イベント情報

日記

作品&プロジェクト

2011年9月の記事

● 9月のココルーム、カマメのイベント・スケジュール

たそがれコンサート

本日のコンサートは中止となりました

日時:9月1日(木)18:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:ココルーム集合

淀川工科高校吹奏楽部によるコンサートを三角公園に見に行きます。ココルーム集合。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アートと人類学の勉強会

日時:9月3日(土)18:30
参加費:無料・カンパ歓迎

劇作家 岸井大輔さんと一緒に、クレア・ビショップ(星野太訳)の「敵対と関係性の美学」(『表象05ネゴシエーションとしてのアート』2011、表象文化論学会編)をテキストとして、勉強会をします。

テキストは、ココルームにありますので、岡本までお問い合わせください。

事前に目をとおして参加がベターですが、そうでなくても参加可。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎まちあるき

日時:9月4日(日)14:00
参加費:1000円/1時間半(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)
場所:ココルーム集合

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードの ある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感 じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

夏のカレー アツカン公開勉強会
第四回『みんなで考えた大阪のアーツカウンシル妄想の分類』

日時:9月6日(火)12:00
参加費:カレー500円+カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋こころぎ

カレーを食べながら大阪の文化政策について考えます。アツカンとはアーツカウンシルのこと。カレーは500円、えんがわ茶屋こころぎにて。
詳細はこちら→ http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/post-1245.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こころのたねとして 詩づくり

日時:9月6日(火)19:00
場所:カマン!メディアセンター

その日、カマン!に居合わせたさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ぱそこん教室

日時:9月7日(水)18:30
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎句会

日時:9月9日(金)15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋こころぎ

九月の季語は 「稲雀(いなすずめ)・月見・秋の空」です。えんがわ茶屋こころぎでおこないます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カフェ放送てれれ上映会

日時:9月13日(火)16:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

市民メディア・てれれの映像をみんなで見ておしゃべりします。参加費500円。
詳細はこちら→ http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/post-1245.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

夏のカレー アツカン公開勉強会
第五回『政策提言にむけた話し合い』

日時:9月13日(火)16:00
参加費:カレー500円+カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋こころぎ

カレーを食べながら大阪の文化政策について考えます。カレーは500円、えんがわ茶屋こころぎにて。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フェルデンクライス・メソッド 「動きながら気づく」

日時:9月14日(水)15:30~
参加費:無料(カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋 こころぎ
(大阪市西成区萩之茶屋2-7-7  支援ハウス路木1階)
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。

体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

詩の学校

日時:9月14日(火)19:30
参加費:1000円
場所:應典院(おうてんいん)

1回だけの参加もOKです。現在、自主運営方式で開催中筆記用具、ノートか紙を持参してください。
詳細はこちら→http://www.kanayo-net.com/poem_school/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

原発ジプシーを読む会

日時:9月15日(木)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

堀江邦夫『原発ジプシー』(現代書館、初版1979年)をみんなでよみます。
七月の読書会では、通りがかりのおっちゃんで、原発労働経験のあるかたが、お話を聞かせてくれました。はたまた通りすがりのおばちゃんは、広島の原爆の記 憶、自身の呉市での空襲被災、負傷、障がいをおった経験、そして罹災の記憶を食い縛った歯の奥、胸の底にこらえ、動かない片腕を抱え差別のまなざしに耐え て生きた戦後の半生を、語ってくれました。 釜ヶ崎の「えんがわ」はどんな予断もゆるしません。でもだからこそ、底無しに豊饒です。そんな場所で、『原発ジプシー』読みましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分ガタリの会vol.10 サタケレコードさん

日時:9月16日(金)19:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

大好評だった自分ガタリの会が復活。詩の学校がきっかけでココルームに顔を出すようになったサタケさんが語ってくれます。

*サタケレコードさんについて…

古書とクラシックCDの店 サタケレコード 佐竹昭彦(29歳)
CD屋をやっています。僭越ながら今回、自分の人生と仕事について語らせて頂きます。その前に簡単な自己紹介。生まれも育ちも大阪市。三男坊。父からは「三男じゃなくて、災難じゃ、お前は!」とネタにされ、育つ。高校時代、無期停学三回、高校設立100年以来、空前絶後のダメ生徒と呼ばれる。校長から。(詳細は当日!)。中学二年の頃から芸術は爆発だから人生も爆発だと思い、常軌から離れ、大学時代に鬱病と診断され、いろいろ活動して、復活。哲学科卒。社会人となるが、リストラなどで3度の転職。不景気、リーマンショック、就職氷河期のトルプルパンチで、サラリーマン生活を終える。その後、地下酒場「阿留酎(あるちゅう)」や布施のパソコン塾「寺子屋」で修行。そんな人。当日は質疑応答何でもあり、気楽にどうぞ。現在は精神病院に勤務しつつ、クラシック音楽のCDをAmazonで販売中。 サタケレコード:http://www.amazon.co.jp/shops/A27VZHDYUZ38QG

*自分ガタリの会とは…

パブリックスペースカマン!メディアセンターにて、1人の人の人生をその人自身に語ってもらうという、プライベートとパブリックがダイナミックにせめぎ合う 会。いろんな人の生きてきたお話を聞くと、自分の生きる参考になったり、こんな人もいるんだ…と励みになったり、その人のことを改めてすきになったり、その人にすこし近付けたような気になったりする。でも、ゆっくり聞くタイミングがなかなかない。仕事でいそ がしかったり、きっかけがなかったり。そんな中、思いっきりプライベートな話を「聞く」 という時間をこの際つくってみよう!ということでやっていきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こころのたねとして 詩づくり

日時:9月17日(土)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

その日、カマン!に居合わせたさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜っぷ

日時:9月18日(日)15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター集合

釜ヶ崎とその周辺地域を歩き、魅力を地図にしてきた企画。この日はこれまでに集めた情報を整理します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマン!TVを見る会

日時:9月19日(月)13:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

毎度おなじみ!アサダワタルさんの操る街頭テレビをわいわい見ます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カルタづくりに挑戦

日時:9月20日(火)15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

気軽にカルタの絵を考えます。お正月めざしてカルタづくり。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

えんがわ健康相談会

日時:9月21日(水)14:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかりおくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来てくださいます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ぱそこん教室

日時:9月21日(水)18:30
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ゆるせつ会

日時:9月24日(土)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

カマメやココルームをどんな場所にして行きたいか、皆で知恵をしぼります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

OCA!しげやんダンスワークショップ

日時:9月25日(日)15:30
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:こどもの里

こどもの里にて、こどもたちとともにワークショップを体験します。
詳細はこちら→http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/oca-npoin.html

北村成美(ダンサー・振付家)
6歳でバレエを始め、ロンドンにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。モットーは「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」。平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。全国各地でご当地ダンサーズを結成、その拠点として「草津ダンス道場」を開く。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フェルデンクライス・メソッド 「動きながら気づく」

日時:9月27日(火)14:00~
参加費:無料(カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋 こころぎ
(大阪市西成区萩之茶屋2-7-7  支援ハウス路木1階)
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。

体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

路上文学賞を狙おう

日時:9月27日(火)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

第二回路上文学賞の作品が募集されています。カマメでも、応募作品をつくる機会をつくることにしました。この日参加できない方でも、我こそはという方は是非応募してみてください。

**(以下募集案内より)

「路上文学賞」とは全国の路上生活者(ホームレス)を対象にした文学賞です。受賞作を含めた応募作品はさまざまな媒体を通じて発表する事を予定しています。「文学賞」ですから、選者の作家・星野智幸氏には、あくまでも「文学作品」として正面から選考していただきます。もちろん、各賞には賞金も出ます。
読めればどんな紙でも大丈夫です。皆様ふるってご参加ください!

応募資格のある方は、広い意味でホームレス状態にある方。野宿の方はもちろん、ネットカフェやドヤなどで寝ている方、生活保護寮や自立支援寮などに入っている方も含まれます。詳しくは後ほど応募要項へのリンクを張りますのでそちらをご覧ください。

<賞金>
文学部門
大賞 5万円(1名)
佳作    1万円(1名)
川柳部門
大賞    1万円(1名)
佳作    3千円(1名)
※ほかにも各賞を用意しています。

<応募期間>
2011年9月1日~9月30日(必着)

<応募方法>
郵送、持ち込み、メール、いずれかの方法
※応募原稿に名前(ペンネーム可)を記載する事
(郵送、持ち込み)
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5シンカイビル201号室
「ビッグイシュー基金」担当     瀬名波まで
(メール)
ro_bun@hotmail.co.jp 担当 丸山まで

もっと詳しく知りたい方は以下
https://twitter.com/#!/ro_bun

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「うさぎ」を読む会

日時:9月29日(木)19:00
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。
場所:ココルーム

小沢健二さんのテキストを読みます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

手芸部

日時:9月30日(金)15:00~
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

自由にちくちくする時間です。布・針・糸はカマメにもありますが、縫いたい物がある人はご持参ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

工作の日

日時:毎週月曜日
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

こどももおとなもおじいさんもおばあさんもひまなじかんをひまつぶし!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

● 9月も終わりですね

猫君と店内

毎日みるこの風景。猫君ブログをはじめた猫君。

ちらし訂正シール

OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラムのちらし、16日の会場が應典院に変更になったため、訂正のシール貼りです。

うれしい桔梗

登さんが持って来てくれた桔梗の花。緑があるのは嬉しいです。おっちゃんぶろぐによると言葉は気品、誠実、だとか。

デスクの前の窓口

デスクの前の窓を開けるのが好きなのですが、時にここは窓口のようになります…こんな調子で…デスクワークできません。笑

ぶたさんの職業はコック

バザーの番をしてくれているおかやまさん、暇だというので、絵をかく道具を渡したら…ぶた!このぶたさんの職業はコックらしい。

バザーやってるよ

バザーは最近こんな感じです。安いです。おうちで持て余してるもの、よければお持ちください。(売上げは基本的にはカマメの運営資金にさせていただいています。)

岡山さんと散歩

夜はこころのたねとしての作品作りのために、舞踏家・佐久間新さんがおかやまさんの聞取りにきてくれました。飛田〜阿倍野〜山王と二時間コースのおかやまさん散歩。作品は10/14の公演にて、発表します。さてどんな作品になるか。

10/14〜16 OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラム 予約を受け付けています! http://arts-npo.org/artnpoforum.html この企画のことも語らなければ…!

● センター近くの、花屋BONで買った花、こころぎに飾った。みんな、な ごもう〜

110927_1214~01.jpg

家には、さぼてんを、飾る、家のめだかが、死んだ。丸三年、生きてた。俺がいない時でも、しっかり留守番、してくれたのになあ

俺が、帰ったから安心したのかなあ、でも、俺みたいな生き物とよく、三年間くらして、くれてありがとうなむあみだぶつ

カマメに行き、みんなと
OCAのビラに、訂正の
シールを貼った、カマメで、一年以上前に、同じようなことをしたのを思いだした、その時の、仲間は今は、もう誰も居ない、

一年半足らずで、自分しか居ないなんて、か。その時の仲間たちは、新たな己の未来の夢に 向かい旅立った、

音楽を目指す者、東日本の震災で苦しむ人への支援

それぞれの道に光りがあたり、明るく照らしてくれるように、祈りつつ、出来ることは、応援したい。

俺は、釜で暮らし、生きて行く。この道は、俺がえらんだ道だ。

カマメのゆうこちゃんに
桔梗の花をプレゼント

花言葉、誠実 、気品
あとは、路上大賞の、文章が、どうしても書きたくて、カマメを後にし、
秋風を背に感じながら、家路にひたすらかえる。

● 工作の日

日時:毎週火曜日
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

こどももおとなもおじいさんもおばあさんもひまなじかんをひまつぶし!

● フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月26日(水) 14:00
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

● OCA!しげやんダンスワークショップ

日時:10月23日(日) 15:30〜18:30
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:こどもの里

こどもの里にて、こどもたちとともにワークショップを体験します。
詳細はこちら→http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/oca-npoin.html

北村成美(ダンサー・振付家)
6歳でバレエを始め、ロンドンにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。モットーは「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」。平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。全国各地でご当地ダンサーズを結成、その拠点として「草津ダンス道場」を開く。

● カマメ映画祭プレ上映会

日時:10月20日(木) 16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

3分間の映像を撮って持ち寄ります。是非この日までに3分間の映像を撮ってみませんか。カマメのビデオカメラ使用もご相談に乗ります。今回は特に編集なしで、一本取りでやってみようとおもいます。作品持って来てくださる方は、ちゃんと上映できるか試してみますので15:00集合でお願いします。

● ぱそこん教室

日時:10月19日(水) 18:30〜20:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

● フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月19日(水) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

● えんがわ健康相談会

日時:10月19日(水) 14:00〜15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかりおくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来てくださいます。

● カルタづくりに挑戦

日時:10月18日(火) 15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

みんなで考えた言葉に合わせ、カルタの絵を考えます。お正月めざしてカルタづくり。

● 全国アートNPOフォーラム2日目

日時:2011年10月16日(日) 10:00~18:00
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込
会場:應典院本堂ホール

<タイムスケジュール>
09:30 受付開始
10:00 クロストーク「震災とアート、自治」
対談:中川幾郎×新川達郎
阪神淡路と東日本と2つの大震災の経験をもとに、
自治とアートを巡る環境の変化に視点を向け、
表現と地域ガバナンスの未来を展望します
12:00 休憩
13:30 トーク「NPOのキャパシティビルディング」金村俊治
社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくために、
NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)について、
ワークショップを交えて深めます
14:30 休憩
15:00 全体フォーラム「震災とアートNPO、これからの社会へ ~自治を再発明する」
17:30 おわりに
18:00 終了予定

※詳細はこちら http://bit.ly/r35K9r

● 全国アートNPOフォーラム1日目

日時:2011年10月15日(土) 13:30~18:30
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込
会場:大阪市立大学 西成プラザ

<タイムスケジュール>
釜ヶ崎をあるく(まち歩き)
(10:30ココルーム集合/参加費別途500円/昼食代別途/要予約限定20名)
13:00 受付開始
13:30 はじめに
13:45 大阪の事例報告|OCA!をふりかえって、それでね 上田假奈代
14:30 休憩
14:45 OCA!&全国アートNPOフォーラムin大阪|「芸術文化で自治、創造するねん。」
自治をキーワードに、参加者の皆さんとともに、
大阪の芸術文化のこれまでとこれからを考えます
ミニトーク(15分×3本)をはさみます
トーク1「エエ線いってた!? 大阪の文化政策」 吉澤弥生
トーク2「大阪市立近代美術館がめざす、あたらしい美術館のカタチ」 菅谷富夫
トーク3「大阪でアーツカウンシルをつくる会による、政策提言」 山口洋典
18:15 おわりに
18:30 終了予定

※詳細はこちら http://bit.ly/r35K9r

● OCA!シンポジウム

日時:10月14日(金) 13:00~16:15
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込
会場:飛田会館

<タイムスケジュール>
12:30 開場
13:00 はじめに
13:10 公演|こころのたねとして2011 釜ヶ崎・飛田・山王 詩の朗読
釜ヶ崎・飛田・山王に暮らすひと、足を運ぶひと。
人生についての聞きとりから生まれた詩を、作者の声で朗読します
朗読:谷川俊太郎、SHINGO☆西成、岩淵拓郎、佐久間新、岩橋由莉、
kit garchow、上田假奈代、植田裕子、岡本マサヒロ、
地域の人々・こたねワークショップ参加者、ほか
14:10 休憩
14:25 シンポジウム|ここで出会う、出会いなおす
自分たちの手で自分たちの言葉や暮らしを紡ぐことについて、
考えるためのシンポジウムです
谷川俊太郎×平田オリザ×栗原彬
16:00 おわりに
16:15 終了予定

※詳細はこちら http://bit.ly/r35K9r

● 詩の学校 應典院 自主運営方式で開催中です

日時:10月12日(水)19:30~21:30 1回だけの参加もOK
参加料:1000円 参加定員:15名
筆記用具、ノートか紙を持参のこと
お問い合せ・参加申込み:info@cocoroom.org
共催:應典院【オウテンイン】 大蓮寺

● フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月12日(水) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

● 釜っぷ

日時:10月9日(日) 15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎とその周辺地域を歩き、魅力を地図にしてきたこの企画。 http://bit.ly/ohUKO4 前回に引き続き、これまでに集めた情報を整理します。

● カマメココルームのうたづくり

日時:10月9日(日) 13:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

カマメ、ココルームをテーマにうたを作りたいという声があり…つくってみようとおもいます。が、どうやってつくるのか。まずは歌詞からでしょうか。

● シェイプUPボーイズ/アコースティックライブ

日時:10月8日(土) 19:00
参加費:投げ銭
場所:ココルーム

生ギターとピアノと歌で演奏する2人組バンド。スタイルはブギウギピアノとフォークとの融合!といえば大げさですが、とにかく皆さんと楽しい時間が過ごせたらと思っています。全曲オリジナルです。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

● 釜ヶ崎まちあるき

日時:10月8日(土) 14:00
参加費:1,000円/1時間半(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)
場所:ココルーム集合

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードの ある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。

● カマメの棚整理の日

日時:10月6日(木) 14:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

ゆるせつ会(ゆるやかだけど切実にカマメのことを考える会)で、カマメの棚を整理しようということになりました。初めての方のお手伝いも大歓迎です。

● 9/28水曜日ニャ〜


9・28水曜日ニャ〜。11時半頃、アイスコ−ヒ−を飲みに3人来たニャ〜。12時頃、紫蘇ジュ−スを飲みに来たお客さんが居たニャ〜。その時に、大阪の映画のちらし(パンフレット)を配っている人が来たニャ〜。12時半頃、飲み友が来たニャ〜。賄いは鶏肉と野菜の和え物ニャ〜。何時も来る飲み友達はかばさんと呼ばれているらしいニャ〜。今日はス−玉(ス−パ−玉出)へ行かニャいで良くニャったニャ〜。ニャぜかというと良く掃除をしてくれる人が差し入れとして、太巻き2切れを2人にくれたからニャ〜。5時少し前に、カレ−ライスとハ−トランドを別々に頼んだお客さんが居たニャ〜。ハ−トランドの方は3人で飲み出したニャ〜。その3人は、つまみとしてウインニャ〜ともう2本

ハ−トランドを追加したニャ〜。アイスコ−ヒ−を頼んだお客さんが居たニャ〜。かばさんは今59才

で、来年60才にニャるらしいニャ〜。今、かばさんは、本を見ニャがら笛を吹いているニャ〜。

今日の名言ニャ〜。豆を食べて豆に動くニャ〜。

● ぱそこん教室

日時:10月5日(水) 18:30〜20:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

● フェルデンクライス・メソッド「動きながら気づく」

日時:10月5日(水) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
会場:えんがわ茶屋 こころぎ
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
講師:小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

● こころのたねとして 詩づくり

日時:10月2日(日) 16:00~
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

その日、カマン!に居合わせたさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

● 「OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラムin大阪」の看板づくり

日時:10月2日(日) 14:00〜
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

10/14〜16開催のシンポジウム&フォーラムに必要な看板やサインをみんなでつくります!

● 自分ガタリの会vlo.11 石川さん

日時:10月1日(土) 19:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター
自分ガタリの会にココルーム常連の石川さんが満を持して登場です。果たしてどんなことを語ってくれるのでしょうか…!

*石川さんより少しだけ自己紹介…
元けいばチャンピオン
ことしの12月25日あさかぜといんたいする。
元高広せいほんエース。いい君とともだち。
きくち、やまざきとしゅうしょくしたい(ハマムラ)
とうきょうしんしつしたい。

*自分ガタリの会とは…
パブリックスペースカマン!メディアセンターにて、1人の人の人生をその人自身に語ってもらうという、プライベートとパブリックがダイナミックにせめぎ合う会。いろんな人の生きてきたお話を聞くと、自分の生きる参考になったり、こんな人もいるんだ…と励みになったり、その人のことを改めてすきになったり、その人にすこし近付けたような気になったりする。でも、ゆっくり聞くタイミングがなかなかない。仕事でいそがしかったり、きっかけがなかったり。そんな中、思いっきりプライベートな話を「聞く」という時間をこの際つくってみよう!ということでやっていきます。

● こころぎ、カレー作る日 映画を、福田くんと見に行く、ゲストト ークを監督とやった

110928_1120~01.jpg

こころぎでカレーの具、玉葱、ジャガ芋、人参を切る寺川くんが講師だ、ここでやると楽しくていいなあ。
釜ボコバンドの、料理会もここがいいんじゃない?
いいなあ。

今度はは鍋会だ、10月5日作るぞ、

映画、野田駅でおり、福田くんと行く。由美ちゃんが待っていた、監督と話してから、ノモンハンを見た、1939年の事件の、背景
被差別の問題を絡め、弱者に詰めよる、権力者、
釜が崎でも、差別に状じてやる、権力者がいる。本当に、いまは、前が見えない人間関係。信じるしかない
自分が孤独だと、感じたことのないひとは、人を愛せない。。
釜の日雇い労働者の現状を話した、今の俺は釜で生きてる自分が、好きだ。釜の日雇い労働者の為なら、やれる。何故なら、自分自身が同じ立場の日雇い労働者だから。逃げることもない、
もっと、違った生き様があるだろう、と言われた時は、今を、生きてる俺が好きいろんな出会いが、今だから

● 9/27火曜日ニャ〜。

IMGP2363.JPG

9・27火曜日ニャ〜。今日は、PCの調子が悪くて午前中はお休みニャ〜。原因はコンセント(電源)

ニャ〜。賄いは、カレ−ライスニャ〜。2時から3時迄、こころぎでフェルデンクライス?と言うダンス

(運動)をしたニャ〜。5時半に、ハ−トランドを頼んだお客さんが居たニャ〜。

今日の名言ニャ〜。キノコがいキノコったニャ〜。

 

● こころぎのイベント、こてがわさんのフェルデンクライス教室に初めて参 加した、ほぐれたなあ

110927_1224~01.jpg

寝転んでの、ゴロゴロ体操だ、参加したのは、俺一人、見学する人、二人

30分ぐらい足を動かしたりして、ちょっと汗ばんだ、起き上がり、歩いて見ると身体が柔らかくなった感じだ。

気持ちがほぐれた、やらなければ解らないもんだ、

深まりゆく秋の丘の公園に行きたくなり、足を運んだここは、緑もあり、俺の安堵の場所だ

小学生も学校が、終わり遊びに来ていた、
自分の今の心境をノートに書き殴ったり、俳句を詠んだりした、

人との出会いが、たとえ、それが苦痛や悲哀を、伴っても生きてる、何よりの証しだと、思える自分になりつつある、

自分でも、判らないけど、自分自身の心で感じて、自分が謙虚なり、いとしいと思えるようになった、

今までは自分を嫌いで自虐的、自暴自棄な態度してたのが、嘘の、ようだ

初めてなんだ、こんなに、自分に素直に真向きになれたのは、人間にしかない、あふれでる思い、他者の苦しみを感じて心が痛む自分がいる。震災に遭って

小さいわが子の前で、津波に呑まれた母親、それを、なすすべもなく、茫然と見ていた、仙台の男性の話しを

ラジオで聴いた、場面が浮かび、自然の脅威の前には、人間は、何をもって立ち向かえるのか。

それを、見ていた、小さい子の気持ちを考えると、俺も、一緒に、泣いてやることぐらいしか出来ない、自分の無力感、ああ、でも、その子に強く生きてほしい
いとおしい、守らなければならない、人の命、誰の命も、同じ、自分の命も大事
東日本の仲間たち、生きてください。

同じかけがえのない大切な命、自分も大切に生きていきます。

公園で詠んだ句
紅葉が、心に眩し、澄んだ空

● 9・26月曜日ニャ〜。

 

9・26月曜日ニャ〜。朝、9時に、こころぎへ行って、麦茶を飲んだニャ〜。10時にココル−ムへ来たニャ〜。11時頃、紫蘇ジュ−スを飲みに来たお客さんが居たニャ〜。12時半に、街歩きというイベントがあるらしくて、早めに賄いを食べるらしいニャ〜。12時頃、昼飯を食べに来たお客さんが居たニャ〜。その後、バリコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。12時45分に、街歩きに出かけたニャ〜。2時頃、ホットコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。賄いは手羽先と玉葱と人参の入ったス−プニャ〜。3時に、遅めの昼飯を食べているお客さんが居たニャ〜。3時半に、紫蘇ジュ−スを頼んだお客さんは、お金を細かくする為に、何処かへ行ったニャ〜。5時に、キリンの小瓶を2本も飲んでいるお客さんが居たニャ〜。5時半頃、寒いのでホットミルクを頼んだお客さんが居たニャ〜。こころぎのコ−ヒ−チケットを印刷したニャ〜。今日の夜の賄いはキノコたっぷりの茸鍋ら

しいニャ〜。夜の7時頃、食べるらしくて、忙しく準備をしていたニャ〜。

今日の名言ニャ〜。ちらしでも作ろうよ〜。そんな物は蹴散らせニャ〜。

● 9/25日曜日ニャ〜。


9・25日曜日ニャ〜。10時頃来たら、もう開いていたニャ〜。昼頃、ホットコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。賄いはカレ−ニャ〜。昨日の続きニャ〜。帰ろうという事にニャり、11時頃帰って来たニャ〜。という事で、終わりニャ〜。1時半頃、アイスコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。5時半頃、オ−ニャ〜のだんニャさんが500円もする栗の焼酎を飲み出したニャ〜。それを見て、飲みたくニャり500円払って飲むニャ〜。氷が入っている為、冷たくて美味しいニャ〜。又、

今日も、飲み過ぎるかもニャ〜。6時頃、腹が減ったらしくて、カレ−ライスを美味しそうに食べて居たニャ〜。ニャ〜。そろそろ帰る時間が近づいたニャ〜。最近は、随分寒い日?が増えたニャ〜。

今日の名言ニャ〜。たまには走ろうよ〜。う〜んどう〜しよ〜。

● 映画、観に行く、タブーに挑戦の熱い思いの映画だった、創ったものだけ ど心情が伝わる

110918_1112~01.jpg

北朝鮮に拉致された家族
を救出する自衛隊、特殊部隊。映画が終わり、監督とのディスカッション

釜が崎の現状を話した、知り合いのKさんがこの映画に出ていた、監督さん曰く、
弱者を捉えた形のアピール利益度外視しでやってる、
監督さん自ら、映像を廻す、
右とか左でなく、弱い立場の人を、なぜ、差別があるのか、人間の、本質のなかに誰しも持ってる、優越感、例えば、イケメンに憧れる女性、可愛い女を好む男、
外見で判断する、人間の本能、大事なのは、中身、気持ち何だけどなあ。今を生きてる姿勢、カッコ悪くても、自分の為に

人の事も同じように大切に出来る人何だけどなあ

自分にされて、嫌な事は相手も、嫌な筈だ、一歩前向きに、俺は、辞めた。

自分自身と、初めて向かいあった、悪い面含め、今までの、歩いて来た人生を振り返った、人の気持ちを、無視して傷つけた事、数え切れないほどある、

こんな自分が嫌で変えたかった、人間は変わらないという人も要るけど、俺は、変われた、変われた大きな意味、

自分の中の良心があった、俺は、人間が創りだした神様とかは信じない

でも、故郷で、山、小川、満天の星を観ながら、自然のなかで

中学生までを過ごした、この自然の恵み、たくましさ、かけがえのないものと、思ってるんだ、

言いたいのは、自分の生まれてきた、地球という星が、大好きなんだ、。

地球に生きてるって楽しい地球を大切にしたい、

放射能はいらない、

話しがそれたが、変われたのは、人との、出会いがある、変われる勇気を与えてくれた人がいた、GOWESTで出会って俺に詩を読んでくれたフオーリーうれしかった人間の温もりを感じた。釜がさきの日雇い労働者を差別なく人として見てくれた事人との出会いのなかで自分でも、気が付かないぐらい張りが持てた、生きてる事が楽しくなった、人間は向上心があれば変われる、人の気持ちを考える人

ただ日々を、漠然と生きてる人間は、変われない、何故なら、向上心がない。人の気持ちを考えない人

● 猫君ニャ〜。


ハイ)を注文した男性客が2人居るニャ〜。今日の賄いはチャ−ハン(焼き飯)とキムチと鶏肉と白滝の煮物ニャ〜。3時半頃、酒を買いに行く時、コ−ナンへ買出しに行ったニャ〜。食べ始めた時に3人来て、素麺と鶏肉の煮物が出て来たニャ〜。4時頃、荷物が4つ届いたニャ〜。外は雨が降り出したニャ〜。そのせいかどうかは分からニャいが、客足が途絶えたニャ〜。4時半頃、2回目の買い出しに日本橋へ食材を買いに行ったニャ〜。5時頃、一人の女性が来たニャ〜。その10分後位に飲み友達が来たニャ〜。5時半頃、ハ−トランドを飲みに来たお客さんが居たニャ〜。その人は気前がいいらしくてそこに居る人達におごろうとしていたニャ〜。その後、飲み足りニャいらしくて、アサヒス−パ−ドライを頼んでいたニャ〜。6時半頃、自宅の近所に住んでる人が川越に帰るらしくて、ココル−ムに寄ってから親子で新幹線で帰ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。仏様はほっとけニャ〜。11

9・17土曜日ニャ〜。来る時に季節外れ?のモミの木と犬の置き物を拾ったニャ〜。11時半に近くにある猫のたまり場へ写真を撮りに行ったニャ〜。昼少し前に、チャイを注文したお客さんが居たニャ〜。今日の賄いは、キムチと刺身と素麺と野菜サラダニャ〜。昼過ぎにとうとう雨が降り出したニャ〜。2時半頃、定食を食べに来た人と紅茶を飲みに来た人が居たニャ〜。3時頃、ホットコ−ヒ−を飲みに来た人が居たニャ〜。                   夕方4時から向いのメディアセンタ−でこたねという詩集を皆で読み、インタビュ−形式2人一組で質問しあいニャがら、詩を作っていくというイベントニャ〜。今日のテ−マは自分の体についてでお互いに質問しながら、詩を作り上げるニャ〜。完成品は明日

の観察日記に載せる予定ニャ〜。遅くても火曜日迄には載せる予定ニャ〜。3時頃、ハ−トランドと紫蘇ジュ−スを注文したお客さんが居たニャ〜。その時にこたねの詩を読んだ後、自分の体をテ−マにした詩を作ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この酒や〜。じゃ〜避けようかニャ〜。12

9・18日曜日ニャ〜。朝9時頃に来て、店の前で45分位待っていたニャ〜。午後3時からこたねと言う詩を作ったニャ〜。そのニャかみは5才位?の頃から眼が悪くニャり、小学校の6年生からコンタクトを使い始めたニャ〜。眼鏡はあるけど、頭が痛くニャり、くらくらするという理由で使っていニャい

らしいニャ〜。という事を聞いてから詩を作ったニャ〜。その詩のニャかみはこうニャ〜。小学校に入る前から眼が悪くニャり、小学6年生?の時に良く眼科へ行っていたらしく、学校を休む日が多かったらしいニャ〜。中学に入りニャん年生だったか覚えていニャいけど、プリントを配っている時に、友人とおしゃべりをしていて、コンタクトを付けようとして、口の中で舐めている時にコンタクトを、飲んでしまうというドジをふんでしまい、病院へ行って、出そうと思ったが、駄目だったらしいニャ〜。これが質問をして聞いた作品ニャ〜。

今日の名言ニャ〜。トイレに行っトイレニャ〜。13

9・19月曜日ニャ〜。朝9時頃に、こころぎへ行ってアイスコ−ヒ−を飲んだニャ〜。その後、10時に来たニャ〜。10時半にアイスコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。昼頃、ビ−ル(ハ−トランド)を1ケ−ス注文していたニャ〜。12時半頃に、ジンジャ−エ−ルを注文したお客さんが居たニャ〜。1時過ぎに街頭テレビを見るらしいニャ〜。紫蘇ジュ−スを注文したお客さんが居たけど、いつのまにか帰ってしまったみたいニャ〜。1時半頃、街頭テレビの司会者?が来たニャ〜。何時もより少し遅めの賄いはキムチと冷麺ニャ〜。2週間ぶりに帰って来たニャ〜。元気ニャ姿を見られて良かったニャ〜。(^v^)

今日の名言ニャ〜。今日は敬老の日ニャ〜。自宅に敬老ニャ〜。14

9・20火曜日ニャ〜。朝10時半頃、マイルドセブンを頼まれたニャ〜。11時頃からいらニャい物を4人で捨て始めたニャ〜。かニャりすっきりしたニャ〜。今日の賄いは、豚キムチと焼き魚のほっけニャ〜。3時からカルタ作りをやる予定だったけど、4時に変更ニャ〜。3時頃、カルピスとホットコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。4時頃から今まで作った物のニャかからどれがいいか選んでいるニャ〜。1・あなごさんは、27才・2・いけずはやめて下さいな・3・うわっ店の外のほうが涼しいやん・4・えんろはるばるココル−ムようおこし岩おこし・5・おとに酔っているのか酒に酔っているのか・6・かたちあるものはすべてこわれもの・7・きみのこと、なんて呼ぶのがいい?・8・くりの木のはなのかおり思春期かな・9・けとばそうそこら辺のドラムカン・10・こは保留・11・さすがだな釜の朝市何でもあるよ・12・人生一生ひとやすみ・13・隙があったら絶対結婚してやるからな・14・精神が安定せんと給料も安定せんからなぁ・15・そらからほしがふってきた この続きは明日ニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この野菜も食べ野菜ねニャ〜。15

9・21水曜日ニャ〜。11時頃、近くのコンビに公共料金を支払いに行ったニャ〜。帰って来た時と同時に、ファイルにレシ−トを貼ってくれと頼まれたニャ〜。やる事がニャいからカルタの続きでもしようかニャ〜。16・たにんぎょうぎは今日でそつぎょう・17・ちきゅうがみかんだったらどうするの?・

18・つのだせ、やりだせ、おいらサムライだ・19・てがら話しほらふき合戦になり・20・とじまりして家

の中にかぎわすれ・21・夏は歯がないと大変や・22・にんげんのそんげんのゆくえふめい・23・ぬり壁に会いたいな〜!・24・ねころんびあ、ああ、ザンビア・25・飲むことばっかり言わない・26・働け、定年までやめるんじゃない。・27・ひるねは元気のみなもと・28・ふとんほす。昨夜もまたぞゆめしょんべん・29・へばかりこきて何とするべんぴのはなし・30・ほんとうはおれおかまなの・31・まっとうなことは聞きあきた・32・みちでねるおじさん車に気をつけて・33・むかしむかしそのまたむかしそのまたむかしのそのむかしっていつ?・34・めをそらさないってなかなかできひん・35・もうたくさんやなんにんめの総理・36・山田・山下・山村やけくそ・37・ゆめにでてくるココル−ムでの日々・38・夜が来るのはすきだけどきらい・39・らららと歌って生きている・40・りょこうに行きたいと言い出したら黄信号・41・こんどはる、ルビ−、るすばん・42・歴史好き〜!釜の歴史を調べたい・43・ろけっとにのって、会いにいく・44・わたし馬鹿よねあんたもね・45・を−と叫ぶよ商店街・46・んうん頭がいたいな仕事なくという作品ニャ〜。全部で46個ニャ〜。昨日は用があったらしく、ココル−ムへ飲み友達は来ニャかったニャ〜。今日は5時半頃、来てくれたニャ〜。差し入れとして、焼き豚を新世界で買って来たらしいニャ〜。夜7時から8時半迄、1対1で、教えてくれたので、解り易かったニャ〜。賄いは、カレ−ライスニャ〜。PCが得意らしくて、丁寧に教えてくれたので直ぐに分かったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この日めくりしんどいニャ〜。つカレンダ〜16

9・22木曜日ニャ〜。昨日は簡単にメ−ルが送れる方法を教わったニャ〜。おかげで誰にでもメ−ルを直ぐに送れるようにニャったニャ〜。4時頃、おやつとしてお彼岸という事もあり、おはぎが出た

ニャ〜。1時半頃、近くで誰かの葬式があったらしいニャ〜。その時、コ−ニャんへ1回目の買い出しに行ったニャ〜。賄いは高野豆腐と卵の和え物とウインニャ〜入りのス−プニャ〜。4時半頃、2回目の買い出しに日本橋へ食材を買いに行ったニャ〜。5時頃、金・土・日の3日間の連休を利用して、川越に帰るらしいニャ〜。帰ってくるのは、日曜日の午後ににゃるらしいニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この椅子はイ〜スッネ〜17

9・23金曜日ニャ〜。朝一で、シ−ルを切った後ニャ、そのシ−ルを貼ったニャ〜。11時頃、玉出へ鶏のもも肉と卵と野菜類を買って来てくれと頼まれたニャ〜。12時半頃、親子で動物園へ行くという事で、ミックスジュ−スを親子3人で飲んでいたニャ〜。賄いは鶏肉と野菜の和え物と味噌汁と

納豆ニャ〜。汁物と皿洗いの担当ニャ〜。今日でブログを始めて1週間ニャ〜。地図の入ったシ−ルは明日にニャるらしいニャ〜。昨日の続きの経理でもやろうかニャ〜。4時少し前に猫の写真を

5枚位撮影したニャ〜。溜っている伝票を全部打ち込んだニャ〜。残りは明日ニャ〜。

今日の名言ニャ〜。絵を描こうよ〜。絵〜。

9・24土曜日ニャ〜。昨日の夜7時頃、オ−ニャ〜達5人で、オ−ニャ〜のだんニャさん?の運転する車で正真正銘の天然温泉聖徳太子めぐみの湯太子温泉へ行ったニャ〜。その温泉の特徴は、露天風呂が加わり、露天もまたよし。温泉の効用がじっくりと体に伝わってくるという事ニャ〜。

●泉質分析●ニャ〜。源泉名は太子温泉ニャ〜。泉質は単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)ニャ〜。浴用の適応症・1・リウマチ性疾患・2・運動器障害・3・神経麻痺・4・神経症・5・病後回復期・6・疲労回復等があるニャ〜。太子温泉は山の上にあるニャ〜。その為、少し寒かったニャ〜。入浴料700円(土・日・祭日の為)を支払い、館ニャいへ入ったニャ〜。食事前に風呂に入るようにし

ている為、まず、大浴場へ行ったニャ〜。20分して大浴場から出て、オ−ニャ−達が居る喫茶レストランへ行ってみると、まだ、オ−ニャ−達は食事をしていたニャ〜。オ−ニャ〜達と合流して、酎ハイのライムを頼んだニャ〜。つまみとしてウインニャ〜とポテトフライを食べたニャ〜。その後、酔い冷ましの意味も含め、もう1回入ったニャ〜。出てから400円の生ビ−ルを飲んだニャ〜。

今日の名言ニャ〜。お前の才能いいよ〜。うる才能〜。

9・25日曜日ニャ〜。10時頃来たら、もう開いていたニャ〜。昼頃、ホットコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。賄いはカレ−ニャ〜。昨日の続きニャ〜。帰ろうという事にニャり、11時頃帰って来たニャ〜。という事で、終わりニャ〜。1時半頃、アイスコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。

● CD作成の準備で歯医者に行った。丁寧に説明してくれ、よかった。ゆる せつの会〜

110923_1225~03.jpg

カマメのイベント健康相談で、知り合った
歯医者に行く。中に入り

東北の震災に赴き歯科医として協力してはるのが判り感動した。いい出会いになりそうだ。

その後カマメに〜ゆるせつの会

六名 カマメ上映会をする、みんなで3分の動画を持ち寄る。釜が崎の日常を、撮ろうと思う。

カマメの棚の整理、使ったものは、使った人が片付けるように絵かきの、材料をとか箱に入れまとめるようにする

ココルームの歌を創る、みんなで詩を持ち寄る。

あとは、集まった人の近況報告した

あ、忘れてた、カマメで五分とかで一発芸をやる会

を予定。俺は、仮面劇の一人芝居をしたい。テーマは原発と日雇い労働者、

福島の原発事故を無かった事にしてはいけない。

後世に災いを残すことになった原発事故、もう繰り返すのは、人間として最低の行為である、福島の問題だけでなく、日本人、一人、一人の責任なんだ。広島、長崎の原爆、被曝2キロ以上の

人の原爆症が認められるまで裁判で17回の公判、裁判に敗訴してやっと認めた政府、当時自民党政権である、

もうよそう、くだらない争い、今、やらなければいけないこと。
少しでも、将来の日本の事、子供達の事、地球の事

こんなに、すばらしい星に生まれた事に感謝したい

でも、汚してつづけている人間、俺達なんだ。愚か過ぎて、無性に涙が出てきた。悔しくて、同じ思いを持った人が、今の腐った日本を変えなければ、俺は、生きてる事の意味が見出だせないんだ。大きい視野に、立たなければ、見えてこない

今何が大切か。個個の好き嫌いでは、なく、たち位置を変え、争いで消耗するのでなく、数少ない仲間として、力を合わせやるべき最後のチャンスだと思う、

後世に自分が生まれた星を自然を残したい。

● 夏の思いで〜ほんっといろんなことがおきるので

急に涼しくなって来ましたが、みなさんお元気におすごしでしょうか。

ココルームの夏はばたばたと…たくさんの出会いがあり。

もっとこまめに記録をあげたいと思いつつ体力が追いつかず、悔しい思いをしています。写真とともに振り返ります。

七夕のかざり

七夕には笹の葉を飾りました。みんなの思いが書かれた短冊が揺れています。

えんがわの延長

月に一回、カマメではゆるせつ会(ゆるやかだけどせつじつな、カマメのことを考える会)を開いています。その中で、もっと多くの人にカマメの縁側に腰掛けてもらいたいという思いから生まれたちゃぶ台持ち出し作戦。

コラージュ床いっぱいに素材

写真評論家・飯沢耕太郎さんとつくるコラージュの会。カマメ中に素材のちらしを敷き詰めて、みんなもくもくと切り貼りしています。

コラージュ集合写真

コラージュ作品をお店の前に展示して、みんなで集合写真!いい作品がたくさん。飯沢さん、また10月に釜ヶ崎にお招きしてイベントをする予定。乞うご期待です!

カマメのいすに色を塗ったよ

カマメの丸イスと、新しい自転車もカラフルに塗り替えました。たまに家具屋のようにもなるカマメ。そうそう、まだ写真がありませんが、最近は毎日バザーも出しています。少しずつですが、カマメの貴重な運営資金になりつつあります。

ケニアの学生さんも学びに

八月の中頃には、日本ケニア学生会議のみなさんも来てくれました。街歩きをしたあとに、皆でディスカッション。

にがお絵ひとの絵わたしの絵

今年も明治学院大学の学生さんが、GO WESTという授業でやって来てくれました。街歩きをしたり、釜ヶ崎の中の様々な施設で体験学習をしたり…、この写真はカマメで何か企画をすることになったかのこちゃん企画の、「にがおえひとのえわたしのえ」のひとこま。

GOWESTこたね

GOWEST最終日前夜には、「こころのたねとして」という手法で、詩をつくり朗読する時間をもちました。みんなは旅中で出会った人のことを詩にしたり、この場に居合わせた人でお互いに聞取りをして詩にしたり。

こたね〜ふたりの表情

10月の公演にむけて、カマメやこころぎでも、「こころのたねとして」詩づくりをしています。写真は、キタさんのことを登さんが詩にし、朗読しているところ。ずっと長くお互いを知っているというお二人の、このなんともいえない表情、たまりません。

げんきまつり横断幕づくり

9月に入り、三角公園ではこどものおまつり、「げんきまつり」が開催されました。ココルームは横断幕づくりを担当。かんかん照りの中、こどもたちは思い切りよく筆を走らせてくれました。

げんきまつりの綱引き

げんきまつりの最後をくくるのは綱引き。チーム分けは、なんと、こどもvsおっちゃん。おとなげなくおっちゃん2連勝のあと、こどもチームが1勝。

自分ガタリ〜サタケレコードさん

カマメの名物企画、自分ガタリの会も復活。サタケレコードさんに語っていただきました。高校を停学になったこと、精神的にしんどかった様々なこと、趣味のクラシックCD集めを今仕事にしていることなど!(サタケレコード→http://www.amazon.co.jp/shops/A27VZHDYUZ38QG)

突然あらわる

確か自分ガタリの会の途中にカマメの前に突然現れたお客さん(Kちゃん)。自転車に乗せているのは彼氏だそうで…ずいぶん笑わせていただきました。

かまっぷ写真はり

さて、4月からまちあるきをつづけているかまっぷ(釜ヶ崎のおもしろいところを即興で地図にするプロジェクト)も、そろそろまとめに入ってみようということで、撮り溜めた写真をちょきちょきと切って、地図に貼ってみました。自分たちの手で集めた情報がこれだけあるということを実感することができました。

などなど…、毎日毎日、とてもおもしろいのです。やっぱりちょっとずつこまめに記録アップしないとな。これからどうにか頑張ります、よろしくお願いします。

● 日帰り旅行ニャ〜。


● 新作のメ−ルを送りますニャ〜。


● 手芸部

日時:9月30日(金)15:00~
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

自由にちくちくする時間です。布・針・糸はカマメにもありますが、縫いたい物がある人はご持参ください。

● 路上文学賞を狙おう

日時:9月27日(火)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

第二回路上文学賞の作品が募集されています。カマメでも、応募作品をつくる機会をつくることにしました。この日参加できない方でも、我こそはという方は是非応募してみてください。

**(以下募集案内より)

「路上文学賞」とは全国の路上生活者(ホームレス)を対象にした文学賞です。受賞作を含めた応募作品はさまざまな媒体を通じて発表する事を予定しています。「文学賞」ですから、選者の作家・星野智幸氏には、あくまでも「文学作品」として正面から選考していただきます。もちろん、各賞には賞金も出ます。
読めればどんな紙でも大丈夫です。皆様ふるってご参加ください!

応募資格のある方は、広い意味でホームレス状態にある方。野宿の方はもちろん、ネットカフェやドヤなどで寝ている方、生活保護寮や自立支援寮などに入っている方も含まれます。詳しくは後ほど応募要項へのリンクを張りますのでそちらをご覧ください。

<賞金>
文学部門
大賞 5万円(1名)
佳作    1万円(1名)
川柳部門
大賞    1万円(1名)
佳作    3千円(1名)
※ほかにも各賞を用意しています。

<応募期間>
2011年9月1日~9月30日(必着)

<応募方法>
郵送、持ち込み、メール、いずれかの方法
※応募原稿に名前(ペンネーム可)を記載する事
(郵送、持ち込み)
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5シンカイビル201号室
「ビッグイシュー基金」担当     瀬名波まで
(メール)
ro_bun@hotmail.co.jp 担当 丸山まで

もっと詳しく知りたい方は以下
https://twitter.com/#!/ro_bun

● 大阪、昼過ぎから、秋晴れ、浅田さんの好きな曲、四季の唄みんなで歌い さいごの献花をした。

110824_1943~01.jpg

昼から秋晴れになった、カマメにいく、夜、明学の佐藤静香ちゃんが来てくれた。むすびの浅田さんの葬式に参加予定が、台風15号の影響で、出来なかった、よく来てくれたと思う。二年前のGOWESTでむすびの会にワークで行ったとのこと

明学のみんなも元気と聞いてうれしかった、それぞれの道に進んでいるようだ。
晩御飯を一緒に食べた。すぐ夜行バスで帰るとの事

無理をしないでほしい、明日は釜ボコバンドも、ライブがあるんだ、

敬老会で歌う予定、

● 猫君ニャ〜。

初めまして。猫君です。これからメ−ルを送ります。宜しくね。


● カマメ、健康相談会、歯科相談した。むすびの浅田さんのお通夜に行く。 ああ、命のはかなさよ、

110921_1911~03.jpg

血圧はまづ まづだった、左足に包帯をしてもらった、
歯の相談、土曜日に歯科に予約した

CDに歌を吹き込むのに歯を万全にしたい、一歩、前進だ。

今宮ふれあい会館に赴く、沢山の浅田さんの知り合いが来られてた、彼の人柄なんだろう、みんな焼香済まし、生前の彼との、思い出を語らしもらった。釜の日雇い労働者の最後のはなむけになればいいと、思いつつ語った、

感じた、人はいつかは亡くなる、生きてる事の喜びを忘れてはいけない。

情けは人のためならず、自分に自問自答してみる、俺には出来てないことだらけ
人の判断のする所、スタイル、顔の良さとか、外見ではない、中身。ハートなんだ、俺の生き様を判ってくれ、信じてくれる奴、俺が間違がってたら、本気で、意見してくれる奴、俺には、一人だけいる。幸せである、これも、偶然の出会いからだった、だから出会いを大切にしたい、浅田さんの顔、安らかでおだやかだった、沢山の仲間が来てうれしかっただろう。あとは仲間に、托してください、おやすみなさい。

● キムチとふとん

9・16金曜日ニャ〜。朝9時にこころぎへ行って100円のかき氷を自分で作って食べたニャ〜。

昼少し前に近くに猫が集まる場所があり、そこで猫の 写真を撮ったニャ〜。

昼頃、キリンの氷結(酎ハイ)を注文した男性客が2人居るニャ〜。

今日の賄いはチャ−ハン(焼き飯)とキムチと鶏肉と白滝の煮物ニャ〜。

3時半頃、酒を買いに行く時、コ−ナンへ買出しに行ったニャ〜。

食べ始めた時に3人来て、素麺と鶏肉の煮物が出て来たニャ〜。

4時頃、荷物が4つ届いたニャ〜。外は雨が降り出したニャ〜。そのせいか

どうかは分からニャいが、客足が途絶えたニャ〜。4時半頃、2回目の買い

出しに日本橋へ食材を買いに行ったニャ〜。5時頃、一人の女性が来た

ニャ〜。その10分後位に飲み友達が来たニャ〜。5時半頃、ハ−トランドを

飲みに来たお客さんが居たニャ〜。その人は気前がいいらしくてそこに居る

人達におごろうとしていたニャ〜。その後、飲み足りニャいらしくて、アサヒ

ス−パ−ドライを頼んでいたニャ〜。6時半頃、自宅の近所に住んでる人が

川越に帰るらしくて、ココル−ムに寄ってから親子で新幹線で帰ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。仏様はほっとけニャ〜。11

9・17土曜日ニャ〜。来る時に季節外れ?のモミの木と犬の置き物を拾った

ニャ〜。11時半に近くにある猫のたまり場へ写真を撮りに行ったニャ〜。

昼少し前に、チャイを注文したお客さんが居たニャ〜。今日の賄いは、キムチ

と刺身と素麺と野菜サラダニャ〜。昼過ぎにとうとう雨が降り出したニャ〜。

2時半頃、定食を食べに来た人と紅茶を飲みに来た人が居たニャ〜。3時頃、

ホットコ−ヒ−を飲みに来た人が居たニャ〜。 夕方4時から向いのメディア

センタ−でこたねという詩集を皆で読み、インタビュ−形式2人一組で質問

しあいニャがら、詩を作っていくというイベントニャ〜。今日のテ−マは自分の

体についてでお互いに質問しながら、詩を作り上げるニャ〜。完成品は明日

の観察日記に載せる予定ニャ〜。遅くても火曜日迄には載せる予定ニャ〜。

3時頃、ハ−トランドと紫蘇ジュ−スを注文したお客さんが居たニャ〜。その

時にこたねの詩を読んだ後、自分の体をテ−マにした詩を作ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この酒や〜。じゃ〜避けようかニャ〜。12

9・18日曜日ニャ〜。朝9時頃に来て、店の前で45分位待っていたニャ〜。

午後3時からこたねと言う詩を作ったニャ〜。そのニャかみは5才位?の頃

から眼が悪くニャり、小学校の6年生からコンタクトを使い始めたニャ〜。

眼鏡はあるけど、頭が痛くニャり、くらくらするという理由で使っていニャい

らしいニャ〜。という事を聞いてから詩を作ったニャ〜。その詩のニャかみは

こうニャ〜。小学校に入る前から眼が悪くニャり、小学6年生?の時に良く

眼科へ行っていたらしく、学校を休む日が多かったらしいニャ〜。中学に入り

ニャん年生だったか覚えていニャいけど、プリントを配っている時に、友人と

おしゃべりをしていて、コンタクトを付けようとして、口の中で舐めている時に

コンタクトを、飲んでしまうというドジをふんでしまい、病院へ行って、出そうと

思ったが、駄目だったらしいニャ〜。これが質問をして聞いた作品ニャ〜。

今日の名言ニャ〜。トイレに行っトイレニャ〜。13

9・19月曜日ニャ〜。朝9時頃に、こころぎへ行ってアイスコ−ヒ−を飲んだ

ニャ〜。その後、10時に来たニャ〜。10時半にアイスコ−ヒ−を注文した

お客さんが居たニャ〜。昼頃、ビ−ル(ハ−トランド)を1ケ−ス注文していた

ニャ〜。12時半頃に、ジンジャ−エ−ルを注文したお客さんが居たニャ〜。1時過ぎに街頭テレビ

を見るらしいニャ〜。紫蘇ジュ−スを注文したお客さんが居たけど、いつのまにか帰ってしまったみ

たいニャ〜。1時半頃、街頭テレビの司会者?が来たニャ〜。何時もより少し遅めの賄いはキムチ

● うれしい知らせ、釜ボコバンドでCDの吹き込み第一弾、俺に決まった、 全力投球だ!

110920_1701~01.jpg

自分の歌がCDになるなんて、信じられない、歌詞を噛み締めて、ハートで歌いたい、うれしいな。五曲です。楽しく、前向きに元気に、がモットー

明治公園、原発反対に6万集まったようだ、いまだに福島原発事故がなかった事のようにしようとしているほとんどの国会議員、マスコミも、大きく取り上げてなかった、利権が絡み、一部の人だけが潤い、いい思いをしてる原発事業。だから、事故があっても言い訳をして、原発推進を進めようと必死になってる、九電さん佐賀知事らのやらせメール、原子力安全、保安院もさえ、やらせに加担してた事実、今は、悲しいけど、おれは、国が信じられないんだ。今、日本で起きてる問題。もう、無かったことにするのは、俺は辞めた、原発推進の施策を進めた国に騙されたのも事実、でも、無知で自分が生きる事だけで、何も、日本の将来を考えて無かった、そこの人間の隙を国に読まれ利用されてしまった、俺が、日本の政府を信じてた、して電気の恩恵を甘んじて受けてた事実の後ろめたさが俺の良心をとがめてる。

原発下請け労働者の被曝の問題、

放射能が蔓延している東日本、子供、妊婦さんがいまだに放射能を浴びながら生きてる事実、

日本人として、人間としてもう、今までの、喉元、熱さ過ぎればなんとかは、やめにした。

自分の中の後ろめたさも含めて、大きな過ちを犯してしまった俺達、日本人、もう、前向きにみんなが心して自然と共有、共存すべきが来たと感じた。 自給自足出来る農業を見直す。そのための放射能汚染の土壌の改善、被曝を抑える措置、子供、妊婦さん、お年寄り、守る責任は、日本人、みんなにある。

もう無かったことにはしないで早く元通りにしなければならない

俺は、日本が大好きだ

日本で生まれた事、誇りにおもう

人を愛する気持ち、大切にしたい。

人と絶縁するのではなく
人生で、たまたま、出会った偶然に感謝し、お互いの生きてくなかで、ほのぼのした気持ちで、現実を直視し前を見て歩む。

出会いが、人を育む、いろんな人の生き様、会って聞きたい。

俺が、苦手にしているタイプと、どんどん会って話したい。今まで、自分から、思い込みで避けてた人と、話しがしたい

やっと、いろんな出会いの中で、ふと、感じた、自分が苦手な人、避けてた人、話してみたら、意外と気持ちが判ったりする、その時の感動、別に判りあえなくてもいい、個、個の生き様何だから、いろんな考えがあって当然だ

俺はいい意味での、日本を取り戻したい。

過ちは、素直認める、気持ち大切

媚びを売らない、己の生き様を貫く、

仲間大事にする

個人を尊重する

釜のあんこも人間や、命はみな、平等や

カマメ、かるたづくりをした。かるたの詠み文選び。責任が重いなあと思いながら、茶めっけの、ものを、選ぶ自分 釜のこと、詠んだのも選んだ。こんどは詠みに合わせた絵だ。
考えよう。

命のはかなさ。むすびの会の、浅田さん亡くなる。紙芝居をリーダーとして、みんなをまとめてやってた浅田さん、何回か話しはしました、ココルームでの、芝居でせりふを忘れても、ひょう、ひょうとアドリブでかわしていたのが印象にのこってる、俺の大先輩として釜が崎で生きて来られた浅田さん、安らかにおやすみください、あなたがやられたともしびは、忘れません、やってる根本は同じ、釜の日雇い労働者の生きていくための希望であり、人間として、同じように、社会から疎外されることなく扱ってほしい思いから、俺も、釜で生きてます、俺は、釜にこだわります、こんな不条理な偏見、差別を創りだしたのは、俺の中にもあった、後ろめたさをかかえながら生きていきます、無かったことには、してはいけない。

● 19日釜ボコバンド練習、知り合いのKさんと久しぶりに会う、互いに元 気で会える事が何よりだ

110910_1416~01.jpg

歌を、思いっきり声あげて唄った。俺は気持ちよかっただが、仲間は、どう感じたんだろうか、本当は心に響く歌を目指しているんだけど、つい気持ちが高揚してしまい、自己満足で終わってるように思う。勢いだけじゃダメなのはわかってるんだなあ、聞く人にしみじみ語りかけほのぼのとするような感じで唄いたい、俺がほかの人の歌を、聞いて感動するのは、唄ってる人の熱い思いと歌詞の内容だ。聞いている人と一体感になる事だ。素敵ですばらしい、しんどいとき、その歌を聞いただけで前向きに生きようとなれる曲、俺にも、しんどい時聞く歌がある。歌が人生にとってかけがえのないカンフル剤になってる事は確かだ。自然の美しさ、何かにつけて自分の足で確かめて生きたい。夜はここみちゃんが捨て猫を抱いて来た、かわいい小さな茶色の子猫。通りがかりの若いアベックの人が欲しいと言って引き取ってくれた、後は可愛がって育てて欲しい、まずは、よかった。めでたし、めでたしだ

● 猫君は日記をかきつづける。三日坊主じゃないにゃん!


(飛田周辺)を回るらしいニャ〜。という事で6時過ぎから野宿をしている人達に配るおにぎりを作る準備が始まったニャ〜。おにぎり作りスタ−トニャ〜。全部で幾つ出来るのニャら。

今日の名言ニャ〜。秋だね〜。そのはニャしはもう秋田ニャ〜。9

9・15木曜日ニャ〜。10時頃、9人の団体さんが来たニャ〜。昨日の夜回りは20個位おにぎりを作ったらしいが10人しか居なかったので、10個も余ってしまったらしいニャ〜。猫とコ−ヒ−のイラスト入りのコ−ヒ−チケットは完成したニャ〜。後で印刷するニャ〜。11時半頃、4人の研修に来た女子大生?が帰って行ったニャ〜。女子大生が帰った10分後位に9人の団体さんが帰って行ったニャ〜。今日の賄いは素麺チャンプルと茄子とおくら入りのかき玉汁ニャ〜。素麺チャンプルはオ−ニャ−さんの手作りニャ。すごいニャ〜。2時頃、一人の女性が来てもう30分もおしゃべりをしているニャ〜。3時頃、ようやく帰ったニャ〜。5時頃、ジンジャ−エ−ルを飲んでいる女性客が居たニャ〜。5時半頃、ハ−トランドを飲みに来た1人の男性客が居たニャ〜。その後、もう一人ハ−トランドを飲みに来た女性客が居たニャ〜。6時頃、キリンビ−ルの小瓶を飲みに来た男性客が居たニャ〜。

今日の名言ニャ〜。カッタ−を使ってよカッタ−ニャ〜。10

9・16金曜日ニャ〜。朝9時にこころぎへ行って100円のかき氷を自分で作って食べたニャ〜。

昼少し前に近くに猫が集まる場所があり、そこで猫の 写真を撮ったニャ〜。

昼頃、キリンの氷結(酎ハイ)を注文した男性客が2人居るニャ〜。

今日の賄いはチャ−ハン(焼き飯)とキムチと鶏肉と白滝の煮物ニャ〜。

3時半頃、酒を買いに行く時、コ−ナンへ買出しに行ったニャ〜。

食べ始めた時に3人来て、素麺と鶏肉の煮物が出て来たニャ〜。

4時頃、荷物が4つ届いたニャ〜。外は雨が降り出したニャ〜。そのせいか

どうかは分からニャいが、客足が途絶えたニャ〜。4時半頃、2回目の買い

出しに日本橋へ食材を買いに行ったニャ〜。5時頃、一人の女性が来た

ニャ〜。その10分後位に飲み友達が来たニャ〜。5時半頃、ハ−トランドを

飲みに来たお客さんが居たニャ〜。その人は気前がいいらしくてそこに居る

人達におごろうとしていたニャ〜。その後、飲み足りニャいらしくて、アサヒ

ス−パ−ドライを頼んでいたニャ〜。6時半頃、自宅の近所に住んでる人が

川越に帰るらしくて、ココル−ムに寄ってから親子で新幹線で帰ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。仏様はほっとけニャ〜。11

9・17土曜日ニャ〜。来る時に季節外れ?のモミの木と犬の置き物を拾った

ニャ〜。11時半に近くにある猫のたまり場へ写真を撮りに行ったニャ〜。

昼少し前に、チャイを注文したお客さんが居たニャ〜。今日の賄いは、キムチ

と刺身と素麺と野菜サラダニャ〜。昼過ぎにとうとう雨が降り出したニャ〜。

2時半頃、定食を食べに来た人と紅茶を飲みに来た人が居たニャ〜。3時頃、

ホットコ−ヒ−を飲みに来た人が居たニャ〜。 夕方4時から向いのメディア

センタ−でこたねという詩集を皆で読み、インタビュ−形式2人一組で質問

しあいニャがら、詩を作っていくというイベントニャ〜。今日のテ−マは自分の

体についてでお互いに質問しながら、詩を作り上げるニャ〜。完成品は明日

の観察日記に載せる予定ニャ〜。遅くても火曜日迄には載せる予定ニャ〜。

3時頃、ハ−トランドと紫蘇ジュ−スを注文したお客さんが居たニャ〜。その

時にこたねの詩を読んだ後、自分の体をテ−マにした詩を作ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この酒や〜。じゃ〜避けようかニャ〜。12

9・18日曜日ニャ〜。朝9時頃に来て、店の前で45分位待っていたニャ〜。

午後3時からこたねと言う詩を作ったニャ〜。そのニャかみは5才位?の頃

から眼が悪くニャり、小学校の6年生からコンタクトを使い始めたニャ〜。

眼鏡はあるけど、頭が痛くニャり、くらくらするという理由で使っていニャい

らしいニャ〜。という事を聞いてから詩を作ったニャ〜。その詩のニャかみは

こうニャ〜。小学校に入る前から眼が悪くニャり、小学6年生?の時に良く

眼科へ行っていたらしく、学校を休む日が多かったらしいニャ〜。中学に入り

ニャん年生だったか覚えていニャいけど、プリントを配っている時に、友人と

おしゃべりをしていて、コンタクトを付けようとして、口の中で舐めている時に

コンタクトを、飲んでしまうというドジをふんでしまい、病院へ行って、出そうと

思ったが、駄目だったらしいニャ〜。これが質問をして聞いた作品ニャ〜。

今日の名言ニャ〜。トイレに行っトイレニャ〜。13

9・19月曜日ニャ〜。朝9時頃に、こころぎへ行ってアイスコ−ヒ−を飲んだ

ニャ〜。その後、10時に来たニャ〜。10時半にアイスコ−ヒ−を注文した

お客さんが居たニャ〜。昼頃、ビ−ル(ハ−トランド)を1ケ−ス注文していた

ニャ〜。12時半頃に、ジンジャ−エ−ルを注文したお客さんが居たニャ〜。1時過ぎに街頭テレビ

を見るらしいニャ〜。紫蘇ジュ−スを注文したお客さんが居たけど、いつのまにか帰ってしまったみ

たいニャ〜。1時半頃、街頭テレビの司会者?が来たニャ〜。何時もより少し遅めの賄いはキムチ


● 18日、久しぶりに奈良駅近くのなら町センターに行く。車窓から見る田 園風景、山、川、郷愁を誘う。

110918_1750~010001.jpg

釜ヶ崎では、あじえない故郷の風情、俳句を詠みながらひと時を堪能したJR奈良駅を降り三条通りを、猿沢の池に向かって歩く、早く着いたので廻りを散策、みやげやさんや、人力車に乗ってる人籠やさんに乗ってる人、楽しそう、俺も籠やさんには、一度乗ってみたい、店の前のセントくんを携帯で撮ったり、修学旅行みたいな気分を味わった、今まで一人になるのを避けてた自分、今日は全然違った自分を発見した、いろんな出会いが楽しくて、声をかけ奈良に来た事気さくに話した、初めて出会った奈良の人話相手してくれありがとう、会場に戻り、学生が創った映画を見た、たいしたことないだろうと思い見たのだが、すばらしくよかった、一人の女の子が二つの自分を持ち、出会った男を通して、本来の自分を発見するストーリーだった、俺にも、二つの自分がいた。だぶらせ夢中でみた、人の出会いで本来の自分になれた、心のなかの格闘をテーマにした事が凄い、俺もやっと出来たのに、学生なのに、おぬし、やるな〜、やっと、自分の見たい映画際の番だ、3.11故郷を考える、山崎都世子監督に会い話しをして中に入った。河瀬直美監督と田中和尚のトーク、宗教とア
ートの共有、9.11吉野の上映は近くの小学生が持ちよった白い布をパッチワークしてスクリーンにしたとの事、つぎはぎだらけで画面が見えにくかったけど、会場からなに一つ苦情はなかったそうだ、趣旨が、みんなで出来ることで動く、この一つになれる気持ちがみんなのなかに伝わってたからだ。この気持ちが本来人間としてあるべき姿なんだ、小さい事にとらわれすぎ、本当に今、自分がやらなければならない大切な事見失しなっていないか。考えさせられた。震災以降原発事故、日本人として忘れて、無かったことに、してはいけない。多くの犠牲者が出て、原発事故では、どうすることも出来ず、福島から出ように出られず被曝生活を強いられてるお年寄り、子供達、妊婦さん、低線量でも遺伝子になんだかの悪影響及ぼす目にみえない放射能、しきい値はないのが、今の学会の見解どうであれ後世まで残してはならない、俺たち一人、一人責任はある、国に任せきりにした責任、原発終息まで被曝しなければならない労働者、都会にすんで甘んじて電気の恩恵をうけて来た俺達、弱者の犠牲のなかで動いてきた原発、俺は、責任を後世の子孫にとらなければ、人間として失格
だ原発いらねえで一人になってでも訴えたい、皆さんもそれぞれ、考えてもらえるきっかけになればうれしい、写真はなら町センター会場千手観音をイメージしたアート作品だ、だれをもすくう手

● 生きてるってすばらしいいまこの歌が心から歌える俺になった。

110901_1804~010001.jpg

廻り道をしてよかった、20代のころは短絡的に、なり感受性が強い上、人生経験も浅くちょっとしたことにも、めげて自殺も何回か考えたものだ。今だから冷静に言えるのだけど当時は、一人思い悩み、釜ヶ崎のかいこ棚式のウナギ床で夜も将来の自分が不安になり眠れなかった。この時、孤独な俺を、こんな生き方でいいんだと、励ましてくれたのが、太宰治の斜陽だった。生きていく過程でつまずいた時、出会った本で、今でも、たまに、当時の自分を思いだし、照れながら読んでいる。して今の自分いろんな出会いで人と話してきたなかで、俺と似た熱い男と何人か出会った、その生き様に感銘を受け、男として、人間として、俺が本来の自分の生き方をしてないはがいさに気づかせてくれた。この熱い男たちの出会いが、俺のなかの男として、人間として、生き様を、自分の生きたいように生きろと教えてくれたんだ、今、人との出会いを大切にしたい。反面、裏切り、人間関係の軽薄さ、エゴ、差別、偏見を体験させてくれた人間もたくさんいて憤りを感じたが、この体験がまた、俺のハングリー精神に火を付けてくれ、こんな人間には、なりたくない、と思える自分になれたこ
とに感謝している、いろんな出会いが、俺に生き様を、アドバイスしてくれた、いいとか悪いとかでなく、今まで、出会った人達とのつながりがうれしいっす、これからも、いろんな人と出会い話しをしたい、して出会いを、空しいものでなく、互いの気持ちが前向きに今、何ができるか。それぞれが生きてってすばらしいと心から叫べるような社会、出会いをしたい。今から奈良国際映画際に、行きます。3.11の故郷を考えるで、俺たちの仮面劇が少しだけど上映されます、うれしいので見ます。

● 『原発ジプシー』のあとがきを読みました

16日には堀江邦夫さんの著書「原発ジプシー」を読む会を行いました。以下は参加者からの感想です。


今回はあとがきを読みました。1979年のあとがき、その5年後のあとがき、最近のあとがきを順を追ってよんでいくことで、労働環境等ほとんど何も変わっていないんだということが見えてきました。
何十年も原子力をやってきていて、その最初から原子力にたずさわった人たちの健康チェックをやっていれば低線量放射線の影響はもっとわかっていたはず。いまだ「よくわかっていない」とするのはおかしいと思う。
そんな感じでごまかされてきたことがたくさんあり、今もいろいろごまかされているのだろうと思ってしまう。
(大河原さん)

読書会に初参加しました。色んな意見を聞けて有意義でした。
(とくめい)

仕事をして生活していくのは当たり前だけど、その仕事が命を削る仕事である原発、どうしてなのか。そして事故があれば多くの人が住めなくなるのに国は何をどう考えているのか。人の命をなぜ使い捨てにするのか。人と人とが平等でない日本。世界。命は同じだ、と叫んで訴えねばならない。
(登さん)

堀江さんの本を最初に読んだ時、劣悪な状況でも懸命に働き、作業をキチンとこなそうとする労働者の姿に驚きました。今回30年ぶりに後書きを朗読し、福島の事故も考えあわせると、労働者や周辺住民の善意を巧妙に利用しているのが原発ではないかと感じました。
(T・Yさん)

情報が溢れ、混乱してしまう中で、本を読む機会、それを人の声で聞く機会は、本当に貴重だと感じた。どうしたらこの国の仕組みが変わるのかを考えると、途方にくれてしまいそうになる。けれど、こうして、この人の言葉は的確だ、と感じる人に出会い、その出会いを伝えるしかないと思った。(ゆうこ)

● 猫君の観察日記 つづくのだにゃん

店の様子

(※このブログはハクションであり実在の人物とは一切関係ないニャ〜。※)

ココル−ムに来るようにニャったのは6月5日にあったカマメ祭りからであり、その1ヶ月後位から経理の仕事を手伝うようにニャり、自宅の裏辺りにあるこころぎにも行くようにニャり、もう4カ月経ってしまったニャ〜これがここに来るようにニャった経緯(きっかけ)ニャ〜。ここ3週間位前からココル−ムのSTUFFと一緒に3週間位前から昼食を食べるようにニャったニャ〜。2〜3日前にココル−ム周辺で行き倒れが出て大騒ぎにニャったニャ〜。それの始まりは土曜日の晩からで時間は分からニャいが一ヵ所に留まらず移動したらしいニャ〜。(合掌)詳しい事は分からずじまいニャ〜。

9・6火曜日今日、昼飯は2人でカレ−の残りとコンソメを入れ過ぎたス−プだったニャ〜。昼食後、2人で近所の印刷屋へ3時頃迄行っていたニャ〜。夕方の5:30頃来た客とは1ヶ月程前から顔見知りとなり、2人で一緒にビ−ルを飲むようにニャった。名前はまだ良く分からニャ〜い。その人は宝塚に住んでいるらしいニャ〜。西ノ宮へ卓球をしに行くらしいニャ〜。毎週火曜日は商店街が休みの為、殆んど人通りがニャい。今日の名言ニャ〜猫が寝込んだニャ〜。1

9・7水曜日今日は、朝10時頃来たら店のシャッタ−が閉まっていたので、休みかと思い、假奈代さんに電話をしたニャ〜。12時頃米を研ぐたがないでちょこっと揉めたニャ〜。昼頃、賄いで作ったス−プと茄子と豚肉?を3人で食べようとした時、アサヒビ−ルの小瓶を注文したお客さんが一人いたニャ〜。その後、もう一人アサヒビ−ルを注文したお客さんがいたニャ〜。3時頃、アイスコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。そしてキリンの小瓶を注文したお客さんが居たニャ〜。昨日の昼頃からココル−ムの店長が行方不明ニャ〜。何処へ行ったのニャら。昨日の夕方6時過ぎに帰った後、飲んだス−プの味がコンソメを入れ過ぎた為、濃いと来てすぐに文句を言われたニャ〜。

ω`)今日の名言ニャ〜。犬が倒れてワンパタ−ンニャ〜。2

9・8木曜日の朝開店して10分後位にアイスコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。朝一で貯まっているレシ−トを経理のファイルに貼ったニャ〜。11時頃アイスコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。酒屋にコ−ラとビ−ルを注文していたニャ〜。最近涼しい日がおおくニャったニャ〜。季節はもう秋ニャ〜。昼の1時過ぎに研修生の女性が訪れたニャ〜。今その女性は掃除をし終わりゴミをゴミ箱に捨てたニャ〜。それから日にちの過ぎたちらしの整理をしていたニャ〜。今日の賄いはパスタと猫特製?ス−プニャ〜。あまり食欲が無いらしく汁を減らして具(中身)だけ食べていたニャ〜。大丈夫かニャ〜。3時頃酎ハイを注文したお客さんと紅茶を飲んでいるお客さんが来ていたニャ〜。やる事が無いらしく冷蔵庫の掃除をしていたニャ〜。3時半頃から研修生は葱を切り始めたニャ〜。でもうまくいかない(初めて)らしくて何度も目の前に居るお客さんに長さを聞いていたニャ〜。結局合格点を貰ったニャ〜。ようやく夕方4時頃お客さん達とお土産に貰ったと言うお煎餅を冷たい麦茶を飲みながら食べたニャ〜。夕方5時頃自宅の近所に住んでいるこころぎの管理人さんが子供を連れてやって来たニャ〜。その時に一人では飲み切れないので割り勘でハ−トランドを飲んだニャ〜。たぶん夕食の素麺を食べてから帰るのだと思うニャ〜。夕方6時頃やっとオ−ニャ〜登場ニャ〜。

今日の名言ニャ〜。葱のねぎらいニャ〜。3

9・9金曜日9時頃こころぎへかき氷を食べに行ったニャ〜。その時ニャ〜コ−ヒ−のチケットを作ってくれと頼まれたニャ〜。そこへ飲み友達?の人がひょっこり現われて牛モツを差し入れてくれたニャ〜。昼頃飲み友達?の人が親戚?の女性を連れて来たニャ〜。そんでニャ〜ハ−トランドを飲ませて貰ったニャ〜。今日の賄いはおくらと茄子と鶏肉だったニャ〜。午後3時からこころぎで句会を開催するニャ〜。オ−ニャ〜は2時半頃青森へ向かって出発したニャ〜。夕方5時に終わった句会の内容は1・ホットコ−ヒ−が美味しくなって秋来たと。2・秋空に心奪われ吐息付く。3・月見てる夜空を仰ぎ心する4・虫時雨小川一本続きけり5・稲雀案山子作って迎え打つ6・秋の空雲間に映る後影6・秋が来た十五夜の日に月見する7・風渡り陽香る秋の空7・お月見のすすきを刈ると友人は朝から励む心うるわし8・心持ちひんやり沈む秋の空9・釜の街一人旅立つ秋の暮れ10・重陽の水面に映る菊見酒11・長雨に一人急須の紅茶飲む12・満月に君を想って空蝉の貴方の中に光漂ふ13・かくれんぼ一茶いずとも稲雀14・風呂帰り自転車そよ風空の月15・秋祭り今年も何処かでやる筈だ16・秋の空降りしきる雨多すぎる17・秋祭り運動しよう頑張って17・酒を断ち団子ほうばり月見かな18・鰯焼く空より睨む鰯雲19・月見草向日葵過ぎて本番だ20・世を拗ねて人に道説く秋の空21・ウィキペティア皆の友だ早くもの知り22・己が身を軽く舞台に二日月等全部で22個もあったニャ〜。5〜6人居たけど皆力作だったニャ〜。6時半頃ハ−トランドを飲んでいる2人のお客さんと芋焼酎を飲んでいるお客さんとジンジャ−エ−ルを飲んでいる3人の女性客が居るニャ〜。

今日の名言ニャ〜。鰯に何か言わしたいニャ〜。4

9・10土曜日11時頃来たら、昨日の夜10時頃自転車(チャリンコ)の事で通報があったらしいと言う事を聞いたニャ〜。来た時、一人の女性のお客さんが居たニャ〜。相変わらず暇そうで遊ばれているニャ〜。賄いはウインナ−と野菜のス−プ・・・を食べたニャ〜。食べた後、今日は三角公園で元気祭りがあると言う事で、三角公園組2人と封筒組2人とに別れたニャ〜。残った2人がやる事はまず最初に封筒に1枚ずつ入れてから糊で閉じていく事ニャ〜。その後封筒に10枚ずつ入れてから糊で閉じていく事ニャ〜。10枚ずつ数えて互い違いに乗せていく事ニャ〜。3時頃ハ−トランドとアイスコ−ヒ−とアイスティ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。やっと糊付けを手伝ってくれる助っ人登場ニャ〜。夕方の3時半頃三角公園組が帰って来たニャ〜。糊付けをする助っ人がもう一人増えたニャ〜。夕方の4時半頃アイスコ−ヒ−を飲みに来たお客さんが居たニャ〜。夕方の5時頃紫蘇ジュ−スを注文した女性客が居たニャ〜。ちらしを封筒に入れてから糊付けをする事を一日かけて2人でやったからようやく終ったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。この入れ物怖いね〜。どうして?だってコップリさんだもんニャ〜。5

9・11日曜日今日はココル−ムは休みの日ニャ〜。でもニャ〜午後2時頃に南森町の駅に集合で、もうそこには8人居たニャ〜。そして11人となり南森町から町歩きという事で大塩平八郎が若い頃住んでいたという与力町や同心町を抜けて造幣局へ行き、天満橋で2人が帰ったので9人となり天満橋から地下鉄に乗り本町へ出て、大塩平八郎が自殺?をしたという場所を5〜6人で見て回ったニャ〜。見学?が終わってから喫茶店で350円の生ビ−ルを注文したニャ〜。とても暑かったのでおかわりまでしたニャ〜。他の人達もそれぞれ注文していたニャ〜。2〜3時間?歩いてとてもいい運動にニャったニャ〜。

今日の名言ニャ〜。ア〜ウルチャイニャ〜。6

9・12月曜日今日でブログを始めて1週間ニャ〜。9時頃かき氷を食べにこころぎへ行っニャ〜。その後、チャリンコ(自転車)でちらし2〜3枚をこころぎへ届けたニャ〜。11時頃チャイを注文したお客さんが居たニャ〜。昼頃からハ−トランドを3人で飲み出したニャ〜。ようやく青森からオ−ニャ〜が午後1時半頃帰って来たニャ〜。今日の賄いは鯖の焼き魚とキムチと大根おろし・・・ただニャ〜。今日も午後6時頃飲み友達が来てくれたニャ〜。そこで恒例のハ−トランドを2人で飲んだニャ〜。

今日の名言ニャ〜。鯖が威張ってサバイバルニャ〜。7

9・13火曜日朝9時半頃15人の人が来たニャ〜。何処かの大学の学生で研修に来たらしいニャ〜。10時頃アイスコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。昼頃、町歩きに出発したニャ〜。少ししてアイスコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。こころぎのコ−ヒ−チケットを印刷したニャ〜。3時頃、ジンジャ−エ−ルを飲みに来たお客さんが居たニャ〜。今日は午後6時に閉めると言うニャ〜。賄いはカレ−だったニャ〜。5時頃、紫蘇ジュ−スとアイスコ−ヒ−を頼んだお客さんが居たニャ〜。今日の名言ニャ〜。よっこらセットニャ〜。8

9・14水曜日10時半頃来てまずこころぎのコ−ヒ−チケットを猫とコ−ヒ−のイラストを入れて作ったニャ〜。その時に研修中?の女子大生が2人居たニャ〜。昼頃、アイスコ−ヒ−を注文したお客さんが居たニャ〜。オ−ニャ〜にちらしの住所が違う為、書きニャおしてくれと頼まれたニャ〜。賄いは焼き魚とキムチとサラダ・・・ニャ〜。3時頃、ちらしの住所が違う為、黒いマジックで塗り潰したニャ〜。5時頃、3時のおやつの時に使ったお皿を洗ったニャ〜。その後、近所のコンビニ「ファミリ−マ−ト(ファミマ)」へ公共料金を支払いに行ったニャ〜。5時半頃、一人の男性客がアイスコ−ヒ−を注文したニャ〜。その10分後位に宝塚在住の飲み友達が来たニャ〜。夜8時頃から、この辺り

(飛田周辺)を回るらしいニャ〜。という事で6時過ぎから野宿をしている人達に配るおにぎりを作る準備が始まったニャ〜。おにぎり作りスタ−トニャ〜。全部で幾つ出来るのニャら。

今日の名言ニャ〜。秋だね〜。そのはニャしはもう秋田ニャ〜。9

9・15木曜日10時頃、9人の団体さんが来たニャ〜。昨日の夜回りは20個位おにぎりを作ったらしいが10人しか居なかったので、10個も余ってしまったらしいニャ〜。猫とコ−ヒ−のイラスト入りのコ−ヒ−チケットは完成したニャ〜。後で印刷するニャ〜。11時半頃、4人の研修に来た女子大生?が帰って行ったニャ〜。女子大生が帰った10分後位に9人の団体さんが帰って行ったニャ〜。今日の賄いは素麺チャンプルと茄子とおくら入りのかき玉汁ニャ〜。素麺チャンプルはオ−ニャ−さんの手作りニャ。すごいニャ〜。2時頃、一人の女性が来てもう30分もおしゃべりをしているニャ〜。3時頃、ようやく帰ったニャ〜。5時頃、ジンジャ−エ−ルを飲んでいる女性客が居たニャ〜。5時半頃、ハ−トランドを飲みに来た1人の男性客が居たニャ〜。その後、もう一人ハ−トランドを飲みに来た女性客が居たニャ〜。6時頃、キリンビ−ルの小瓶を飲みに来た男性客が居たニャ〜。

今日の名言ニャ〜。カッタ−を使ってよカッタ−ニャ〜。10

昼頃、キリンの氷結(酎ハイ)を注文した男性客が2人居るニャ〜。


● 猫君のココルーム観察日記 はじまるの巻!

店の様子

ココル−ムに来るようになったのは6月5日にあったカマメ祭りからであり、その1ヶ月後位から経理の仕事を手伝うようになり、自宅の裏辺りにあるこころぎにも行くようになり、もう4カ月経ってしまったニャ〜これがここに来るようにニャった経緯ニャ〜。ここ3週間位前からココル−ムのSTUFFと一緒に3週間位前から昼食を食べるようになったニャ〜。2〜3日前にココル−ム周辺で土座衛門が出て大騒ぎになったニャ〜。それの始まりは土曜日の晩からで時間は分からないが一か所に留まらず場所を移動したらしいニャ〜。だが詳しい事は分からずじまいだったニャ〜。

9・6火曜日今日、5:30頃来た客とは1ヶ月程前から顔見知りとなり、2人で一緒にビ−ルを飲むようになった。名前はまだ良く分からニャ〜い。その人は宝塚に住んでいるらしいニャ〜。西ノ宮へ卓球をしに行くらしいニャ〜。毎週火曜日は商店街が休みの為、殆んど人通りがニャい。


● 9月句会の句

九月の句会、句題は、稲雀・秋の空・月見でした。

私は留守番で参加できなかったのですが…、

とても盛り上がったそうで!

 


風渡り 陽かおる 秋の空
風呂がえり 自転車そよ風 空の月
かくれんぼ 一茶いずとも 稲雀
ホットコーヒーが おいしくなって 秋来たと

心登
世を拗ねて 人に道説く 秋の空
鰯焼く 空より睨む 鰯雲
釜の街 一人旅立つ 秋の暮れ
酒を断ち 団子ほおばり 月見かな

祐三子
ウィキペディア みんなの友だ 早々もの知り
満月に 君を想ひて 空蟬の あなたの中に 光漂ふ
こころもち ひんやりしずむ 秋の空
お月見の すすきを刈ると 友人は 朝から励む 心うるわし

ねこ
秋祭り 運動しよう 頑張って
秋祭り 今年も何処かで やるはずだ
月見てる 夜空をあおぎ 心する


秋の空 降りしきる雨 多すぎる
月見草 ひまわり過ぎて 本番だ
秋の空 雲間にうつる 後影

こて
秋空に 心うばはれ 吐息付く
長雨に ひとり急須の 紅茶のむ
重陽の 水面にうつる 菊見酒
稲雀 案山子つくって むかえうつ

忠太郎
限りなく 白一色の 蕎麦の花
白い雲 三球続けて ストライク

● フェルデンクライス・メソッド 「動きながら気づく」

フェルデンクライス・メソッド 「動きながら気づく」
9月14日(水)15時30分~
9月27日(火)14時~

会場:えんがわ茶屋 こころぎ
(大阪市西成区萩之茶屋2-7-7  支援ハウス路木1階)
参加費:無料(カンパ歓迎)
講師  :小手川望

フェルデンクライス・メソッドの「動きながら気づく」は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して、無意識にもっている体の習慣に気づくための運動です。

体のもっている可能性を探り、動きの質を向上させることをめざします。自分のペースでゆっくりおこなえる、簡単な運動です。

● 印刷・発送ボランティア募集(今週)

ココルームでは、以下のとおり、ボランティアを急募してます。

期日:9月5日(月)~10日(金)くらいまで 

一日のみ、一時間だけとかでもありがたいです

内容:輪転機での印刷補助、チラシ折り、発送用封筒はんこ押し、封筒詰めなど

詳細については、ココルーム(06-6636-1612)までお電話ください。

 

 

● 大阪の元気をとどけよう(大阪マラソン応援イベント)

本日、94日(日)午後1時より、動物園前一番街商店街では、大阪の元気をとどけよう(大阪マラソン応援イベント)

がおこなわれます。

 

1)福島県物産販売

2)大阪マラソン1位タイム予想投票(的中者多数の場合抽選にて3名様に商品)

3)東日本震災義損金募金

 ・千本引きコーナー

 ・似顔絵コーナー

 ・書道コーナー

 

動物園前一番街、飛田本通商店街振興会

● 工作の日

日時:毎週月曜日
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

こどももおとなもおじいさんもおばあさんもひまなじかんをひまつぶし!

● OCA!しげやんダンスワークショップ

日時:9月25日(日)15:30

参加費:無料・カンパ歓迎
場所:こどもの里

こどもの里にて、こどもたちとともにワークショップを体験します。
詳細はこちら→http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/oca-npoin.html

北村成美(ダンサー・振付家)
6歳でバレエを始め、ロンドンにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。モットーは「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」。平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。全国各地でご当地ダンサーズを結成、その拠点として「草津ダンス道場」を開く。

● ゆるせつ会

日時:9月24日(土)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

カマメやココルームをどんな場所にして行きたいか、皆で知恵をしぼります。

● 「うさぎ」を読む会

日時:9月29日(木)19:00
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。
場所:ココルーム

小沢健二さんのテキストを読みます。

● ぱそこん教室

日時:9月21日(水)18:30
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

● えんがわ健康相談会

日時:9月21日(水)14:00

参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかりおくちのケアを学びましょう。看護士さんと歯科衛生士さんが来てくださいます。

● カルタづくりに挑戦

日時:9月20日(火)15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

気軽にカルタの絵を考えます。お正月めざしてカルタづくり。

● カマン!TVを見る会

日時:9月19日(水)13:00

参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

毎度おなじみ!アサダワタルさんの操る街頭テレビをわいわい見ます。

● 釜っぷ

日時:9月18日(日)15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター集合

釜ヶ崎とその周辺地域を歩き、魅力を地図にしてきた企画。この日はこれまでに集めた情報を整理します。

● こころのたねとして 詩づくり

日時:9月17日(土)16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

その日、カマン!に居合わせたさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

● 自分ガタリの会vol.10 サタケレコードさん

日時:9月16日(金)19:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

大好評だった自分ガタリの会が復活。詩の学校がきっかけでココルームに顔を出すようになったサタケさんが語ってくれます。

*サタケレコードさんについて…

古書とクラシックCDの店 サタケレコード 佐竹昭彦(29歳)
CD屋をやっています。僭越ながら今回、自分の人生と仕事について語らせて頂きます。その前に簡単な自己紹介。生まれも育ちも大阪市。三男坊。父からは「三男じゃなくて、災難じゃ、お前は!」とネタにされ、育つ。高校時代、無期停学三回、高校設立100年以来、空前絶後のダメ生徒と呼ばれる。校長から。(詳細は当日!)。中学二年の頃から芸術は爆発だから人生も爆発だと思い、常軌から離れ、大学時代に鬱病と診断され、いろいろ活動して、復活。哲学科卒。社会人となるが、リストラなどで3度の転職。不景気、リーマンショック、就職氷河期のトルプルパンチで、サラリーマン生活を終える。その後、地下酒場「阿留酎(あるちゅう)」や布施のパソコン塾「寺子屋」で修行。そんな人。当日は質疑応答何でもあり、気楽にどうぞ。現在は精神病院に勤務しつつ、クラシック音楽のCDをAmazonで販売中。 サタケレコード:http://www.amazon.co.jp/shops/A27VZHDYUZ38QG

*自分ガタリの会とは…

パブリックスペースカマン!メディアセンターにて、1人の人の人生をその人自身に語ってもらうという、プライベートとパブリックがダイナミックにせめぎ合う 会。いろんな人の生きてきたお話を聞くと、自分の生きる参考になったり、こんな人もいるんだ…と励みになったり、その人のことを改めてすきになったり、その人にすこし近付けたような気になったりする。でも、ゆっくり聞くタイミングがなかなかない。仕事でいそ がしかったり、きっかけがなかったり。そんな中、思いっきりプライベートな話を「聞く」 という時間をこの際つくってみよう!ということでやっていきます。

● 原発ジプシーを読む会

日時:9月15日(木)16:00

参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

堀江邦夫『原発ジプシー』(現代書館、初版1979年)をみんなでよみます。
七月の読書会では、通りがかりのおっちゃんで、原発労働経験のあるかたが、お話を聞かせてくれました。はたまた通りすがりのおばちゃんは、広島の原爆の記 憶、自身の呉市での空襲被災、負傷、障がいをおった経験、そして罹災の記憶を食い縛った歯の奥、胸の底にこらえ、動かない片腕を抱え差別のまなざしに耐え て生きた戦後の半生を、語ってくれました。 釜ヶ崎の「えんがわ」はどんな予断もゆるしません。でもだからこそ、底無しに豊饒です。そんな場所で、『原発ジプシー』読みましょう。

● 詩の学校

日時:9月14日(火)19:30
参加費:1000円
場所:應典院(おうてんいん)

1回だけの参加もOKです。現在、自主運営方式で開催中筆記用具、ノートか紙を持参してください。
詳細はこちら→http://www.kanayo-net.com/poem_school/

● 夏のカレー アツカン公開勉強会 第五回『政策提言にむけた話し合い』

日時:9月13日(火)16:00
参加費:カレー500円+カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋こころぎ

カレーを食べながら大阪の文化政策について考えます。カレーは500円、えんがわ茶屋こころぎにて。

● カフェ放送てれれ上映会

日時:9月13日(火)16:00

参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

市民メディア・てれれの映像をみんなで見ておしゃべりします。参加費500円。
詳細はこちら→ http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/post-1245.html

● 釜ヶ崎句会

日時:9月9日(金)15:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋こころぎ

九月の季語は 「稲雀(いなすずめ)・月見・秋の空」です。えんがわ茶屋こころぎでおこないます。

● ぱそこん教室

日時:9月7日(水)18:30
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとつけるところから始める、初心者のためのぱそこん教室。

● こころのたねとして 詩づくり

日時:9月6日(火)19:00
場所:カマン!メディアセンター

その日、カマン!に居合わせたさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

● 夏のカレー アツカン公開勉強会 第四回『みんなで考えた大阪のアーツカウンシル妄想の分類』

日時:9月6日(火)12:00
参加費:カレー500円+カンパ歓迎
場所:えんがわ茶屋こころぎ

カレーを食べながら大阪の文化政策について考えます。アツカンとはアーツカウンシルのこと。カレーは500円、えんがわ茶屋こころぎにて。
詳細はこちら→ http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/08/post-1245.html

● 釜ヶ崎まちあるき

日時:9月4日(日)14:00
参加費:1000円/1時間半(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)
場所:ココルーム集合

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードの ある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感 じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。

● アートと人類学の勉強会

日時:9月3日(土)18:30
参加費:無料・カンパ歓迎

劇作家 岸井大輔さんと人類学者 岡本さん企画の会です。どなたもお気軽に。

● たそがれコンサート

日時:9月1日(木)18:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:ココルーム集合

淀川工科高校吹奏楽部によるコンサートを三角公園に見に行きます。ココルーム集合。

このページのトップへ