イベント情報

日記

作品&プロジェクト

2012年12月の記事

● 12月のイベントスケジュール

1日のイベント

『1‰OSAKA CREATIVE TOUR(ワンパーミル オオサカ クリエイティブ ツアー)』

【1‰OSAKA CREATIVE TOUR ミナミ編】
日時:12月1日(土)10:00~
集合場所:恵美須町駅4番出口地上
ツアー訪問先:インフォショップ・カフェ「ココルーム」、新・福寿荘ほか(Breaker Project)、市場ギャラリー、ピカスペース、大阪のクリエイティブスペースをめぐるツアーを開催!「クリエイティブ・シェア」をキーワードに、人と人、物と物、人と物との共有から生まれる。新たなクリエイティブシェアの可能性を体験してください。

参加料:一般2,000円
学生1,000円

(このツアーの参加費は、各拠点への支援にまわります。)

■申し込み(事前予約必要)

予約フォーム

http://my.formman.com/form/pc/tO39JnvsnWeoZ9Zy/

◇ ◇ ◇

釜ヶ崎芸術大学【哲学】

日時:12月1日(土) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:西川勝

釜ヶ崎芸術大学「哲学」のクラス第二回。どんな授業になるかはあなた次第かも。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

3日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【表現】

日時:12月3日(月) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:喜望の家
講師:岩橋由莉

釜ヶ崎芸術大学「表現」のクラス第二回。集まった人と遊びをとおして出会います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

4日のイベント

手芸部ふたたび!

日時:12月4日(火)14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:カマン!メディアセンター

ボタンつけから雑貨や服のリメイクまで、手芸したい人あつまれ!
みんなで教え合って手芸をしましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

5日のイベント

パソコン教室

日時:12月5日 (水) 18:00~19:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。ぱそこんの先生も募集しています(ボランティアです)。基本的なことが教えられる方ならどなたでも大丈夫です。

◇ ◇ ◇

こどもの里ワークショップから学ぶ

日時:12月5日(水) 17:00~19:00
参加費:無料
講師:北村成美(ダンサー)
集合:16:30頃にココルーム

こどもの里で開催されるクリスマス会での本番に向けて、「くるみ割り人形」をモチーフに、ダンス作品のふりつけを考えていく6回のダンスのワークショップと1回のことばのワークショップ。今回はその第5回目。
ワークの様子を観察し、ワーク後には講師とともに振り返りを行ない、ワークショップの意義やそのファシリテートを学びます。

助成:キリン福祉財団

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

6日のイベント

「うさぎ!」を読む会

日時:12月6日(木) 19:30~
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダー
会場:ココルーム

小沢健二の「うさぎ!」をみんなで読みます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

8日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日時:12月8日(土) 11:00~13:00
参加費:無料
場所:仏現寺公園
講師:上田假奈代

釜ヶ崎芸術大学「詩」のクラス第二回。その場でのやりとりから生まれた言葉で詩をつくります。

◇ ◇ ◇

釜ヶ崎芸術大学【書道】

日時:12月8日(土)14:00~16:00
参加費:無料
場所:仏現寺公園
講師:畑中弄石

釜ヶ崎芸術大学「書道」のクラス第一回。字に上手い、下手はない。自分のこころを伝えられる字を書ければ十分。気軽に参加していただけます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

10日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【表現】

日時:12月10日(月) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:喜望の家
講師:岩橋由莉

釜ヶ崎芸術大学「表現」のクラス第三回。集まった人と遊びをとおして出会います。

◇ ◇ ◇

山王クリスマス夜まわり

日時:12月10日(月) 夜まわり開始20:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
集合:ココルーム

16:00頃~  おむすびなどすこしづつ準備
19:00頃~  みんなでごはん(500円)、ミーティング
20:00すぎ  夜まわり開始
21:00頃   反省会・終了

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

11日のイベント

手芸部ふたたび!

日時:12月11日(火)14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:カマン!メディアセンター

ボタンつけから雑貨や服のリメイクまで、手芸したい人あつまれ!
みんなで教え合って手芸をしましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

12日のイベント

詩の学校

日時:12月12日(水)19:30
参加費:1000円
場所:應典院(おうてんいん)

1回だけの参加もOKです。現在、自主運営方式で開催中筆記用具、ノートか紙を持参してください。
詳細はこちら→http://www.kanayo-net.com/poem_school/

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

14日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日時:12月14日(金) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:上田假奈代

釜ヶ崎芸術大学「詩」のクラス第三回。その場でのやりとりから生まれた言葉で詩をつくります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

15日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【書道】

日時:12月15日(土)14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:畑中弄石

釜ヶ崎芸術大学「書道」のクラス第二回。字に上手い、下手はない。自分のこころを伝えられる字を書ければ十分。気軽に参加していただけます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

17日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【表現】

日時:12月17日(月) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:喜望の家
講師:岩橋由莉

釜ヶ崎芸術大学「表現」のクラス第四回。集まった人と遊びをとおして出会います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

18日のイベント

手芸部ふたたび!

日時:12月18日(火)14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:カマン!メディアセンター

ボタンつけから雑貨や服のリメイクまで、手芸したい人あつまれ!
みんなで教え合って手芸をしましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

19日のイベント

えんがわ健康相談会

日時:12月19日(水) 14:00~15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかり、おくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来て、みんなの相談にのってくださいます。

主 催:特定非営利活動法人 こえとことばとこころの部屋 
助成:2011年度ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

◇ ◇ ◇

パソコン教室

日時:12月19日 (水) 18:00~19:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。ぱそこんの先生も募集しています(ボランティアです)。基本的なことが教えられる方ならどなたでも大丈夫です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

21日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日時:12月21日(金) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:上田假奈代

釜ヶ崎芸術大学「詩」のクラス第四回。その場でのやりとりから生まれた言葉で詩をつくります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

22日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【天文学】

日時:12月22日(土) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成プラザ
講師:尾久土正巳

釜ヶ崎芸術大学「天文学」のクラス第二回。わたしたちが暮らす、宇宙のことを考えます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

23日のイベント

阪井誠一郎 vs 森田和信 クリスマス LIVE‼

日時:12月23日(日)19:00~21:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:ココルーム

あのROBOWのシンガーソングライター阪井誠一郎(ギター、ボーカル)とシェイプUPボーイズのピアノ、チェリー森田の因縁の対決ライブ。
双方2012年の集大成となるよう、全力で挑みます。
フォークシンガーVSブギウギピアノの対決、ところでいったい誰やねん!?という方もご存知の方も、ぜひクリスマス前の夜長、お越し下さいませ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

24日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【表現】

日時:12月24日(月) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成プラザ
講師:岩橋由莉

釜ヶ崎芸術大学「表現」のクラス第五回。集まった人と遊びをとおして出会います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

25日のイベント

手芸部ふたたび!

日時:12月25日(火)14:00~16:00
参加費:無料・カンパ歓迎!
場所:カマン!メディアセンター

ボタンつけから雑貨や服のリメイクまで、手芸したい人あつまれ!
みんなで教え合って手芸をしましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

28日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【詩】

日時:12月28日(金) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:上田假奈代

釜ヶ崎芸術大学「詩」のクラス第五回。その場でのやりとりから生まれた言葉で詩をつくります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

29日のイベント

釜ヶ崎芸術大学【感情】

日時:12月29日(木) 14:00~16:00
参加費:無料
場所:西成市民館
講師:水野阿修羅

釜ヶ崎芸術大学「感情」のクラス第二回。自分の気持ちの扱い方について考えます。

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【感情】第三回

日時:12月29日(土) 14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:水野阿修羅

【スタッフメモから】

感情をうまく扱えない人も多い。学校では感情を押さえつけることを教えられ、自分の感情がわからないという人もいる。まずは自分の感情に気がつくこと。そしてそれの表し方を考える。実際に参加者同士でのワークも行い、自分の感情の変化を伺う。喜怒哀楽。泣きたいときには泣いて、怒るときには、人を傷つけないように怒る。そのためのヒントが授業中にたくさん溢れていた。

 

sSCN_0001 sSCN_0002 sSCN_0003 sSCN_0004

 

sIMGP3405

sIMGP3411

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【詩】第5回

日時:12月28日(金) 14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:上田假奈代

【スタッフメモから】

今回は、ひとりづつ近況報告と、詩の朗読をしたあとに2人二組になって「2012年に感動したはなし」について10分ずつ聞き取りをして詩を作りました。今回は、詩の朗読のときに解説と技法の話が入りました。詩では、擬音語、擬態語のような「オノマトベ」をよくつかう、というはなしなど。

参加者の方も、5回全部参加してくれている人もいて、だんだんとみんな詩のからだになってきて、技法の話もすんなりと入っていくようです。朗読のときには、朗読のコツは「呼吸」である、という話もありました。

これまでは、初めて参加する人も多く、初めての勢いを大事にしている感じがありましたが、5回目と回を重ねたこともあり、より詩について、技法や朗読の方法など深いないようになって来て、また受講生もそのことを自分の中に取り入れて作品をつくって朗読したと思います。

 

 

121228詩第5回1

 

121228詩第5回2

 

 

121228詩第5回3

121228詩第5回4

 

121228詩第5回5

 

121228詩第5回6

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【表現】第六回

 

日時:12月24日(月)14:00~16:00

場所:西成プラザ

講師:岩橋由莉

【スタッフのメモから】

 

今回はまた輪になって話から。クリスマスにちなんで、今まで贈った物やもらった物で印象的なもの、の話をしていく。それぞれに生まれ育った環境などの見える、奥行きのある話が。ぼんやりとしたイメージだけある、というYさんの話を受けて、今の自分の状態を身体で表すというワークへ。二人一組になって、相手の身体で自分を表す。Yさんはゆりさんと組に。ゆりさんはYさんの状態になった気分を語り、Yさんは納得した様子で嬉しそうにしていた。

 

simg061 simg062 simg063 simg064

 

sIMG_2194

sIMG_2199

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩11「ひとりじゃない」

さて、12月8日に寒空の下の釜ヶ崎芸術大学でつくった連詩、これで最後の作品です。明日もまた14時から、西成市民館で詩の授業をひらいています。寒い毎日ですが、あたたかな時間をすごしに、ぜひみなさんもいらしてください〜。

作者:うらがさん・まえださん・さかもとさん・哲さん・しょうゆさん・エミリーパパさん・パールさん・いずみさん・かなよさん・お名前わからない方2名

 

*******
ひとりじゃない



人とおしゃべりをする事が苦手だ
でも、他人の話をきく事は好きだ
人前で話をするのが苦手だ

みあげた空 工事現場のてっぺんで
作業してるけれど
あんな所には登りたくない

天上にのぼるのは いちどだけ
のぼったら もうおりることはできないって
おばあちゃんが言ってた

独りで生きることは一見大変なように思います
人とのつながりを求めたいものです
でも自分の身の回りを見まわすと やるべきことはたくさんあるものです
その中で独りは癒されていきます

人は一人で生まれ一人で死ぬ
それだけではないはずだ
人は出会ってなにかが生まれる

● 越冬闘争プログラム

スケジュールにひきつづき、第43回釜ヶ崎越冬闘争の

パンフレットのデータをいただきました。

こちら、はじめての方でも、ひとつひとつのプログラム単体でも参加できます!!

 

s201212_越冬パンフ s201212_越冬パンフ2 s201212_越冬パンフ2-2 s201212_越冬パンフ3 s201212_越冬パンフ4 s201212_越冬パンフ5

● 第43回越冬スケジュール

第43回越冬闘争の全体スケジュールができあがりました。ココルームは、12月28日三角公園で、越冬突入集会の脇で「星をみる会」、1月2、3日は三角公園ステージで書き初めを行います。

 

<34335F897A937E8358835083578385815B838B2E786C7378>

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【天文学】第二回

日時:12月22日(土) 14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:尾久土正巳

【スタッフメモから】

遠い夜空に浮かぶ星たち。それが私たちの生活に深く関わっているということを、尾久土先生がまじめに面白くお話ししてくださる。「干支」の数え方。クリスマスツリーの一番上にある星のこと。また、一ヶ月前の前回の講義から今回の講義までの間に新しく発見されたことなど。過去の話からタイムリーな話題まで幅広くお話ししてくださった。

 

121222天文学第2回1

121222天文学第2回2

121222天文学第2回3

sIMG_2191

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【詩】第四回

 

日時:12月21日(金) 14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:上田假奈代

【講義ノートメモから】

 

今回は、2人二組になって「地名」と「2012年はどんな年だったか」について10分ずつ聞き取りをして詩を作りました。地名の話をする方が多かったです。思い入れの深い土地の話をするとその人の人となりが現れてくるものです。また、それをどう聞いたのか、どうことばにするのかにも、聞き取った人の人柄がよく現れていると思いました。

 

121221詩第4回1

 

121221詩第4回2

 

sIMGP3296

sIMGP3298

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩10「まんまる」

今夜のココルームは、阪井さんと森田さんのピアノとギターとうたの楽しいライブ。

あたたかな音楽に包まれています。

いま歌われている歌は「朝が嫌いだ」と歌っていて、私も同感。

でも、冬の寒い日の朝の空気はすんでいてとてもとても憧れもします。

さて連詩の続きです。これらの詩の作品、なんと越冬闘争のステージで

朗読発表することになりそうです。1月3日(木)17:30〜17:50ごろ、西成の三角公園です。

 

 

****

まんまる

 

 

寒い寒い コロコロコロ

まん丸まん丸 コロコロコロ

コロコロコロ ころがる ダンゴ虫

 

地球はまるい

でもほんとうは少しだ円形らしい

地球よりもまるいダンゴ虫

 

まるい心は まわりのみんなの心を

寒い体もあたたかくする

 

冬山登山へ のぼりで心はぬくもり

手足はひえたまま

くだりは全身 ぬくもってるかも

 

ダンゴ虫のようにまるくなり

コロコロコロコロ ころがれば

きっと楽しくあったかい

 

まるい心

まるい体

まるい地球

 

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩9「ミーちゃん」

さて今夜もまた連詩です。数えてみたらあとふたつ、ぜんぶで11の作品が生まれていました。

あの短時間、あの寒さのなかで、、こんなにたくさんできたなんて。

 

*****

ミーちゃん

 

 

今日はつめたい日

ねことわたし

 

丸くなりたい

一緒にいたい

ゆっくりしたい

 

さざんかが咲いている

釜ヶ崎公民館

さざんかもかおるのだ

 

冬だもの 寒いのはしょうがない

ならば 寒さを楽しもう

ねことわたし 一緒にいたら あったかい

 

ぜったい ねこも よろこんでいる

 

寒い夜中にトイレに行って帰って部屋にもどった時

このあたたかさを心も体もうれしがっている自分がいる

そんな時にミーちゃんがいたら喜びも最高の気持ちになる

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【詩】第三回

日時:12月14日(土) 14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:上田假奈代

【スタッフメモから】

二人一組で詩をつくるワークショップ「こころのたねとして」。今回は思い出深い人のことを相手から聞き取り、それをもとに詩をつくる。、様々なやり方で重ねられてきた「こたね」だが、この形は初めてとのこと。亡くなった人のことを話す方が多く、自ずからしんみりとした雰囲気が生まれたが、多くの作品ではそれが軽妙な言葉で綴られた。

 

 

simg049 simg050 simg051 simg052

sIMGP3197

sIMGP3208

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【表現】第五回

 

日時:12月17日(月)14:00~16:00

場所:喜望の家

講師:岩橋由莉

【スタッフのメモから】

四回連続で取り組んだ自己紹介は今回なし。身体を動かすワークが行われた。まず思うままに、心地よいように自由に動いてみる。次に、そのちょうどいいポイントを超える動きをしてみる。これが「エッジ」を超えるということ、と由莉さん。その後、複数人で組になって動くワークを何種類も行う。組んだ人の発想によって、自分の発想になかった動きが引き出されていく、これもエッジを超えること、と再び由莉さん。レギュラーの参加者がほとんどだったが、組み合わせによって驚くような表情が見られることがたくさんあった。

 

simg057 simg058 simg059 simg060

sIMGP3265

sIMGP3284

sIMGP3287

● 第43回越冬三角公園ステージスケジュール

今年の年越しの越冬三角公園でのスケジュールです。

1月2日、3日はステージ上で書き初め大会をします。ステージにはココルームのスタッフも出演します。釜ヶ崎芸術大学学生有志も参加予定ですよ〜。(下の画像をクリックすると拡大します)

<3230313231325F897A937E8E4F8A708CF689808376838D834F838983802E786C7378>

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【書道】第二回

日時:12月115日(土) 14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:畑中弄石

【スタッフメモから】

先生が五点ほど漢字とかな混じりの詩のお手本を書いてきてくださり、そのコピーが配られる。それを見ながら書いてゆく。今回は書道を専門にやっている人が使うような、柔らかい筆が配られる。先生のアドバイスを受けながら、皆集中して取り組む。あっという間に2時間が経ち、2時間前の作品とはぜんぜん違った作品が出来上がっていて皆驚いた。静かに充実した時間が過ぎていった。

simg053

simg054

simg055

simg056

sIMGP3235

sIMGP3246

sIMG_2183

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩8「冬とあかり」

今日の連詩もまた、一行目から本当に寒かったことが伝わります

明日もまた、14時から釜ヶ崎芸術大学の詩の授業ひらきます。

 

*****

冬とあかり

 

 

寒いなか ふるえている

手が こごえそう

字が書けない

 

西成の夜はひえる

ねこもさむい

人生60年

 

クリスマスの昼もにぎやかで

夜も人のぬくもりと

イルミネーションに目をうばわれる

 

うばう体温に 生きがいもちぢこまる

 

がんばれ ぼく

がんばれ わたし

笑え 笑え みんなたち

 

12月8日 くもり

雪はまだ降っていない

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩7「寒さの中で」

数日間やわらいでいた寒さが

また帰ってきましたね

みなさん少しでもあたたかくすごせていれば いいなと願う夜です

さて、ひきつづき連詩です


*****
寒さの中で


冬は寒い
寒いはすがすがしい
すがすがしく輝いている

カイロが配られて
こどもが「ヤッホー」と言う
輝くおサルさん アイアイ

車ははしる冬の夜
人生わからん

わかったつもりのやつより
わからないことが わかった方がいい

アイアイ 車に乗って
走る 春の方向へ わからん人生を走る

しかし寒い中考えがまとまらない

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩6「寒い時もあっというま」

釜ヶ崎芸術大学、ほかにもいろんな作品がつくられています。二月の成果発表会では、作品展示もしたいと思っています!

**********

寒い時もあっというま

 

 

寒ければ悲しい その悲しみは人の心になぐさめてもらわなければ

いつまでも悲しい その悲しみはいつまでも自分の心をまよわせてしまう

でも心配はいらない それが生きがいえて通じるものならば

 

今は寒くて悲しみよりつらい

この寒さの中 釜の公園が吠える 生きがい

まけていないぞ この寒さにも

 

あったかい世界に行きたい

でも今はこの寒さとつきあうだけ

 

今日はさむい

12月はもっとさむい

いきがいは おんがくたのしい

 

楽しい時間はあっとゆうま

この寒い冬もあっとゆうまに終るだろう

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【表現】第四回

 

日時:12月10日(月)14:00~16:00

場所:喜望の家

講師:岩橋由莉

【スタッフのメモから】

四回目になるこの日も2時間かけて自己紹介をした。四回連続で参加している方も多く、それぞれにさまざまな変化が見られた。名前とひと言ぐらいしか言うことのなかったMさんは、笑顔を見せながらこの場に参加している気持ちを言葉に。当たり障りのないことを言うようにしているように見えたOさんが、踏み込んだ想いを口にしたり、他の方に反論する場面も。トゲのある発言が多かったTさんは、人との距離のとり方を考えさせられるこの場を貴重に思っていると話してくれた。

 

simg044 simg045 simg046 simg047 simg048

 

sIMGP3194

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩5「はてしない空の旅」

さて今日も連詩、お届けします。

 

********

はてしない空の旅

 

 

南国生まれに大阪の冬は、こたえる

 

春になったら花見に行こう

夏になったら花火をしよう

秋になったら焼き芋やこう

 

先日はいろいろ悩んだけれどやっぱり

人間はたびに出るのが最高だとおもう自分の中のイヤな悩みも消えるから

家にいるより旅に出て気持ちを高めたいから

 

花見に行こう 花火をしよう 焼き芋やこう

南の島にいこう 冬の山にいこう

夢の国にいこう ジャンプ!

 

空に跳ぼう

地の底にもぐろう

我らの希望が在る

 

かなわないとわかっているが

宇宙からきた私は

はるかかなたの宙へもどろう

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩4「今日と云う一日」

釜芸大の参加者によりつくられた連詩です。
一行あけているところで、書き手が次の人に変わっています〜!


*******

今日と云う一日


ユニクロで買った4年前のダウンジャケット
今でもお気に入り
あきしょうの私にはめずらしいかも

冬にはぴったりのダウンジャケット これを着て
今日は楽しいおでかけうれしいな

ユニクロより安い100円のジャケットを着ている

朝起きたら青空がまぶしかった
お昼前に黒い雲がモクモク
ジャガピーにもホッカイロをあげた

今日の食事は何にしようかと思います
自分で作って流し場を綺麗に整えて
食べるのは安らぎのあるものです
身の回りの整理 心の整理をしましょう

私は今書いています 何と言うこともなく
何の意味のないことのようでも、この場所を通して
他の触れ合いをしているのですね

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【詩】第2回

 

日時:12月8日(土)11:00~12:00
場所:仏現寺公園
講師:上田假奈代

【スタッフのメモから】

 

この回は、参加者の方と「連詩」をつくりました。テーマをきめて「寒い」「生き甲斐」。このテーマに沿ってオレンジの画用紙に3行づつ詩を書いていく。一度集めて配り、他の人の3行の後の言葉を連ねていく。5回繰り返して、詩を作り、最期の3行を書いた人がタイトルを決めて朗読。曇りで太陽もなく、厳しい風の中でのつらい作業でしたが、できた詩は寒さで神経が研ぎすまされたかのようにすばらしいものでした。

 

simg040

simg041

sIMGP3170

sIMGP3155

sIMGP3163 

 

 

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩3「出発!」

みなさん雪などで困られていませんか。

今夜も、釜芸大でつくった連詩を紹介します。

***
出発!

 

冬は寒いけど便利なこともあります。

それは食物が腐らないことです 夏はそのことで失敗ばかりしています

先日スーパーで

 

マルタイの棒ラーメンを買いました

家に帰って食べました

前に食べた時より、おいしくありませんでした

 

寒い時のあたたかい食事は心をなごませる

 

あなたは好きな食べものが好きなだけ食えるから

俺から見たらほんとうに幸せでしかたがない

俺は今病にかかって食べものがせいげんされている あなたは幸せだ

 

食べものが食べられる幸せ 腐らない幸せ

幸せだと思える幸せ あたたかい幸せ

幸せはスーパーで買えそうにないけど

今日もでかけます

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩2「ひえる夜」

昨日に続いて、釜ヶ崎芸術大学の詩の授業の中でつくられた作品です。

****

ひえる夜

鼻の先がすうすうとする曇り空の北公園で
生きがい生きがいととなえてみてもなお
寒い 生きがいを火にくべてみたい

たき火に当れば かじかむ指も
解けてするする 動き出す
生きがいもするする 動き出す

生きがい 生きがい 生きがい
生きがいって 何だろう
生きがいって どこにある

さむい三角公園
さむい四角公園

仏現寺公園は四角
まるい公園はどこにある?

夜はよくひえる
ねこがかえってこない

● 12月の句会〜あたたかい句できました

7日には句会を開催しました。はじめて参加してくれた方もいらっしゃって、

5,7,5と指折り数えながら、「それは長すぎるよ!」とつっこみ合いながら、

にぎやかな俳句の時間になりました。ゆ


******

にゃにゃ
お家ではこたつがあってあったかい
川ごえはときどきゆきがつもるんだ
お魚は水の中でもさむくない?
のらねこはさむいよ冬はとってもね
ココルームやっとストーブきましたよ

かなよ
イノシシの鍋に嘘つきひとつまみ
拒んでもかす汁の前で過去未来
来た道も575のドテラ着て笑う

裕湖
日記買うはじめはきれいに字をかくよ
この先に何を待つのか日記買う

ふじわら
たこが好きいかも好きだしかにも好き
海の幸みそ汁のあじ母のあじ
さみしさもレンジにかける蟹うまし
ランドセル背負われている姪御かな

パール
顔をみれずマスクでかくす君のえみ

こて
かきなべをつくる片手間いもを焼く

ネイスン
O den ta be Ni hon da ke de su Jyu ni ga tsu
Ka ni u mai go mi ba ko ku sai oka ne nai

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【書道】第一回

日時:12月8日(土)14:00~16:00
場所:えんがわ茶屋こころぎ
講師:畑中弄石

【スタッフのメモから】

畑中先生が書についてお話されてから、先生のお手本を見ながらさっそく皆で書いてみる。四種類の違った書体で四回。先生からアドバイスをいただきながら書いていくうちに、みな筆の運びが軽やかになっていく。書にも個性が出てきて、「人の顔みたい」という参加者の声も。「短時間でもアドバイスを受け、人と見せ合いながら書けば大きく変わる」と先生。今回は「空」の一文字だったが、次回は言葉を書く予定。

simg042 simg043

sIMGP3176

sIMGP3183

● 釜ヶ崎芸術大学【詩】第二回/連詩1「冬の散歩道」

 

今日の釜ヶ崎芸術大学、かなよさんの詩の授業では連詩という手法で詩をつくりました

参加者10数名で、三行ずつ書いては隣の人にまわすという手法。

今回のテーマは「寒い」と「生き甲斐」。

萩之茶屋文化祭が開催されていた仏現寺公園での開催。

寒さで凍えて、修行のような時間でしたが、寒さのせいで余念がふっとんだのか、

すごい連詩が生まれました。もったいないので、小出しに紹介します。まずひとつめ。ゆ


*****

冬の散歩道

 

風がふいている

カラオケが聞こえる中で

青空教室になってしまった

 

毎日毎日過ぎてゆく中でたいくつな時間が多すぎる

そんな時間に悩まされ続けている俺はこの時間をやり過ごすことが

あまりとくいではない そんな時には気が落ち込む

 

先日冬の散歩をしました イチョウが光を浴びて

気持ちも静まったように思いました 独りの散歩も

よいものです 寒さも他に集中するものがあると 薄らぐようです

 

たまに遠い昔のいなかのことをおもいだす時がある

そんなおもいにとらわれた時にはなつかしい心と

もうとりかえしがつかないむなしい心がまぜあわさった心になる

 

子供のころよく行った祖父のくに

ながらくごぶさたしてますが

近々行きたいな

 

とりとめもない考えが次々うかんで消えていく

寒い冬の散歩道

こんな散歩もいいものだ 寒い冬もいいものだ

 

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【表現】第三回

日時:12月3日(月)14:00~16:00
場所:喜望の家
講師:岩橋由莉

【スタッフのメモから】

今回も輪になって自己紹介から。自己紹介の時間が大好きだと由莉。「みなさんがいろんなことを考えてるのがわかるんです。いつ話そうか、何を話そうか、ウケた人の後はやりづらいな、とか。」自己紹介を回しているだけの90分だったが、人の話に反応してさまざまな話が派生し、円の中で複雑に思いが行き交って小さなドラマが無数に生まれていた。

 

 

simg035 simg036 simg038 simg039

 

sIMGP3102

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【哲学】第二回

日時:12月1日(土)14:00~16:00
場所:西成市民館
講師:西川勝

【スタッフのメモから】

まず西川先生が『シーシュポスの神話』を、解説を加えながら朗読。そのあとで内容について自由に議論をしていく。参加者同士で白熱した議論が行われ、ポイントポイントで先生が整理する。前回は哲学史の求める方が多かったが、今回は議論の入口に時間をかけることで考え合う場になっていった。

img032 img033 img034

sIMG_2171

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【詩】第一回

日時:11月30日(金)14:00~16:00
場所:西成市民館
講師:上田假奈代

【スタッフのメモから】

いままでも釜ヶ崎で重ねてきた「こころのたねとして」を行う。二人一組になり、相手についての詩をつくり、声に出してプレゼントするワークショップ。今回は10分間相手の顔を見つめて感じたことから詩をつくる「似顔絵詩」。毎回のことだが、普段書きものをしない人が短時間で情感のこもった詩をつくってしまうことに驚かされる。参加者からの「詩とは何なのか」という質問に假奈代さんがこたえ、詩の歴史と現在についての授業にもなった。

img028 img029 img030 img031

 

sIMGP3058

sIMGP3060

 

sIMGP3067

 

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【感情】第一回

日時:2012年11月23日(金)

場所:西成プラザ

講師:水野 阿修羅

【スタッフのメモから】

最初に喜怒哀楽の文字をホワイトボードに書かれる。それを基にして、男女の感情表現の違いについてお話くださる。特に男性の場合の「努」の感情の表し方、又、押さえ込み方について、そして、感情を上手くコントロールできなかった際のアルコールなどへの依存の流れについてお話してくださった。一日の感情の起伏とその理由をグラフに書き記すというのもみんなでやった。またそれはこれまでの人生にも置き換えて書くこともでき、自分が何にどう感じているのかを知るための手掛かりとなる。感情という目に見えにくいものを可視化したり、言語化しにくいことをわかりやすく言語化する、とても良い時間だった。

 

img016 img017 img018 img019

sIMGP3026

● 釜ヶ崎芸術大学講義録【天文学】第一回

日時:2012年12月22日(木)

場所:西成プラザ

講師:高橋 隼

【スタッフのメモから】

高橋先生の自己紹介から始まる。プロジェクターを使っての講義。あるソフトを使って、地球から少しずつ離れていく様子を映し出す。その美しい映像に、受講者からため息がこぼれる。20時に一度休憩を取るための時間と、質問を受け付ける時間を設けるが、質問が続き、先生は休憩できず。受講者の関心の高さと、熱心さが伺えた。終盤、今、高橋先生が抱えておられる課題をお話ししてくださる。「天文学を通してどう社会と関われるか」ということで、福祉施設に勤めていたという経緯のある高橋先生だからこその考えだと感じた。

img012 img013 img014 img015

sIMGP3022

sIMGP3018

このページのトップへ