イベント情報

日記

作品&プロジェクト

イベント情報 - カマメ・ココルームの記事

● 釜ヶ崎まちあるき

日時:11月15日(土) 14:00
参加費:1,000円/1時間半(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)

場所:ココルーム集合

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードのある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。

● かばさんの焼き芋やきやき

日時:11月14日(月) 10:00
参加費:カンパ制
場所:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7  支援ハウス路木1階

ココルーム常連さん、かばさんがダッチ・オーブンで焼き芋します

● 絵本「ちくわのわーさん」刊行記念 唄う絵描き・モンキー岡田の紙しばい&唄のライブ

絵本「ちくわのわーさん」刊行記念

唄う絵描き・モンキー岡田の紙しばい&唄のライブ

日時:11月12日(土) 18:00~

参加費:投げ銭
場所:ココルーム

「特急おべんとう号」など、ナンセンスで独特な世界観が魅力の絵本をつくるモンキー岡田さんがココルームにやってきます。子どもも大人も笑い転げること間違い無しのライブです!

モンキー岡田ショー

● OCA! 岩橋由莉(いわはし・ゆり)さん演劇ワークショップ

日時:11月11日(金) 16:00
参加費:500円
場所:山王こどもセンター

こどもたちと、演劇のワークショプを行います。

講師プロフィール
岩橋由莉(いわはし・ゆり)表現教育
ドラマスペシャリスト、表現教育家。演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験していく「ドラマ」をベースに「コミュニケーション・アート」としてプログラムを独自に開発する。劇団ひまわりや玉川大学など様々な機関での講師を経て現在は日本各地で、身体、声などを用いユニークで楽しい五感を使うワークショップを展開する。

● フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:11月10日(木) 、25日(金)、30日(水)14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7  支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

25日(金)14:00からのフェルデンクライス体操教室(@こころぎ)は、都合により中止いたします。
突然で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。次回は30日(水)14:00からになります。

● カフェ放送てれれ上映会

日時:11月8日(火) 16:00~
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

市民メディア・てれれの映像をみんなで見ておしゃべりします。

● 釜っぷ

日時:11月7日(月) 15:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎とその周辺地域を歩き、魅力を地図にしてきたこの企画。 http://bit.ly/ohUKO4
前回に引き続き、これまでに集めた情報を整理します。

● 馬然さんの水餃子の日

日時:11月6日(日) 夕方 5時頃よりつくりはじめます
場所:ココルーム 食べる方は有料

中国雲南省出身の馬然(Ma-ran)さんが、本場の水餃子をつくります。

 

● 10月のココルーム、カマメのイベント・スケジュール

自分ガタリの会vlo.11 石川さん

日時:10月1日(土) 19:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

自分ガタリの会にココルーム常連の石川さんが満を持して登場です。果たしてどんなことを語ってくれるのでしょうか…!

*石川さんより少しだけ自己紹介…
元けいばチャンピオン
ことしの12月25日あさかぜといんたいする。
元高広せいほんエース。いい君とともだち。
きくち、やまざきとしゅうしょくしたい(ハマムラ)
とうきょうしんしつしたい。

*自分ガタリの会とは…
パブリックスペースカマン!メディアセンターにて、1人の人の人生をその人自身に語ってもらうという、プライベートとパブリックがダイナミックにせめぎ合う会。いろんな人の生きてきたお話を聞くと、自分の生きる参考になったり、こんな人もいるんだ…と励みになったり、その人のことを改めてすきになったり、その人にすこし近付けたような気になったりする。でも、ゆっくり聞くタイミングがなかなかない。仕事でいそがしかったり、きっかけがなかったり。そんな中、思いっきりプライベートな話を「聞く」という時間をこの際つくってみよう!ということでやっていきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラムin大阪」の看板づくり

日時:10月2日(日) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

10/14〜16開催のシンポジウム&フォーラムに必要な看板やサインをみんなでつくります!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こころのたねとして 詩づくり

日時:10月2日(日) 16:00~
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

その日、カマン!に居合わせたさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

工作の日 『けしごむはんこをつくろう』

日時:10月4日(火) 10:00~18:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

 

DCF_0053.JPG

けしごむを彫って、はんこをつくります。次回は作ったはんこを使ってかばんに模様をつけたり、コラージュしたり、ポストカードを作る予定です。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月5日(水) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ぱそこん教室

日時:10月5日(水) 18:30〜20:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマメの棚整理の日

日時:10月6日(木) 14:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

ゆるせつ会(ゆるやかだけど切実にカマメのことを考える会)で、カマメの棚を整理しようということになりました。初めての方のお手伝いも大歓迎です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎句会

日時:10月6日(木) 15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

みんなで句を詠みます。10月の季語は夜なべ・落鮎・柚子です。作った句は近江八幡の句会に投句します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

クラシックを聴こう会

日時:10月7日(金) 19:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:ココルーム

クラシックマニア・サタケレコードさんプレゼンツ。同じ曲を様々な演奏で聴き比べたり、ネットを使いクラシックをタダで楽しむ方法を伝授したりしてくれます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎まちあるき

日時:10月8日(土) 14:00
参加費:1,000円/1時間半(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)
場所:ココルーム集合

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードの ある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

シェイプUPボーイズ/アコースティックライブ

日時:10月8日(土) 19:00
参加費:投げ銭
場所:ココルーム

生ギターとピアノと歌で演奏する2人組バンド。スタイルはブギウギピアノとフォークとの融合!といえば大げさですが、とにかく皆さんと楽しい時間が過ごせたらと思っています。全曲オリジナルです。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマメココルームのうたづくり

日時:10月9日(日) 13:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

カマメ、ココルームをテーマにうたを作りたいという声があり…つくってみようとおもいます。が、どうやってつくるのか。まずは歌詞からでしょうか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜っぷ

日時:10月9日(日) 15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎とその周辺地域を歩き、魅力を地図にしてきたこの企画。 http://bit.ly/ohUKO4 前回に引き続き、これまでに集めた情報を整理します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

工作の日 『かばんをかざろう』

日時:10月11日(火) 10:00~18:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

無地の布袋に絵を描いたりはんこを押したりして飾り付けをします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月12日(水) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

詩の学校 應典院 自主運営方式で開催中です

日時:10月12日(水)19:30~21:30 1回だけの参加もOK
参加料:1000円 参加定員:15名
筆記用具、ノートか紙を持参のこと
お問い合せ・参加申込み:info@cocoroom.org
共催:應典院【オウテンイン】 大蓮寺

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

OCA!シンポジウム

日時:10月14日(金) 13:00~16:15
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込
会場:飛田会館

<タイムスケジュール>
12:30 開場
13:00 はじめに
13:10 公演|こころのたねとして2011 釜ヶ崎・飛田・山王 詩の朗読
釜ヶ崎・飛田・山王に暮らすひと、足を運ぶひと。
人生についての聞きとりから生まれた詩を、作者の声で朗読します
朗読:谷川俊太郎、SHINGO☆西成、岩淵拓郎、佐久間新、岩橋由莉、
kit garchow、上田假奈代、植田裕子、岡本マサヒロ、
地域の人々・こたねワークショップ参加者、ほか
14:10 休憩
14:25 シンポジウム|ここで出会う、出会いなおす
自分たちの手で自分たちの言葉や暮らしを紡ぐことについて、
考えるためのシンポジウムです
谷川俊太郎×平田オリザ×栗原彬
16:00 おわりに
16:15 終了予定

※詳細はこちら http://bit.ly/r35K9r

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

全国アートNPOフォーラム1日目

日時:2011年10月15日(土) 13:30~18:30
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込
会場:大阪市立大学 西成プラザ

<タイムスケジュール>
釜ヶ崎をあるく(まち歩き)
(10:30ココルーム集合/参加費別途500円/昼食代別途/要予約限定20名)
13:00 受付開始
13:30 はじめに
13:45 大阪の事例報告|OCA!をふりかえって、それでね 上田假奈代
14:30 休憩
14:45 OCA!&全国アートNPOフォーラムin大阪|「芸術文化で自治、創造するねん。」
自治をキーワードに、参加者の皆さんとともに、
大阪の芸術文化のこれまでとこれからを考えます
ミニトーク(15分×3本)をはさみます
トーク1「エエ線いってた!? 大阪の文化政策」 吉澤弥生
トーク2「大阪市立近代美術館がめざす、あたらしい美術館のカタチ」 菅谷富夫
トーク3「大阪でアーツカウンシルをつくる会による、政策提言」 山口洋典
18:15 おわりに
18:30 終了予定

※詳細はこちら http://bit.ly/r35K9r

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

全国アートNPOフォーラム2日目

日時:2011年10月16日(日) 10:00~18:00
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込
会場:應典院本堂ホール

<タイムスケジュール>
09:30 受付開始
10:00 クロストーク「震災とアート、自治」
対談:中川幾郎×新川達郎
阪神淡路と東日本と2つの大震災の経験をもとに、
自治とアートを巡る環境の変化に視点を向け、
表現と地域ガバナンスの未来を展望します
12:00 休憩
13:30 トーク「NPOのキャパシティビルディング」金村俊治
社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくために、
NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)について、
ワークショップを交えて深めます
14:30 休憩
15:00 全体フォーラム「震災とアートNPO、これからの社会へ ~自治を再発明する」
17:30 おわりに
18:00 終了予定

※詳細はこちら http://bit.ly/r35K9r

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カルタづくりに挑戦

日時:10月18日(火) 15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

みんなで考えた言葉に合わせ、カルタの絵を考えます。お正月めざしてカルタづくり。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜のえんがわで原発ジプシー読書会

日時:10月18日(火)19:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

堀江邦夫『原発ジプシー』(現代書館、初版1979年)をみんなでよみます。
七月の読書会では、通りがかりのおっちゃんで、原発労働経験のあるかたが、お話を聞かせてくれました。はたまた通りすがりのおばちゃんは、広島の原爆の記憶、自身の呉市での空襲被災、負傷、障がいをおった経験、そして罹災の記憶を食い縛った歯の奥、胸の底にこらえ、動かない片腕を抱え差別のまなざしに耐えて生きた戦後の半生を、語ってくれました。
釜ヶ崎の「えんがわ」はどんな予断もゆるしません。でもだからこそ、底無しに豊饒です。そんな場所で、『原発ジプシー』読みましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

えんがわ健康相談会

日時:10月19日(水) 14:00〜15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかりおくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来てくださいます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月19日(水) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ぱそこん教室

日時:10月19日(水) 18:30〜20:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマメ映画祭プレ上映会

日時:10月20日(木) 16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

3分間の映像を撮って持ち寄ります。是非この日までに3分間の映像を撮ってみませんか。カマメのビデオカメラ使用もご相談に乗ります。今回は特に編集なしで、一本取りでやってみようとおもいます。作品持って来てくださる方は、ちゃんと上映できるか試してみますので15:00集合でお願いします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「うさぎ」を読む会

日時:10月21日(金) 19:00
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。
場所:ココルーム

小沢健二さんのテキストを読みます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

飯沢耕太郎さん菱田雄介さんとあるく釜ヶ崎
どっこい とことこ あるくのだ
『アフターマス 震災後の写真』刊行記念釜ヶ崎イベント

記録すること、記憶すること、10年後、100年後の東北へ
東日本大震災は大きな爪痕を残した。
しかし、写真が映すべきものはその悲惨な情景だけではない。
そこから立ち上がる人々の姿も映し出せる。
「震災後の写真」とは何か――故郷仙台が被災にあった写真評論家と若き写真家がともに訴える、いま必要な写真と写真論。
ひるがえって、被災地生活50年ともいわれる釜ヶ崎。
忘れ去られたようなちいさなまちに2万5千人の人々が暮らし、生きている。
孤独を背負いながら生きる人々は、他人の過去をむやみに尋ねることはしない。
数多くの写真家を魅了するこのまちを飯沢耕太郎さん菱田雄介さんとあるき、
そして、現実をひらき、どっこい生きる楽しさをわかちあいたい。

2011年10月22日(土)
13:30  cocoroom集合 飯沢耕太郎さん菱田雄介さんとあるく釜ヶ崎
16:00 トークイベント 「どっこい とことこ あるくのだ」
対談:飯沢耕太郎さん×菱田雄介さん

【釜ヶ崎まちあるき集合場所】13:30~
インフォショップ・カフェ ココルーム
大阪市西成区山王1-15-11
tel:06-6636-1612
*行き方:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅二番出口を出て、喫茶店の角を右に曲がり、動物園前商店街を南へ。歩いて三分ほど。左側。手前は上杉酒店。

【トークイベント会場】 16:00~
大阪市立大学 西成プラザ
大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル(100円ショップFLETS)3F
*行き方:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅七番出口あがって南側、JR環状線
新今宮駅東出口から南西に渡って南へすぐ。100円ショップFLETSの店内入って右側の鉄の扉をあけて、3Fへ。

【料金】
あちあるきとトークイベント:1,500円(税込)
トークイベント:800円(税込)お茶付き
*経済的にしんどい方は無料でけっこうです

【定員】
まちあるき 15名
トークイベント 60名

【予約方法】
お電話(ココルーム:06-6636-1612)

【メール予約】
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を記入してください。
info@cocoroom.org
担当者が確認後折り返し、お申し込み完了メールをさしあげます。

<出演者プロフィール>
飯沢耕太郎│Kotarou Iizawa
1954年宮城県出身。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。『「芸術写真」とその時代』 (筑摩書房。1986年)、『写真に帰れ光画の時代』(平凡社。1988年)、『都市の視線 日本の写真 1920~30年代』(創元社。1989年)などの著書がある写真研究者の第一人者。
公募展である写真新世紀とひとつぼ展には設立当初から審査員として参加し、90年代の『ガーリーフォト』ブームを作った。荒木経惟研究者でも知られてい る。1996年には『写真美術館へようこそ』でサントリー学芸賞を受賞。またキノコの愛好家でもあり、『世界のキノコ切手』『きのこ文学大全』、『考える キノコ』(共著)などの著書がある。
1981年、東京綜合写真専門学校非常勤講師。写真作家研究を担当。2004年、2008年、東京大学教養学部非常勤講師。日本写真史の講義を担当。大阪芸術大学写真学科客員教授。

菱田雄介 Yusuke Hishida
写真家、テレビディレクター。
1972年、東京生まれ慶應義塾大学経済学部卒業。
2001年の同時多発テロ以降、歩みを早めた歴史と、その流れの中に存在する人々の営みをテーマに写真を撮影。写真集に、NY、アフガン、イラク、日本等 の日常を記録した『ある日、』(プレイスM/月曜社、2006年)、チェチェン独立派によって戦場となった学校の1年後を追った『BESLAN』(新風 舎、2006年)がある。2006年、NIKON三木淳奨励賞受賞、
2008年、2010年、CANON「写真新世紀」佳作入選。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

OCA!しげやんダンスワークショップ

日時:10月23日(日) 15:30〜18:30
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:こどもの里

こどもの里にて、こどもたちとともにワークショップを体験します。
詳細はこちら→http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/oca-npoin.html

北村成美(ダンサー・振付家)
6歳でバレエを始め、ロンドンにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。モットーは「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」。平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。全国各地でご当地ダンサーズを結成、その拠点として「草津ダンス道場」を開く。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

山王ミニ夜まわり

日時:10月24日(月) 夜まわり開始20:00
参加費:無料
集合:ココルーム

16:00頃~ おむすびなどすこしづつ準備
19:00頃~ みんなでごはん(500円)、ミーティング
20:00すぎ 夜まわり開始
21:00頃 反省会・終了

野宿の方に、おむすびやカイロ、情報をくばります。お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月26日(水) 14:00
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマン!TVを見る会

日時:10月31日(月)
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:カマン!メディアセンター

毎度おなじみ!アサダワタルさんの操る街頭テレビで懐かしい映像をわいわい見ます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

工作の日

日時:毎週火曜日
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

こどももおとなもおじいさんもおばあさんもひまなじかんをひまつぶし!

● どうやって生きていく? ~20代後半、仕事と表現、食べることと生きること

20代後半、表現という言葉の周辺に生きるわたしたちは、いま、日々の時間をどう使い、何で食べるためのお金を得、なぜその仕事をし、本当は何がしたくて、これからの人生をどう捉えているのか。15分×10人。さまざまな人生の話を聞くなかで、多様な生き方があることを知り、ともに考えるためのひととき。

日時:10月26日(水)15:00~18:15
会場:新港ピア/新・港村 自由広場(横浜市中区新港2-5)
参加費:300円(新・港村パスポート代)既にパスポートをお持ちの方は無料

ゲスト:
岩崎美冴(NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局)、小澤貴文(レコード会社勤務)、五十殿彩子(キタミン・ラボ舎事務局長)、酒井幸菜(振付家/ダンサー)、田代未来子(WEB制作会社勤務)、長津結一郎(日本学術振興会特別研究員/東京藝術大学大学院博士後期課程)、中村大史(音楽家)、羽原康恵(取手アートプロジェクト実施本部
事務局長)、谷地田未緒(国際交流基金 情報センター主任)

ファシリテーター:
植田裕子(NPO法人ココルームスタッフ)

プロフィール:

岩崎美冴(NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局)
岩崎美冴1981年神奈川県生まれ。共立女子大学卒業。05年~06年、アートマネージャー育成プログラムTAP塾にインターンとして参加。07年~08年、取手アートプロジェクト実行委員会事務局に所属。現在は、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局として、主に、印刷物作成、広報を担当している。
http://www.koganecho.net/
小澤貴文(レコード会社勤務)
小澤貴文1985年生まれ。現在はレコード会社に勤務し、音楽(主にパッケージ)を如何にして売るかを日々考える仕事をする。個人活動として「CULT BURY RIOT 太陽の王国」というアングラ系ロックバンドにてエレキベースを担当。中学生まで音楽が何よりも嫌いだった。
五十殿彩子(キタミン・ラボ舎事務局長)
五十殿彩子愛知県立芸術大学卒業。2005年より「取手アートプロジェクト」にてインターンを経て事務局を務める。2008年より北本市教育委員会生涯学習課にて「北本ビタミン事業」の立ち上げに携わる。2011年4月より現職。
酒井幸菜(振付家/ダンサー)
酒井幸菜1985年神奈川県生まれ。東京芸術大学音楽環境創造科卒業。しなやかで繊細なダンスで数多くの舞台に出演。微細な演出による空間的な作品を制作し、ミュージシャンや漫画家との舞台作品、演劇や映像広告への振付・出演など幅広く活動。
http://www.sakaiyukina.net
田代未来子(WEB制作会社勤務)
田代未来子2008年に東京芸術大学音楽環境創造科を卒業後、株式会社PIVOTでマークアップエンジニアとして働いています。2009年、取手アートプロジェクト(台宿ポット)、2011年「floating view」「floating view 2」に自分の日記を使った作品を出品しました。
長津結一郎(日本学術振興会特別研究員/東京藝術大学大学院博士後期課程)
長津結一郎アーツ・マネジメント研究、障害学、クィア理論。芸術活動における社会包摂的な取り組みや、芸術を専門としない人々が関与する活動に着目し、現場でのフィールドワークをもとにした学際的な研究活動を行っている。墨田区でハウスシェア中。
中村大史(音楽家)
中村大史アコーディオン、ギター、ブズーキ、ピアノ、声などを用いて演奏や作曲をする。個人での活動の他、複数のグループに所属して、ライブ活動やCD制作を精力的におこなう。
http://anilaly.jugem.jp/
羽原康恵(取手アートプロジェクト実施本部 事務局長)
*お子さんの調子次第で来られなくなる可能性もありますがご了承ください
羽原康恵1981年高知県生まれ、三重県出身。筑波大学人間総合科学研究科芸術学専攻(芸術支援学)修士取得退学。学生時代に取手アートプロジェクトのインターンとして関わり、財団法人静岡県文化財団企画制作課勤務後、結婚・出産を機に取手に戻り2010年度より現職。
谷地田未緒(国際交流基金 情報センター主任)
谷地田美緒国際基督教大学卒業、東京芸術大学大学院修了。自治体の文化政策や、非営利団体による芸術と社会をつなぐ活動を調査対象とし、2009年には故郷の札幌市でフィールドワークを実施。2009年より現職。「をちこちMagazine」の企画・編集のほか、広報、広報媒体ディレクション、イベントのコーディネートなどを担当。
http://www.wochikochi.jp/
植田裕子(NPO法人ココルームスタッフ)
植田裕子1985年滋賀県生まれ。東京藝術大学音楽環境創造科在籍中に取手アートプロジェクト、NPO法人こえとこころとことばの部屋(ココルーム)インターンを経験。卒業後一般企業に就職し宿泊施設にて三年弱、文化事業を担当するが、2011年2月より現職。

主催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
協力:BankART1929

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
このページのトップへ