湾処(ワンド)とは淀川の本流と繋がっているか、淀川が増水すれば連にゃってしまうようにゃ場所の事を言って、淀川らしさの象徴ににゃっているそうにゃんだワン。

※施設の内部の見学は「大阪市内の旭区を再発見する為の町歩きの事業」の為に、特別にゃ許可を頂いているそうにゃので、普段(何時いつも)は公開をしていにゃいそうにゃんだワン。

 

● 猫君の町歩記にゃんだワン。


カマメブログの「猫君の町歩記」の

連載のスタ−トにゃんだワン。

旭区の町の中を歩いて散歩するそうにゃんだワン。

旭区の再発見をする町歩きの(その1)にゃんだワン。

淀川のワンドコ−スの紹介にゃんだワン。

淀川のワンドのコ−スにゃんだワン。

この淀川のワンドコ−スを歩く距離は約3.2kmで約50分位にゃんだワン。

淀川のワンドコ−スを歩いた歩数は約4,920歩で消費したカロリ−は148kcalにゃんだワン

�は旭区にある城北公園と城北菖蒲園にゃんだワン。

この城北公園と城北菖蒲園がある場所は、大阪市内にある旭区の生江3丁目にゃんだワン。菅原城北大橋を間に挟んで西側にあるのが城北公園で、東側にあるのが城北菖蒲園にゃんだワン。旧淀川が流れていた頃のこの辺りの生江3丁目一帯は全部港にゃんだワン。大阪市内の旭区にある、城北公園と城北菖蒲園は昭和9年(1934)の開園にゃんだワン。大阪市内の旭区にある城北公園で春に染井吉野と言う桜と八重桜が楽しめて、6月頃は大阪市内にある旭区の城北菖蒲園では、約250品種で約13000株の花菖蒲が楽しめて、秋は菊と四季の花を楽しむ事が出来るんだワン。

は旭区にある菅原城北大橋にゃんだワン。

この菅原城北大橋がある場所は、大阪市内の旭区にある城北公園と城北菖蒲園に挟まれているんだワン。ワンドやヨシ原等がある周囲の景観にマッチするように、河川の中央に2本の鉄塔がある斜張橋にゃんだワン。この菅原城北大橋は全長が約1.4kmで幅が21.5mもある平成元年(1989)の6月に完成した、大阪市では初めての有料道路橋にゃんだワン。

�旭区にある千人塚にゃんだワン。

この千人塚がある場所は、大阪市内にある旭区の生江3丁目で、旭区内を走っている大阪市営バスの「城北公園前」で降りて、5分位北へ歩いて行くと城北公園の北側にある淀川の、堤防の歩道の脇にある平和地蔵尊の横にゃんだワン。この千人塚は昭和19年(1944)から昭和20年(1945)の終戦迄の間に、米軍(アメリカ軍)のB-29爆撃機による大阪大空襲で、痛ましい数の死者を出したんだワン。この千人塚は昭和20年の6月7日に大阪市内にある旭区と大淀区と東淀川区と都島区の大阪市内で起きた大阪大空襲で、被災して出た死者の中の身元不明のまま荼毘に付された千数百人の遺体の冥福を祈って、旭区にある千人塚と城北周辺の一帯に遺体を全部集めて、3日3晩毎日火葬した場所でその跡地としてこの石碑を、旭区内の地域住民の庭篤家が庭石に「千人塚」という文字を彫って、淀川の河川敷にある平和地蔵尊の横にこの千人塚の石碑を置いたみたいにゃんだワン。

�は旭区にある淀川の城北ワンドにゃんだワン。

この淀川の城北ワンドがある場所は、淀川の左側の河川敷で旭区内にある菅原城北大橋の周辺にゃんだワン。明治時代に造られた船が安全に淀川を自由に、往来(行き来)出来る様に作られたそうにゃんだワン。淀川の水の流れを制御する構造物に淀川の土砂が堆積して、小さにゃ池が幾つも連にゃると言う淀川の特有の地形が出来たみたいにゃんだワン。日本(国)の天然記念物に、指定されていると言うイタセンパラが、淀川の河川敷で発見されているそうにゃんだワン。

�は大阪工業大学校のメモリアルゲ−トにゃんだワン。

この大阪工業大学のメモリアルゲ−トがある場所は、大阪市内にある旭区の大宮5-16-1で淀川の近くにゃんだワン。大阪市の中央公会堂をモチ−フ(モデル)にした赤煉瓦で造った大阪工業大学の正門は、大阪市内にある旭区のお宝に認定された旭区のランドマ−ク的にゃシンボルにゃんだワン。

常翔学園高等学校のメモリアルゲ−トにゃんだワン。

この常翔学園高等学校がある場所は、大阪市内の旭区にある大阪工業大学の直ぐ隣にゃんだワン。常翔学園高等学校のラグビ−部は、日本全国ラグビ−大会の常連高校で、旭区の商店街に掲げられている応援の横断幕が、商店街の師走(12月末頃)の風物詩ににゃっているんだワン。

�は旭区にある豊里大橋にゃんだワン。

この豊里大橋がある場所は、大阪市営地下鉄の谷町線の「太子橋今市駅」で降りて、地上へ出てから北へ500m位歩いて行くと、見えて来る淀川に架かっている橋にゃんだワン。この豊里大橋は大阪市内に6つある斜張橋の1つにゃんだワン。

平太(平田)の渡しの跡地の石碑にゃんだワン。

この平太(平田)の渡しの石碑がある場所は、大阪市内の旭区にある豊里大橋の直ぐ脇にゃんだワン。この平太(平田)の渡しは淀川で最後の渡しにゃんだワン。平太(平田)の渡しが始まったのは、延宝4年(1676)頃に平田村に住んで居たという平太という人が渡し船の運航を大阪市内の旭区内の淀川で始めたんだワン。明治40年(1907)に大阪市営ににゃって、明治40年(1907)当時の大人の渡し賃が1人2銭で、子供の渡し賃が1人1銭にゃんだワン。それが大正14年(1925)に「渡しは道路の1つ」と言う事で、無料(ただ)ににゃったんだワン。終戦後の昭和23年(1948)から、大阪市にある土木局の橋梁課員(職員)という、肩書きを持つ公務員が務めていたんだワン。やがて発動機制ににゃったが、昭和45年(1970)に豊里大橋が完成して、平太(平田)の渡し船は運航を始めた延宝4年(1676)から昭和45年(1970)迄の294年間の歴史の幕を閉じたそうにゃんだワン。

�は旭区にある太子橋中公園にゃんだワン。

この太子橋中公園がある場所は、大阪市内にある旭区の太子橋2-7で、淀川が近くを流れているそうにゃんだワン。太子橋中公園には大阪市内でも、有数の桜の古木である染井吉野が植えてあるそうにゃんだワン。大阪のメインストリ−トである御堂筋の両側に、植樹をする予定である銀杏並木がここ(太子橋中公園)で、大切に養生(植樹))されて残った銀杏並木ににゃっていて、秋にはこの銀杏並木が黄色い絨毯を見せて楽しませてくれるそうにゃんだワン。

「賽龍寺の敷地内(境内)」にある大楠にゃんだワン

この大楠が敷地内(境内)に植えてある賽龍寺がある場所は、大阪市内にある旭区の今市1--5だワン。この賽龍寺の敷地内(境内)に植えてある大楠の樹齢は、約800年程前と言われていて日本の天然記念物に指定されているそうにゃんだワン。賽龍寺の敷地内(境内)に植えてある大楠は、豊臣秀吉が大阪城の天守閣が無事に棟上げ出来るように祈願して、この大楠の主である白蛇を祀ったと言われているそうにゃんだワン。※「賽龍寺の敷地内(境内)」への立ち入りはご遠慮下さい。

旭区の町をぶらぶらと歩いてみませんか

大阪市内にある旭区はこんにゃ町にゃんだワン。

旭区の町歩きのコ−スは元々9コ−スだったが、更に町歩きのコ−スが5つ増えて今現在は、全部で11コ−スあるそうにゃんだワン。その増えた旭区の町歩きのコ−スは、もう少し後での紹介にゃんだワン。

大阪市にある旭区内には、大阪市内でも有名にゃ千林商店街があるのは千林の駅前にゃんだワン。それともう1つは大阪市営の路線に加えて、大阪市営地下鉄の谷町線と京阪電鉄(京阪電車)が、都心である(中ノ島の周辺)に迄直結している事もあり、何処へ行くにも交通が便利で生活を(永住)するのには、とても静かで明るい雰囲気を持っている快適にゃ住宅区(地)です。旭区内を流れている淀川の河川敷と、隣接している旭区にある城北公園は昭和9年(1934)の開園にゃんだワン。城北公園の直ぐ近くにある城北菖蒲園は、本格的にゃ回遊式の菖蒲園で、関西地方では草分け的にゃ菖蒲園として、多くの大阪市民の人達に親しまれています。今後は総合的にゃ大都市での生活環境の向上を中心に、旭区民の知恵と活力を生かした町造りを進めて、健康で豊かにゃ心の触れ合うとても住み良い大阪市内にある旭区としてより一層の発展が期待されています。

● 1・15日曜日だワン。

朝10時に来たワン。来て直ぐに寺川君は玉出へ行って色々と買って来たワン。岡本さんは朝10時半にチャリンコ(自転車)で何処かへ行ったワン。賄いは鍋だワン。朝11時半にチャイを飲みに2人のお客さんが来たワン。裕子さんは1時間位で帰るらしいワン。ブログも最終回だワン。又何処かで会える日を楽しみにしているワン。ではまた逢う日まで元気でねだワン。

● 1・14土曜日だワン。

朝10時半に来たワン。裕子さんは完全に休みで午後から寺川君が休みだワン。昼2時に野菜を売りに来たワン。賄いはカレ−ライスだワン。昼12時にかばさんが来たワン。夜7時にカマメで監視カメラというおしゃべりをする会があるワン。夜7時に子供の里で芝居があるワン。昼3時にかばさんは野菜を買って直ぐ帰ったワン。夕方4時に監視カメラというおしゃべりをする会の会場作りに假奈代さん1人でカマメへ行ったワン。夕方4時にしょうゆさんが町歩きの途中で立ち寄ったワン。夕方5時にキリンビ−ルを飲みに2人のお客さんが来たワン。寺川君はカマメの2Fにカ−テンを付け始めたワン。どっかから炬燵のセットを貰ったワン。ポカポカと足元が暖かそうだワン。

● 1・13金曜日だワン。

朝9時にろぎへ行ったワン。行ったら佐治さんがト−ストを食べていたワン。朝10時に来たワン。朝10時半に桜川にある原発の国民投票事務所へ旗と最後の署名簿を持って行ったワン。もう桜川へは行く事は無いと思うワン。賄いはカレ−ライスだワン。昼12時半にアイスコ−ヒ−とホットコ−ヒ−を飲みにお客さんが2人来たワン。昼2時に男性をろぎに連れて行ったワン。裕子さんは休みだワン。陸奥さんと寺川君はカマメの3Fを掃除しに行ったワン。夕方4時にありむらさんが焼酎を飲みに来たワン。ありむらさんの姿をデジカメで1枚写したワン。嬉しいワン。ありむらさんが夕方5時に夕食としてカレ−ライスを頼んだワン。と同時にビ−ルを飲み出したワン。

● 1・12木曜日だワン。

朝10時に来たワン。昼12時に玉出へ食料を買いに行ったワン。昼12時にカレ−ライスを食べに2人のお客さんが来たワン。賄いはクワイ料理だワン。昼1時にアイスコ−ヒ−を飲みにお客さんが来たワン。昼2時にホットコ−ヒ−を飲みに外国人のお客さんが来たワン。假奈代さんは日帰りで横浜へ行ったワン。裕子さんは具合が悪くてお休みだワン。今日も早め(夕方6時)に閉めるワン。昼3時頃1時間程外国人と2人で町歩きに出掛けたワン。夜10時からカマメでアツカンがあるワン。今日、初めてクワイを料理すると言う寺川君のクワイ料理デビュ-の日だワン。夕方4時にカマメの3Fへ掃除をしに行ったワン。掃除は嫌いだワン。後で見に行くワン。夕方5時にアサヒビ-ルを飲みにお客さんが来たワン。カマメの3Fが少しづつ綺麗にニャっていくワン。

● 1・11水曜日だワン。

朝9時にろぎへ行って朝10時にオ−ブンを店(ココル−ム)に持って来たワン。昼1時過ぎにかばさんが来るワン。1・11で犬の日(ワン・ワン・ワン)だワン。賄いは焼き魚(ほっけ)とかばさんが持って来た鯖寿司だワン。昼12時にホットコ−ヒ−を飲みにお客さんが来たワン。昼12時半に佐治さんが来たワン。かばさんは昼3時半に市民館へ卓球をしに行ったワン。昼3時にコラ−ジュをやるワン。早め(夕方5時)に閉めるらしいワン。昼3時半にホットコ−ヒ−を飲みにお客さんが2人来たワン。夕方5時にかばさんと猫君で難波屋で新年会をするワン。楽しみだワン。

● 1・10火曜日だワン。

朝10時に来たワン。ろぎでやる事があるらしいワン。昨日集まった署名の数は52190人分だワン。凄〜いワン。集まるもんだワン。賄いは焼き鯖だワン。食べ始めたら佐治さんが来て一緒に賄いを食べたワン。少ししてかばさんが来ておしゃべりをして帰ったワン。昼2時に郵便局へ行ったワン。夕方4時からてれれがあるワン。毎週火曜日は工作の日だワン。昨日は祝日で日本各地で成人式があったワン。カマメの3Fを改装している最中だワン。細かい塵と埃が凄いワン。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
このページのトップへ