イベント情報

日記

作品&プロジェクト

2013年2月の記事

● 2月のイベントスケジュール

1日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日時:2月1日(金) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:上田假奈代

釜ヶ崎芸術大学「詩」のクラス第九回。その場でのやりとりから生まれた言葉で詩をつくります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【ファッション】

日時:2月2日(土) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:カマン!メディアセンター
講師:澄川小百合

釜ヶ崎芸術大学「ファッション」のクラス第二回。自分だけの衣服作りに挑戦。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

3日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【ファッション】

日時:2月3日(日) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:カマン!メディアセンター
講師:澄川小百合

釜ヶ崎芸術大学「ファッション」のクラス第三回。自分だけの衣服作りに挑戦。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

4日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【表現】

日時:2月4日(月) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:喜望の家
講師:岩橋由莉

釜ヶ崎芸術大学「表現」のクラス第十回。集まった人と遊びをとおして出会います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

6日のイベント

リラックス体操(フェルデンクライス・メソッド)

日時:2月6日(水) 15:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:えんがわ茶屋こころぎ 
講師:小手川望

じぶんでも気づいていない、からだの不調やいたみ、つかれは、あなた自身のからだの使い方が原因かもしれません。知らないうちにもっているからだのくせ、無意識の習慣に気づくことで、余分な緊張をほぐし、楽にからだを動かせるようになります。自分のペースで無理せずおこないます。ちいさい、ゆるやかなからだの運動をつうじて、動きの質を改善することをめざしましょう。
服装・もちもの:動きやすい服装で、タオルを一枚もってきてください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

7日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【音楽】

日時:2月7日(木)14:00~16:00
参加費:無料
場所:喜望の家
講師:野村誠

釜ヶ崎芸術大学「音楽」のクラス第四回。音楽なんて自分にはできない、という人こそぜひ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

8日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日時:2月8日(金) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:上田假奈代

釜ヶ崎芸術大学「詩」のクラス第十回。その場でのやりとりから生まれた言葉で詩をつくります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

12日のイベント

釜ヶ崎冰志句会

日時:2月12日(土) 16:00~17:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:ココルーム

みんなで季節の俳句を詠みます。毎月いつも使っていない部分のあたまを使うたいせつな時間です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

13日のイベント

リラックス体操(フェルデンクライス・メソッド)

日時:2月13日(水) 15:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:えんがわ茶屋こころぎ 
講師:小手川望

じぶんでも気づいていない、からだの不調やいたみ、つかれは、あなた自身のからだの使い方が原因かもしれません。知らないうちにもっているからだのくせ、無意識の習慣に気づくことで、余分な緊張をほぐし、楽にからだを動かせるようになります。自分のペースで無理せずおこないます。ちいさい、ゆるやかなからだの運動をつうじて、動きの質を改善することをめざしましょう。
服装・もちもの:動きやすい服装で、タオルを一枚もってきてください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

16日のイベント

詩の学校

日時:1月16日(水)19:30
参加費:1000円
場所:應典院(おうてんいん)

1回だけの参加もOKです。現在、自主運営方式で開催中。筆記用具、ノートか紙を持参してください。
詳細はこちら→http://www.kanayo-net.com/poem_school/

◇ ◇ ◇

釜ヶ崎芸術大学成果発表会

日時:2月16日(土) 14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:西成市民館 
講師ゲスト:岩橋由莉(表現)  野村誠(音楽)  上田假奈代(詩)

大阪市西成区の釜ヶ崎と呼ばれる地域で、11月後半より42回の授業を重ねている釜ヶ崎芸術大学。日本の近代を支えてきたこのまちでもういちど始めた大学に、たくさんの人が集い、学び合いました。表現・宗教学・哲学・天文学・感情・ファッション・詩・書道・地図・音楽・芸術の11科目を修めた4ヶ月、その成果発表会です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

17日のイベント

音楽で雑談する会

日時:2月17日(日)16時から
場所:ココルーム
参加費:無料・カンパ歓迎

はじめまして昔ながらのブルースやロックが好きな新宅というものです!
釜ヶ崎で音楽に興味のある人たちが集まって話をしてみたいと思います。ジャンル・時代は問いません!自分が好きな音楽を紹介したり、その音楽の魅力について語って頂いたり。そうして、自分の知らない音楽の魅力に出会い、興味を持ってもらえれば、新しい音楽友達に出会うきっかけになれば良いと考えております。

参加者にはみんなに聴いて欲しいお勧め音楽を一つ考えてきてもらいたいです。音源やその音楽にまつわるモノを持っていたらもってきても良いし、なかったらパソコンがあるのでインターネットで検索できます。
企画担当 新宅隼人(大学からのインターン中)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

18日のイベント

山王ミニ夜まわり

日時:2月18日(月) 夜まわり開始20:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
集合:ココルーム

16:00頃~  おむすびなどすこしづつ準備
19:00頃~  みんなでごはん(500円)、ミーティング
20:00すぎ 夜まわり開始
21:00頃  反省会・終了

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

20日のイベント

えんがわ健康相談会

日時:2月20日(水) 14:00~15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかり、おくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来て、みんなの相談にのってくださいます。

主 催:特定非営利活動法人 こえとことばとこころの部屋
助 成:2011年度ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

21日のイベント

手芸しながら考え中

日時:2月21日(木) 14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:カマン!メディアセンター

ぼちぼち手芸などしながら、ふだん話す機会のないちょっとした悩みやアイデアを話し合う会です。手芸しなくしてもいいですよ。でもみんなで釜ヶ崎グッズとかつくれたら楽しいかも。

◇ ◇ ◇

「うさぎ!」を読む会

日時:2月21日(木) 20:00~
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダー
会場:ココルーム

小沢健二の「うさぎ!」をみんなで読みます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

24日のイベント

リラックス体操(フェルデンクライス・メソッド)

日時:2月24日(日) 19:00~20:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:カマン!メディアセンター
講師:小手川望

じぶんでも気づいていない、からだの不調やいたみ、つかれは、あなた自身のからだの使い方が原因かもしれません。知らないうちにもっているからだのくせ、無意識の習慣に気づくことで、余分な緊張をほぐし、楽にからだを動かせるようになります。自分のペースで無理せずおこないます。ちいさい、ゆるやかなからだの運動をつうじて、動きの質を改善することをめざしましょう。
服装・もちもの:動きやすい服装で、タオルを一枚もってきてください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

● 釜ヶ崎芸術大学成果発表会の様子

遅くなりましたが成果発表会の写真をアップします。

会場となった西成市民館の廊下には、

授業でつくられた作品を展示させてもらっています。

こちらは書道。

130216成果発表会01

 

『ファッション』でつくった服、

『表現』でつくったコラージュ作品...

 

130216成果発表会02

 

『地図』ではみんなでひとつの地図をつくりました。

釜ヶ崎の現在、過去、未来がひとつに。

 

130216成果発表会10

 

『詩』の授業でつくられた詩は詩集にまとめました。

ココルームに置いてあります。

 

130216成果発表会03

 

発表会場にはたくさんの方が。

授業の常連さんも、

はじめての方も。

 

130216成果発表会09

 

学生証に最後のスタンプ。

欠席の日に色とりどりのシールが!

 

130216成果発表会04

 

『音楽』の時間でつくった曲を発表。

即興演奏も。

 

130216成果発表会05

 

詩の朗読。

 

130216成果発表会06

 

いま感じていることを自由に話す『表現』の時間。

発表会でも同じようにやってみました。

 

130216成果発表会07

 

最後に賞状授与。

Uさんは42回中37回出席!

精勤賞に輝きました。

ほかにも15回以上出席した方が5人、

こちらには敢闘賞をお送りしました。

 

130216成果発表会08

 

次の学期があるならこんな授業をやってほしい、

というご希望もたくさん聞かせていただきました。

継続できるように、ただいまあれこれ準備中です。

参加してくれたみなさん、ありがとうございました!

● 2月16日釜ヶ崎芸術大学成果発表会no

遅くなりましたが成果発表会の写真をアップします。

会場となった西成市民館の廊下には、

授業でつくられた作品を展示させてもらっています。

 

● 2013年3月定例「まちづくりひろば」のご案内 - 釜ヶ崎のまち再生フォーラム(事務局長)ありむら潜

■■■■■ 2013年3月定例「まちづくりひろば」のご案内
釜ヶ崎のまち再生フォーラム(事務局長)ありむら潜              

<通算176回目 Since 1999>
=========================================================
厚労省の「生活支援戦略」最終報告書の読み方、釜ヶ崎への活用のしかたを語り合う夕べ
~厚労省特別部会の奥田知志委員をお招きして~

ゲスト・スピーカー:奥田知志さん
(NPO法人ホームレス支援全国ネット代表理事/北九州ホームレス支援機構理事長)

=========================================================

▼2013年月3月12日(火) 18:30~20:45
▼西成市民館 3階講堂 (西成警察署裏にある通称四角公園の西隣り)
▼共催:釜ケ崎のまち再生フォーラム
大阪市立大学都市研究西成プラザ
▼参加費:資料代として300~500円程度の寄付をいただければ幸いです。
日雇い労働者・野宿生活者・生活保護やそれに準ずる方々などは不要です。 
▼お問い合わせ:事務局(ありむら)まで
携帯電話090-8448-0315
e-mail: kama-yan@sun-inet.or.jp
 URL : http://www.kamagasaki-forum.com
▼参加予約:不要

■テーマ設定趣旨
その前にまず出てくる感想は、「(九州、東京、仙台等々での活動を軸に)講演で全国を飛び回る奥田さんをよく呼べたなあ」ということではないでしょうか。
そのとおりです。若き日の活動の原点が釜ヶ崎にあるご様子なので格別のご協力だと思われ、主催者としては心から感謝しています。
そして、それにふさわしい実践的で骨太のやりとりをできれば、「ひろば」設定者としては本望です。
問題山積の当地はサポート現場をどこよりもたくさん抱え、西成特区構想の中の地元提案項目等々を今後5年間にどのようにして実現させていくかという課題を抱えていますから、それへの追い風にできる、いやしなければと願っての設定です。どこをどのように活用できるか、各論にまで踏み込めればベストです。
なお、生活保護基準引き下げ反対の動きを強めることは重要ですがそれとこの企画は別次元のものです。ご了承ください。
参加予約などは要りません。お気軽にお立ち寄りください。

<補足>
聞き慣れていない方にいわゆる「生活支援戦略」について私なりに説明しておきます(間違っていたら、ごめんなさいです)。予習も兼ねて。
生活保護受給者増加の問題はいろいろと議論されさまざまな対応がなされてきていますが、確実に増えている生活保護手前、ホームレス状況手前の就労困難層(新貧困層)についてはまだまだです。
これを放置すると国の土台を揺るがしかねない深刻な事態必至です
そこで、この新貧困層に焦点を当てて、国をあげた支援を体系的・戦略的に取り組んでいこうという、国の大きな方針のことです。月の1月25日付で最終報告書が発表されました。

奥田さんは、その最終報告書が経済的貧困化だけでなく、関係性の貧困化(孤立)の克服課題もきちんととらえていることを評価されています。
私がざっと読んだ範囲では、
①「個別的・継続的・包括的支援」(伴走型のパーソナル・サポート事業)をどう引き継ぎ展開するか。
②多くのケースにとって主要な「出口」である「中間労働市場」(中間就労)をどのようにしてつくっていくか(これが国の方針として本格的にとりあげられる意義は大きいと私は思う)。そこから一般労働市場(一般就労)へどうつなげていくか。
③それらを国・自治体・民間(支援団体等)・地域社会がそれぞれに、特に自治体が、どういうふうに支援をしていくか(その基本的考え方・方法論・体制・中身・財源等)もこの特別部会で議論されているようです。

奥田さんによると、今後は
①    総合相談支援センター
②    中間就労事業所および就労準備支援事業所
③    家計再建支援事業所
④    子ども若者対応事業所
これらが各地(生活保護事務所単位)で整備されることになるそうです。
2013年度以後、パイロット事業が始まるとも聞いています。
また、「生活保護に関しては、この部会は基準部会ではありませんので、話題の保護基準の引き下げ等は言及されていません。ですが、種々運用は厳しくなることは明白です」とも語っておられます。

当地域に関わるさまざまな方々(生保当事者や支援団体、ボランティア、地域住民、行政関係者、研究者等々)が幅広く参加されますよう、呼びかけます。

→最終報告書は厚労省のホームページにありますので、斜めにでも読んできていただければ議論は深まるでしょう。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002tpzu.html


●●● 当日の進行

1)    情報交換会(18:30~)
いつもは、それぞれの生活分野・活動分野から役立ち情報を分け合います。

2)本題  19:00~
20:45 終了

*この「まちづくりひろば」で採(と)り上げていただきたいテーマ、呼びたい講師その他ご提案・ご要望がありましたら、釜ケ崎のまち再生フォーラム事務局(ありむら)までお寄せください。090-8448-0315

以上 

● リラックス体操と瞑想の会

日時 3月 5日 (火), 14:00 ~ 16:00

場所 西成市民館 和室二階 (地図)

大阪市西成区萩之茶屋2丁目9−1

新今宮駅西口から徒歩5分

参加費:無料・カンパ歓迎!

講師:小手川望

 

じぶんでも気づいていない、からだの不調やいたみ、つかれは、あなた自身のからだの使い方が原因かもしれません。知らないうちにもっているからだのくせ、無意識の習慣に気づくことで、余分な緊張をほぐし、楽にからだを動かせるようになります。自分のペースで無理せずおこないます。ちいさい、ゆるやかなからだの運動をつうじて、動きの質を改善することをめざしましょう。フェルデンクライス・メソッドという手法をもちいた簡単な体操です。

 

からだにしょうがいのあるかたも、高齢のかたも、いろいろなひとが参加してくれています。

 

この回は、チベット瞑想の会も一緒におこないます。音楽を用いた瞑想で、どなたでも、らくなきもちでゆったり過ごせます。

 

講師は、インド舞踊家の花の宮祐三子さんです。

 

服装・もちもの:動きやすい服装で、タオルを一枚もってきてください。

● 2月16日成果発表会

今日は、2012年秋からスタートした釜ヶ崎芸術大学の成果発表会でした。

たくさんのかたにご参加いただき、盛況な会だったと思います。

タイムスケジュールはこんな感じ。 

14:00~14:10 はじまりのあいさつ

14:10~14:30 音楽の授業でつくった音楽の演奏

14:30~14:50 詩の授業でつくった詩の朗読

14:50~15:05 芸術の授業でふれた映像作品上映

15:05~15:25 これまでの授業のふりかえり

15:25~15:55 表現の授業でおこなってきた自己紹介タイム

15:55~16:00 精勤賞、敢闘賞授与式 おわりのあいさつ

 

本当にあっという間の2時間でした。

音楽の演奏では、今日はじめてきたかたにも合唱に参加していただき、即興なんだけど即興とは思えないような力強い演奏と合唱でした。

詩の朗読も、それぞれの方がじぶんじしんの声で、書かれた詩を朗読しました。

表現の時間は、40人以上の参加者全員で、いすを円形にして会場の中で向かい合う時間でした。沈黙が続くこともありましたが、その静かな時間にも、共有している空間への信頼感が感じられました。

授業には参加していなかったけど、今日だけ来てくれた方もたくさんいて、とても面白いよい発表会になったと思います。

最後の賞状授与式では、37回出席された方が最高で「精勤賞」を、15回以上の出席の方も5名いらっしゃって「敢闘賞」を、講師、事務局、参加者一同から授与されました。

記録していた写真なども、近日中に公開したいとおもいます。

また、作品の展示物は、会場の西成市民館に1週間ほど展示されているのでお近くにお発ちよりの際は、ぜひ見に行ってみてください。

● 2月16日釜ヶ崎芸術大学成果発表会

********************

   釜 ヶ 崎 芸 術 大 学  成 果 発 表 会

********************

 

大阪市西成区の釜ヶ崎と呼ばれる地域で、11月後半より42回の授業を重ねている釜ヶ崎芸術大学。日本の近代を支えてきたこのまちでもういちど始めた「大学」に、たくさんの人が集い、学び合いました。表現・宗教学・哲学・天文学・感情・ファッション・詩・書道・地図・音楽・芸術の11科目を修めた四ヶ月、その成果発表会です。

 

日 時| 2013年2月16日(土) 14:00~16:00

会 場| 西成市民館(大阪市西成区萩之茶屋2-8-18)

対 象| どなたも(これまでに釜ヶ崎芸術大学に参加していない方もぜひ)

参加費| 無料・カンパ歓迎

講師ゲスト| 岩橋由莉(表現)・野村誠(音楽)・上田假奈代(詩)

 

= タイムスケジュール =

14:00~14:15 音楽の授業でつくった音楽の演奏

14:15~14:35 詩の授業でつくった詩の朗読

14:35~14:50 芸術の授業でふれた映像作品上映

14:50~15:10 これまでの授業のふりかえり

15:10~15:35 表現の授業でおこなってきた自己紹介タイム

15:35~16:00 釜ヶ崎芸術大学、やってみてどうでした?

※内容には変更があるかもしれません。ご了承ください。

 

= 展示 =

あしたの地図よ(釜ヶ崎の過去現在未来の地図)、書道の授業で書かれた作品、詩の授業でつくられた作品、感情の授業の資料、表現の授業でつくられたコラージュ作品、ファッションの授業でつくられたなにか、スタッフの記録ノートなど

 

= お申し込み =

インフォショップ・カフェ ココルーム

メール|info@cocoroom.org

電 話|06-6636-1612

※できるだけお申し込みください。でも申し込みなしでも参加可能です

 

主 催|特定非営利活動法人 こえとことばとこころの部屋(ココルーム)

協 力|大阪市立大学 都市研究プラザ 、喜望の家、西成市民館

助 成|平成24年度 大阪市市民活動推進基金

● まかないチケットつくりました

だいたい毎日、ひるの1時頃とよるの7時頃に、スタッフもお客様も一緒にちゃぶ台を囲む「まかないご飯」。

先月から、ちょっと値上げして700円にさせていただきました。

そして、それにあわせて、まかないチケットをつくりました。

5枚綴りで

ちょっとおとくになる、3000円のチケット(1枚600円)

ちょっとココルームの応援になる4000円のチケット(1枚800円)

の2種類です。

まとめて買って安くなるチケットと、まとめて買うと高くなる(!)ちょっと変わった応援チケットもつくりました。

 

周りからみると、だれがスタッフでだれがお客さんか分からない、まるで遠い親戚の集まった食事会のようなまかないご飯。その日の冷蔵庫にあるものでつくる、ふつうのお家のふつうのご飯ですが、なかなかおいしいと評判です。

おひるどき、ゆうはんどきにお近くにいたら、ぜひお立ち寄りください。

 

IMG_2005

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【詩】第十回

 

日時:2月8日(金)14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:上田假奈代

[スタッフのメモより]

最後の授業。今までつくった詩をもってきて振り返る。三角公園の舞台で詩を読んだことがいい経験になったとUさん。今までは詩に縁がなかったというYさんは、もっと参加すればよかったと後悔していると。今日は好きなものの絵を描き、そのことについて聞いた話から詩をつくる。皆勤のUさんはじめ、慣れた参加者からは技巧的な工夫を感じる。初めての方も力強い作品を。今まで顔を出しても話をするだけで帰ってしまったAさんが、はじめて詩をつくった。

 

0208詩 0208詩 0208詩

130208詩十回01

130208詩十回02

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【音楽】第五回

日時:2月7日(木)14:00~16:00

場所:喜望の家

講師:野村 誠

【スタッフメモより】

先週に質問のあった1.8リットルのペットボトルを太鼓にする方法の説明をしてくださる。容器をへこまして空気少し抜いた状態で蓋を閉めて、それで地面をたたいたりして音を鳴らすと「トーン」と良い音が鳴る。容器の中の空気の量によって音色が変わる。なぜこれにより音が響くのかは、物理の先生に聞いてみようとのことでした。その後、質問のコーナーや前回までの復習。そして16日の釜ヶ崎芸術大学の成果発表会の本番に向けての練習を行った。

 

0207音楽

0207音楽

0207音楽 0207音楽 0207音楽

 

 

130207音楽五回01

130207音楽五回02

130207音楽五回03

● 釜ヶ崎芸術大学【表現】第十一回

 

日時:2月4日(月)14:00~16:00

場所:喜望の家

講師:岩橋由莉

【スタッフのメモより】

表現のクラス最終回。今回も呼ばれたい名前といま話したいことを、自分のタイミングで話していく。「今日は一参加者になる。したくないときは進行とかしない」と由莉さん。場の全体を見て発言していた今までと比べて、個人的な興味に任せて話している様子だった。90分ほど経ったころ、10回すべてに参加している方が、他の参加者との関係についての悩みを涙ながらに話す場面も。初参加の方もあり、最終回にして今までに見られない様子が多く見られた。

 

 

0204表現 0204表現 0204表現

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【ファッション】第三回

 

日時:2月3日(日)14:00~16:00

場所:カマン!メディアセンター

講師:澄川小百合

【スタッフのメモより】

それぞれに前回の続き。シルクスクリーンを使ったプリント、カーディガンを巻きスカートにリメイクなど高度なことに挑戦する方も。初参加のIさんは糸の通し方から教わり、いつも持ち歩いている縫いぐるみに何かを縫い付け始める。全身を地味な色で固めている方の多い釜ヶ崎だが、様々に色が入っていく。Uさんはグラデーションになった刺繍を、Sさんはいつも被っている帽子にたくさんの飾りボタンを。最後に成果発表。みな自分のやりたいことを、できるやり方で最後まで仕上げていた。一人ではなかなかこういうことをしないがこういう場があれば続けたいという方も。

0203ファッション 0203ファッション 0203ファッション

130203ファッション三回01

130203ファッション三回02

130203ファッション三回03

130203ファッション三回04

130203ファッション三回06

130203ファッション三回07

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【ファッション】第二回

 

日時:2月2日(土)14:00~16:00

場所:カマン!メディアセンター

講師:澄川小百合

【スタッフのメモより】

参加者は前回からほぼ一新。自己紹介をかねて今日着てきた服のポイントを発表していく。前回も参加のUさんは挑戦すると話していた刺繍を仕上げてきていた。澄川さんとココルームで用意した裁縫道具や端切れなどを使って、自分の服をリメイクしていく。澄川さんに教わりながらそれぞれに進め、玉結びの仕方から教わったOさんもベストのボタンをきれいに付け替え。みな驚くほど自発的で、時間が過ぎても残って続ける方も多数。続けて出席できる方が多く、続きは明日に持ち越しとなった。

 

 

0202ファッション 0202ファッション 0202ファッション

 

 

130202ファッション二回01

130202ファッション二回02

130202ファッション二回03

130202ファッション二回06

130202ファッション二回05

130202ファッション二回04

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第九回

日時:2月1日(金)14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:上田假奈代

[スタッフのメモより]

始まりは、今日呼ばれたい名前と近況報告から。今日は、どうやって詩を作るか、話してから決めることにする。近況報告が終わって話しながら、假奈代さんが「人間が必ずひとしくもっているものはなんだと思いますか?」という問いかけをする。心、こわいもの、時間、いのち、名前、、、などなどの答えが出る。今日の詩は、身体の気になる場所をもとにつくることにする。

 

130201詩九回A 130201詩九回B 130201詩九回C 130201詩九回D 130201詩九回

このページのトップへ