イベント情報

日記

作品&プロジェクト

2011年4月の記事

● 5月7日平井さんの、追悼式がふるさとの家で 行われます。

小生も、20年以上前仕事を一緒に、したことがあり真っ直ぐな気性の人で自分が正しいと思うと、平気で上司と身体を張って喧嘩をしてた。小生は、何にでも向かっていく平井さんが憧れで大好きたった小生に社会の矛盾を教えてくれた平井さんは、釜の生き字引と言われた人で小生も仕事が終わると、立ちのみ屋で釜の歴史を聞いたものでした。小生も是非、出席して一言、平井さん本当にお疲れ様、いままで、ありがとうと小生も行かれず、迷惑とは思いましたが、本田神父さんに手紙を出してお願いしました。皆さんも平井さんを知ってるかたは、見送りに行ってあげてくださいお願いします。釜のアンコのぼるより

● 小生の拾ってきた石。元気になるキャラ、カマンポンくん、可愛がってな

SH3H03450002.jpg

悩んだり病気になったりしたら、いつもそばに来て 暖かく見守り、愚痴も聞いてくれパワーをくれるんだ 元気になるキャラカマンポンくん釜が崎にも、行こうな

● 東北の障がい者施設の製品販売会のおしらせ

東北で被災された障害者福祉事業所で製作されている授産品を、東京・愛知・大阪
といった都市部で販売する参加型プロジェクトが始まります

詳細は以下URLよりご参照ください。
http://www.insweb.jp/report/minnaDE.html

● 誠実さとか、小生は人との関係、付き合いのなかでは大事にしてる、そこ から信頼が生まれてきた。

カマメの本にも、少し触れられていたが、変わらなければ、自分は何の為に人として生まれたか意味が見いだせなくなってしまってたその考えにいきつくまでも容易では、なかった。カマメに出入りするようになりいろんなイベントに参加できるようになり、苦手だった人前でも、少しづつ話しができるようになった、ことは自分の気持ちの中で大きな喜びと前進だった。60歳を前に、今からでもいいんだ、何か自分でも人に喜んでもらえる事がやりたいって真剣に思い始めた。カマメも、未知の魅力であふれてた、当時、自分がこんなに参加できるとこは
カマメしかなかった、イベントの看板もああいいよってまいちゃんが自分みたいな下手な字なのに、任せてくれた、いままで自分も釜の日雇いで、生活してたから、そんなに、自分みたいな人間でも、役にたっ てんやとうれしくなり、まいちゃんって娘自分らにも差別せんし、いい人間なんやと感じた。同じ目線で話してくれた事、釜以外の人はあまり、真剣に向き合うさえ自分にはしてくれなかった、もちろん、自分のいたらなさも大いにあったけど自分は依存ではないと思うんだけよく出入りはしてたカマメが未知との遭遇 みたいなで自分も参加できる喜びまあ魅力的だった自分の中の変えなければもあってのしつこいぐらい熱くなってたのも事実、なつかしく当時を反省しつつも、かけがえない日々だった、みんなも、ありがとう

● ] 5/1シネ・ヌーヴォ劇場初公開!「君はなぜ戦争に行った?」スペシャルイベントのご案内


5/1(日)19:30~
上映作品「君はなぜ戦争に行った?イラク帰還兵の沖縄ー」
「ポスターガール」
2011年アカデミー賞候補作品、IVAW・女性兵士を追ったドキ
ュメント
トークショウ イラクからSANAテレビバグダッド支局長サーレフさん


★4/30~5/20劇場公開!『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

【場所】シネヌーヴォX(アクセス)
「梅田」・「なんば」から地下鉄御堂筋線に乗車。「本町」で地下鉄中央線
に乗り換え、「九条」下車、6番出口から徒歩3分(アーケード商店街を進み
パチンコ・オメガを右折、次を左折、「やまと薬局」を右折すぐ/阪神なん
ば線「九条」駅2番出口徒歩2分(駅の案内地図をご参照下さい)


【日程・時間】詳しくは、シネヌーヴォXのHPをご覧下さい。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/iraku.htm

【チケット】
当日一般 1000円、前売り券 800円 (Pコード:462-759)
5/1スペシャルイベント 当日券1200円 前売り券 1000円 (Pコー
ド:557-735)
劇場窓口、メディアスタジオSANA、セブンイレブン、サークルKサン
クス他にて好評発売中!!




『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

時間  48分
制作年 2011年
制作  イラク平和テレビ局inJapan

2010年IVAW(イラク反戦帰還兵の会)の元米軍海兵隊員ブライアン・キャス
ラー(26才)が来日した。
自らの戦争体験と入隊経過を語る。そしてかつて配属されていた沖縄を訪れ
る。「17才の時、母がガンと診断され多額の医療費で貧困状態となりまし
た。18才の時母は他界しその1ヶ月後、海兵隊に入ったのです。大学に行くた
めに軍隊にはいるしかありませんでした」貧困から軍隊へ。沖縄戦の戦跡、
普天間基地、美しい名護・辺野古の海を訪れ、沖縄の若者たちと交流するブ
ライアン。戦争と基地、若者の貧困問題はアメリカも日本も同じ・・・。戦
争と貧困のない世界の希望が見える。

●同時上映

①「イラク 占領に立ち向かう-真実を映す民衆メディア・サナテレビ-」
時間 34分
制作年 2010年
 制作  イラク平和テレビ局inJapan  著作 サナ衛星テレビ
内容  米軍による占領が8年以上続くイラク。犠牲者は100万人を越え、
失業と貧困に苦しむ人々、難民、女性、子どもたち。しかしそこには占領
に立ち向かい、人間らしい社会を取り戻す市民、労働者、IFC(イラク自
由会議)の闘いが湧き起こっている。自由で勇敢な独立テレビ局・サナ衛星テ
レビの開局(2007年)から3年間の映像を集大成して、イラクの真の姿を伝え
る。



②「ジャーリード地区の人々-イラク国内難民は訴える-」

時間  24分
制作年 2008年
 製作  日本語版 イラク平和テレビ局inJapan 著作 サナ衛星テレビ
内容  イラク占領以来、国内外の難民は450万人に達する。サナ衛星テレ
ビの取材クルーは国内難民が廃墟のようなビルに住みついているバグダッ
ド・ジャーリード地区を取材した。外から見たら近代的なビルだが、内側は
まさに廃墟。ゴミは回収されずに、ビルの1階の中央ホールにあたるところ
に上から投棄されている。階段には手すりはない。部屋に入っても、外壁さ
えもない。住民は「寒いときには死にそうになる」という状態だ。

③「2008年バグダッド、サドルシティ- ~米軍による空爆被害~3月25日-
5月4日」
時間26分
製作年 2008年
製作 日本語版 イラク平和テレビ局inJapan  著作 サナ衛星テレビ
内容
 2008年3月25日から5月4日にかけて、アメリカ軍はバグダッドの
サドル・シティーを包囲して攻撃した。この時期、ブッシュ政権は「3万人
による派兵拡大のおかげでイラクでは治安が回復し、市民の犠牲が大幅に減
った」と宣伝していた。しかし、サドル・シティーではアメリカ軍によって
200万人の住民が7週間にわたって孤立させられ、救急車が銃撃され病院
も爆撃された。死者は数百人以上と言われている。サナテレビは米軍の戦争
犯罪による市民の被害を唯一撮影し、イラク、中東、ヨーロッパに放映し
た。

● 草花の清らかな爽やか感じ

SH3H03200001.jpg

今の小生の、弱気な気持ちを吹き飛ばし、元気な頃を取り戻したくなり、カマメの本がどうしても見たくなり、子供にカマメにもらいに行って送ってもらった。やっと届き見ている。見てよかった。みんな、結構まじ、真剣、カッコよくないが生きざまが、小生にびんびん伝わってくるんだ。この、ときめきはなんなんやーほんま、見てすっきり 迷った時、この、カマメの本があれば乗り越えられる小生にとって釜で過ごした大切な、重みのある日々を綴った宝物だ。このカマメの本を創った人、このカマメの本に参加した人、共にでも過ごした事に小生、感謝したい。ありがとう

● ココルーム、カマメ4月のイベントスケジュール

★4月1日(金)13:00~16:00
モモを読む会

日時:4月1日(金)13:00~16:00
場所:カマン!メディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ミヒャエルエンデのモモを劇作家の岸井さんとみんなで読みます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月3日(日)15:00~17:00
釜っぷKAMAPを作る会

日時:4月3日(日)15:00~17:00
料金:無料
場所:カマン!メディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あった らいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という 街の魅力を、みんなで書き込んでゆく会です。釜ヶ崎を知り尽くした方も、この街に出会ったばかりの方も、ぜひどうぞ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月5日(火)15:00~16:30
AAFキックオフ報告会

日時:4月5日(火)15:00~16:30
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

2011年アサヒ―とフェスティバルhttp://www.asahi-artfes.net/に参加することになったココルーム。
アサヒ・アートフェスティバルが開催される前に、キックオフイベントが3月5、6日と東京墨田区アサヒアートスクエアで行われました。そこに参加してきた、スタッフ寺川と原田(できれば)の報告です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月6日(水) 15:00~18:00
ももんが堂 マッサージ

日時:4月6日(水) 15:00~18:00
料金:15分 500円
場所:カマン!メディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ももんが堂  マッサージ
からだのこえにみみをすまそう

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月10日(日)16:00~17:00
釜っぷをもってみんなで歩く会

日時:4月10日(日)16:00~17:00
料金:無料 (ですが、カンパ歓迎)
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

4月3日の釜ヶ崎マップをつくる会でつくったマップをもってみんなであるきます 手ぶらでお越しください

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月13日(水)18:00~19:30
ぱそこん講座

日時:4月13日(水)18:00~19:30
料金:500円
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

電源ぽちっとから教わることのできる、初心者のためのぱそこん講座。みんなでおしゃべりしながら仲良くやっていきましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月14日(木)14:00~15:00
猫供養と花見の会

日時:4月14日(木)14:00~15:00
料金:無料
場所:ココルーム集合
大阪市西成区山王1-15-11

14時 ココルーム集合
15時前 現地解散

西成区山王界隈はかつて芸人の街「てんのじ村」として知られました。
近くにある松ノ木大明神の境内には猫塚があり、三味線づくりのために屠られた猫の霊を供養し、また芸ごとの成就を祈願するために多くの芸人の信仰をあつめてきました。
各人が「芸」(アート=表現する技術)を高める祈願のために桜をめでながら、猫供養をとりおこないたいと思います。
いっしょに小さな声で「ねこのうた」をを歌うかもしれません。

注意:猫塚は住宅街のなかにあるため、静かにおこないます。
また飲食はありませんのでご注意ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月15日(金)18:00~20:00
(ごはんをたべつつゆるゆると ごはん:500円)
寿町お泊りフォーラム おしゃべりほうこくかい

日時:4月15日(金)18:00~20:00
料金:500円(ごはん代)
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

3月11、12日と開催された寿第1回お泊りフォーラムの報告をスタッフ原田麻以がします。
(ごはんをたべつつゆるゆると ごはん500円)
http://forum.creativeaction.jp/?page_id=2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月17日(日)13:00~15:00
ゆるせつの会

日時:4月17日(日)13:00~15:00
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月17日(日)15:00~
釜ヶ崎句会

日時:4月17日(日)15:00~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

今月の句題:野遊び、囀り(さえずり)、菜の花

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月17日(日)16:00~17:00
釜っぷをもってみんなで歩く会

日時:4月17日(日)16:00~17:00
料金:無料 (ですが、カンパ歓迎)
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

釜ヶ崎マップを作る会3回目。今回から実際にマップに記入していきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月20日(水)14:00~15:00
健康おしゃべり相談会

日時:4月20日(水)14:00~15:00
料金:無料
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

看護師梅田さんとおしゃべりしながら健康相談
無料

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月20日(水)15:30~
日常きもの指南 きつけ教室

日時:4月20日(水)15:30~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

今回は名古屋帯を練習するよ
限定 三名(要予約

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月23日(土)17:00~
ゆるせつの会

日時:4月23日(土)17:00~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月24日(日)13:00~18:00ごろ
東日本大震災の義援金をつのり、東北へおくるライブ

日時:4月24日(日)13:00~18:00ごろ
料金:投げ銭(投げ銭や売り上げはすべて募金)
出演:ひみつキングほか
場所:ココルーム
大阪市西成区山王1-15-11

ライブは完全アンプラグド(節電のため)
ライブチャージの代わりに投げ銭という形で募金してもらう。全額寄付
バンドのCDとDVDの売上 すべて募金
寄付先は東北魂

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月25日(月)17:00~19:00
カマン!TVフューチャリング 工作の日

日時:4月25日(月)17:00~19:00
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

アサダさんのカマン!TVの日
みんなでカマン!くんでテレビ(youtube)をみよう

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月26 日(火)15:00~16:30
あたまのまわりのものをつくる会

日時:4月26 日(火)15:00~16:30
料金:無料
場所:カマンメディアセンター^
大阪市西成区太子1-11-6

イタリア仮面劇を経験し、仮面づくりをしたい!と言うおじさんとアメリカ帽子づくりワークショップでもりあがったみんなで仮面や帽子などなど、あたまのまわりのものを勝手につくります。
参加費:無料
※つくりたいものがある人は道具・材料持参でおねがいします

布のはぎれや紙などなどあるので、手ぶらでも大丈夫です

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月27日(水) よまわり開始20:10 終了21:00
山王ミニよまわり

日時:4月27日(水) よまわり開始20:10 終了21:00
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

16:00~おむすびなどすこしづつ準備
19:20~みんなでごはん(カンパ制)
20:10~ミーティングのあとよまわり開始
21:00ごろ終了

※野宿のかたに、おむすびやカイロをくばります。
お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月29日(金)14:00~16:30
釜っぷをもってみんなで歩く会

日時:4月29日(金)14:00~16:30
料金:無料 (ですが、カンパ歓迎)
場所:カマンメディアセンター集合
大阪市西成区太子1-11-6

一時間街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。
東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★4月30日(土)15:00~
ゆるせつの会

日時:4月30日(土)15:00~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★毎週月曜日 10:00~18:00
カマメで工作~オッタマゲーション!~

日時:毎週月曜日 10:00~18:00
料金:無料
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

こどももおとなもおじいさんも、おばあさんも、ひまなじかんをひまつぶし!
手ぶらでOK、差し入れOK、レッツカモン!
参加費:無料
inカマン!メディアセンター

● 小生は学校出て社会人になった時、故郷に錦を飾ろうと15の時決め た

現実からの、逃避甘くは見てなかったけど社会はきつく理不尽だった。社会を恨んだ、学歴もあない小生は学校に行かしてくれなかった親父を恨んだ、なんにも、社会が判って無かった15才のガキだった、親父 悪かった、知らずとはいえ今は、判るがもう遅い

● 被災地でのボランティア活動を終えて~感じたことを分かち合う会~

被災地でのボランティア活動を終えて
~感じたことを分かち合う会~

5/8 京都、5/14 大阪、5/29 東京
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://homepage2.nifty.com/citizenship/bosyu/20110508.html

東日本大震災の被災地でボランティア活動をされたみなさん。
戻ってこられて、どのような心持ちで日常を過ごされているでしょうか。

「あのできごとが、まだうまく整理つかない…」
「何かもやもやした感じが…」
「気持ちが落ち着かない…」
「現地の状況を思うと、この平穏な状況のギャップが…」
「うーん、とにかく誰かに話を聴いてもらいたいなぁ」

そんな心持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そこで、私たちは被災地での活動体験を
分かち合う場を設けることとしました。

温かいお茶でも飲みながら
無理にまとめなくてもよいので、
ゆっくりと感じたことを、ありのままの形で、見つめたり、
声に出してみたり、聴きあってみたり、してみませんか。

分かち合っていく中で気持ちや気づきが整っていき、
これからの歩みが浮かび上がってくるかもしれません。

被災地での活動を経験され、
こういう場が自分に必要だと思うあなたの
ご参加を心からお待ちしています。


■日時と場所:
(京都会場)
・日時:2011年5月8日(日)13時~17時30分
・場所:さいりん館(京都市中京区)
http://www.sairinkan.com/
(大阪会場)
・日時:2011年5月14日(土)13時〜17時30分
・会場:浄土宗應典院 研修室B(大阪市天王寺区)
http://www.outenin.com/
(東京会場)
・日時:2011年5月29日(日)13時〜17時30分
・会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
センター棟304号室(東京都渋谷区)
http://nyc.niye.go.jp/

■対象:東日本大震災の被災地でのボランティア活動経験をお持ちの方

■定員:10名程度(先着順)
■参加費:無料

■プログラム
12:30 開場・受付
13:00 オープニング
13:30 セッション1「お互いを知る」
14:00 セッション2「感じたことを分かち合う」
16:30 ふりかえり「これからに向けて」
17:30 終了

■ファシリテーター
(京都会場)
・川中大輔(シチズンシップ共育企画)
・東末真紀(神戸まちづくり研究所)
・小林健司(スペシャルサポートネット関西)
(大阪会場)
・川中大輔(シチズンシップ共育企画)
・長尾文雄(フリーランス)
・東末真紀(神戸まちづくり研究所)
・小林健司(スペシャルサポートネット関西)
(東京会場)
・青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所)
・池澤良子(東京ボランティア・市民活動センター)
*プロフィールはウェブでご確認ください。

■共催:シチズンシップ共育企画、青木将幸ファシリテーター事務所、さいりん館
■協力:應典院、環境共育事務所カラーズ

■お申込&お問合せ先
下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
お問合せにつきましても、メールにてご連絡ください。

・事務局メールアドレス(担当:川中・鈴木)
info.pocco@gmail.com
_____________________________________
■申し込みフォーム
※メール件名=分かち合う会申込(名前○○○○○)
※送信先=info.pocco@gmail.com

○参加会場(京都・大阪・東京のいずれか):
○お名前(ふりがな):
○電話番号(緊急用なのでできれば携帯):
○年齢:
○性別:
○メールアドレス:
○被災地でなされた活動(代表的なものを簡単に):
○参加するにあたって、一言:
○この会を何を通してお知りになりましたか?:
(例:××さんの紹介、○○のメールマガジンなど)
__________________________

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、シチズンシップ共育企画および青木将幸ファシリテーター事務所が利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。
--

● <EXPOSE 死の灰>展のご案内

第五福竜丸事件をご存知ですか?
戦後初めての被爆者をだした、第五福竜丸事件。この事件をきっかけに世界中で巻き起こった反原水爆運動。日本でも1950年代よりあらゆる芸術分野の人々が、原水爆を表現することを試みた、、、。

下記ウェブサイトからチラシPDF、リリースをみていただけるので、ぜひご覧になってください。

<EXPOSE 死の灰>展  ※チラシPDFはこちらから
http://www.expose-fallout.com


震災や原発の被災地との芸術面でのつながり、文化的支援を、さまざまな立場で、さまざなアプローチで考え、実行に移されている方も多いと存じます。
この<EXPOSE 死の灰>展は、3.11の震災以前から準備をしてきた企画です。
新しい創造のために、過去を知る、学ぶこと。このシンプルな想いを実行することからはじめた企画でした。
しかし、福島原発の問題であまりにもタイムリーとなテーマに、、、、そのLIVEな時間をも展示するプロジェクトとなりました。
原発と原爆は、本来は異なるものですが、でももちろん根っこはつながっていること。
目黒区美術館で予定されていた「原爆を視る」展が開催中止になったニュースはご存知のことと思います。
しかし、だからこそ、の開催です。
1950年代、土門拳、東松照明らの写真家や、粟津潔、杉浦康平らのフラフィックアーティストともに、「核」の脅威を表現してきた、林光(作曲家)、和田誠(イラストレーター)ほか、多彩なゲストが日替わりで登場します。


福島第一原発の状況が危ぶまれる中、センシティブな主題ではありますが、本展が、ヒロシマ、ナガサキ、そして第五福竜丸という核の災禍を身体に刻んできた私たちが、目の前の現実に対して今何が可能であるのか、静かに考える機会になればと願っています。

エイブルアートに参加された皆様におかれましては、グラフィックデザイナー:粟津潔に関心を寄せていたことのある方もいるのではないかと思います。
粟津デザイン室から、 目黒区美術館「原爆を視る」展(開催中止)に貸出し予定であった土門拳『ヒロシマ(研光社)』をはじめ、川田喜久治『地図(美術出版社)』(装丁:杉浦康平)、東松照明『1102 NAGASAKI』、『広島・長崎(平和のアトリエ)』等の各種写真集もお手に取って観ていただける、貴重な機会です。 
ご来場を心より、お待ち申し上げております。


三宅文子 : <EXPOSE 死の灰>展  企画制作

● 花を見てきた、きれいとかの表現でなく飾らない自然がいい、ありのまま の自然が、心をうたれる

SH3H03230001.jpg

毎日、飾らなければ生きられない人、一度、野山にいって、大自然の中で深呼吸して叫んでごらんよ。この宇宙に、自分と言う人間は自分しか生きられないんだもっとおおらかに、自由にいきるんだあ!楽しくなるから、クヨクヨするな、

● 釜の30年前越冬の夜廻り小生も緊張してた、特に三角公園、シノギやも いたし

シノギやは、武器を隠しもってた、まだシエルターがない時だ、三角公園も今みたいに小屋もなんにもなかった、もちろん炊き火はあった病気の野宿者はいっぱいいた、ほっといたら朝になったら無くなる命、小生はほって置けなかっただけだ、救急車も呼んだ、どんな人間の命も、同じなんだこれが小生が、釜で学んだ大切な事なんだ。夜回りには小生の釜で生きてゆく
原点があるんだ

● 宮城県角田市から常さんが、送ってくれた米、今日、ここるーむの炊き出 しにお願いして炊いた

宮城県で震災に遭いかつ、頑張る常さん達の作った米を先日送ってもらい嬉しくて小生の無理なお願いで今日の、ここるーむの夜回りに配るおにぎりの中に常さん達が、一生懸命作った米を入れてもらった。釜でどんな事情で野宿を強いられたか判りませんが、人には言えないことばかりなのです、人生何が起こるやも知れません、こんな時こそ、大きな愛で見守って下さい。東北の震災とて、予期せぬ事なんです、暖かい気持ちで手をつなごう、今がその時だ。今日はここるーむさんのおかげで小生、大変、忙しい中、やって下されありがとう少しでも、判ってくれる人がいることを祈る

● 二週間ぶりの風呂、気持ちがリフレッシュできたよかった!

震災に遭い今なお避難所での、生活を強いられる皆さんの、気持ちが判る、小生は久しぶりぶりに風呂に入れて、よかったと思った、それさえ出来ないのは、同じに人間としてつらい後ろめたさもある、これも、現実なんだ。逃げられないこれも含めての、今なんだ。笑えれるはずがない。同情とか、支援とか、言う前に、出来ること、自分で、探すんだ。それが生きた学習だ、きれいな言葉には、なんの力もないんだから。現場に行き枯れ木の中から、少女の思いでの写真を捜し見つけて、少女の喜ぶ顔がどんなに小生はうれしいか。ひとつになること。
なだいなだのは、片目の哲学を読んでる。それが何になるか、なるんだ、この、思い、優しくが、みんなの気持ちを少しづついい力に変えよう、みんなも、思うよなあ〜

● 14日に入院して、はや十日になった。少し熱も下がりほっ とし てる、

小生の病名は、誰にも言ってません。小生の事上、人にあらぬ事はいいたくなぃ。退院については小生の治す意欲にかかってる、頑張ってみんなに早く会いたい

● ぱそこん講座

日時:5月1日(日)18:00~19:30
料金:500円
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

電源ぽちっとから教わることのできる、初心者のためのぱそこん講座。みんなでおしゃべりしながら仲良くやっていきましょう。

● 誰でも癒される花、 小生は好きだ!

SH3H03170002.jpg

こんな時だから、何を言っ てもだめなんや。自分のやりたい事をせめて、自分だけは、信じてやっていこう。人間には温度差があるもんだ、とは思ってたけどこんなにひどいものとは 小生も呆れ返り、今、大声で笑いたくなったハッハッハッハッハ、生きてるって実に楽しいもんだ

● 映画 うさぎのさんぽ チケット 作成:こはるちゃん

映画 うさぎのさんぽ キップ

● かまやん 絵:安藤信重

安藤さんのカマやん

● ◆原発いらないよ!おおさか駅前アピール4・29アクション◆のおしらせ

◆原発いらないよ!おおさか駅前アピール4・29アクション◆

  ☆とき  4月29日(金)午後1時~2時
  ☆ところ JR大阪駅・南側歩道橋(※雨天時は歩道橋階段下にて)

 原発って必要?
 もう一度みんなで考え直そうと呼びかけた行動の第2弾です。

 「原発はいらない」ということをたくさんの人たちに、
 知ってもらいたい! 感じてもらいたい! 訴えてもらいたい!
 そして、子どもたちの未来に安心・安全な世界を残したい!
 そう考えた人たちが集まり、4月29日、大阪駅前でアピールします!
 どなたの参加も歓迎です!!!
 チラシ・楽器・仮装・プラカードなどの持ち込みも歓迎です☆
 みんなで原発がいらないことをアピールしていきましょう~!!!
 よろしくお願いします☆


 ◆原発カフェ◆

    ☆とき  4月29日(金)午後2時30分~5時
    ☆ところ 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅12番出口を上がってすぐ、大阪朝日生命館6F阪南大学 サテライト

 講師は特に設定しません。
 原発いらないよ!おおさか駅前アピール4・29アクション
 が終了したらそのままの流れで参加していただければありがたいと思います。
 小出裕章氏のDVD(30分くらい)を上映と、※解りやすい解説もします。
 言い出しっぺのうちの数人が資料を用意し原発について少し語りますので、
 それを元に意見交換をかわし問題意識の共有をはかりましょう、ということなので
 皆さんにの自由な発言を求めています。

 今後どうやって原発わ止めるていくのか、
 そのための力になるような時間であればいいな、と思っております。


連絡先
info@antinuclear-k.com

● 「STOP原子力★関電包囲行動」のおしらせ

4月27日に「STOP原子力★関電包囲行動」として関西電力に包囲行動を仕掛けていきます。
とりあえず人数の読みはまったくしてません。いつ来ていつ帰るもOKです。

■とき  4月27日(水)午前10時~午後6時(※雨天決行)
■ところ 関西電力本店前(大阪市北区中之島3‐6‐16 地下鉄「肥後橋」駅300m)

■連絡先tatakau@kidae.info


服装、宣伝ツールも特に制限せず(トラメガでガーガーなどもOK)、
申し入れ行動、集まった人向けに署名集めるなど何してくれても良いので
とにかく集まれという感じで行きたいと思います。
実際に包囲になるかどうかは人が集まるかどうかですが、
包囲行動はここから始まります。


ビラはここです。→ http://kidae.info/kanden_houi/

ビラ表面本文----------
大量の放射能汚染水が湧き出ている福島第一原発の周辺状況を見れば、いくつかの炉の圧力容器や格納容器が無事では無い可能性が高いことを容易に読み取る
ことが出来ます。汚染水の出所は使用済み核燃料プールである可能性もありますが、こちらもメルトダウンも再臨界も充分起こせる代物で、現在進行中の危機
はメルトダウンから再臨界、大地を掘り進んで水蒸気爆発で土台がら吹き飛ぶという事態で、これを避けることが出来るのかどうかギリギリの所にあります。
一基でも水蒸気爆発が起これば、恐らく残り五つの原子炉周辺で作業することは不可能でしょう。そうなると次々とメルトダウンが起こり、チェルノブイリの
10倍を超す放射性物質がまき散らされることになります。
このような話をすると水蒸気爆発が起これば手の打ちようが無いから想定することも無駄だと考える人もいると思います。しかし、巨大地震に対して「想定は
無駄」と考えたのが東電を筆頭とする電力各社であり、1号機の炉心溶解(メルトダウン)の疑い濃い事故から数日という段階で現場から逃げだそうとしたが
それは許されず。今も放射性物質の粉塵が漂う地獄の中で働かざるを得ない状況にあります。
私たちがもう住めない程の汚染が関東・東北を超えて広がる事態があったとしても、数千万人の人々が難民となって暮らす場所などこの世界の何処にも無いの
ですから、いかなる最悪も想定して全ての準備、少しでも放射能の拡散を防ぐ手段を考えなければいけない時期にあります。
なのに東電任せの“対策”の中には石棺をつくる準備すら無いのはどういうことなのか?
連中はまたしても無責任に想定したくないことを想定せず、自らにとって想定外な事態を呼び込もうとしています。

この地震の多い国で巨大地震を想定外と言って恥じない連中に決定的な圧力を加えることは、私たちがこの世界で生き残る為に残された最後の可能性です。東
京まで行って東電を包囲すれば直接的で解りやすい話ですが、万を超え数十万という人間が東京に入るには、東京で反原発の闘いをする人たちの受け入れ体制
という問題があり、これは東京からの呼びかけを待つ必要があります。関西に住む私たちは、まず関電を包囲しましょう。
万を超す関電の包囲は東電に対して必ず大きな圧力となり、全国で反原発を闘う人々に大きな弾みとなります。

私は関電包囲の前哨戦として4月27日、関電一日包囲街宣を行います。
賛同いただけるならば時間内のいつでも良いので、この行動に是非参加頂きたいとおもいます。

● 5.7 THINK FUKUSHIMA + WALK IN KOBE

神戸でも原発関係のデモがあります

http://0507nonukekobe.tumblr.com/

● 久しぶりのおっちゃん通信だいぶ時が経った気がする

小生も、初めの頃からカマメに関わり合いを持ち楽しみにしてた。カマメの本 出版記念、まいちゃんおめでとう、長い間、体調もすぐれないなか、よく、頑張った。星、五つ、贈呈します。

● カマメの本が届きました!!

雨がたくさん降った今日、

カマメに、待ちに待ったカマメの本が届きました!!!

『アートと地域:社会実験としての小さな公共圏育成へ

カマン!メディアセンター 2009-2010』

まいちゃんがこの一年間、頭をひねって、パソコンとにらめっこをして、

多くの人たちとともに作り上げた、カマメについての本です。

 

みんなで開いてみる。

IMGP4379

表紙はこんな感じ。

IMGP4384

中は…二年間のカマメの記録写真いっぱいのページや、

IMGP4385

こんな、カマメについての気になるテーマのページ、

IMGP4386

しっかりテキストのページまで!充実すぎる内容となっています。

IMGP4387

この本には、いつもカマメを訪れるこの街の人、街の外からの人、

スタッフ、テキストを書いてくれた方、

もう本当に、カマメの小さなスペースからは考えられないほど

多くの人々の表情や文章や表現が詰まっています。

 

カマメってどんな場所?と聞かれると、

その返答にいつも困ってしまうけれど、

その、言葉にできないわけわからなさ、があるからこそ、

様々な人を曖昧なままにつないでいるところがあり、

この本はそんな様子をそのまま表しているのでは!と

まだテキストをしっかり読めないうちから思うのです。

IMGP4380

とにかくまいちゃん、デザイナーのけんさん、編集のいわぶちさん、

本当にお疲れさまでした。本を作ってくれてありがとうございます。

大切に読みます。

 

本の数に限りがあるので、できるだけ顔を見て渡したいと思っています。

ほしい方は是非、ココルームとカマメに足をお運びいただけると嬉しいです。

ものすっごくほしいけどどうしても来れないという方は、メールでもお願いします。

 

ゆうこ

● ゆるせつの会

日時:4月30日(土)15:00~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

●  「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクト のおしらせ

==========================================================

「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクト
発足会議開催!! サポートメンバー募集!!

==========================================================

KIITOの場を使った新しいプロジェクト
「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクトが始まります!

4月25日(月)19:00からキックオフミーティングが開催されますので、興味のある方は是非ご参加ください。



このプロジェクトは、東京在住の一人のクリエイターのある思いから始まりました。

3月11日の東日本大震災以降様々な場面で、様々なクリエイターが、様々な被災地支援活動を展開しています。そして、その様子はツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを通じてリアルタイムでレポートされ、瞬く間に私たちに目に飛び込んできます。

そんな大きなうねりの中で、若手のクリエイターやデザインやアート、建築を学ぶ学生たちのなかには、今回の震災に対して何もできない自分を恥じ、その無力感に苛まれている人も少なくないようです。

そうした状況の中で彼は、被災地の長い長い復興の時間軸の中で、その局面、局面でクリエイターによる様々な支援の形があったことを知りたい、そしてそれを多くのクリエイターたちが見ることができる形に表現したいと話してくれました。

今、私たちが、日々展開されている東日本大震災の支援の形をリサーチすることはできません。ただ、16年前に起こった阪神・淡路大震災を対象にすれば、これまで展開されてきたクリエイティブ分野(デザイン、アート、建築)の様々な支援の形をリサーチすることは可能であり、それらの活動を発災直後から今日に至るまでの長い時間軸の中でプロットしていくことはできます。

そして、このプロジェクトを通じて完成したプロット図は、東日本大震災の今後の支援に対しても、また、今後起こりうる未来の大震災の際の支援に対しても一つの指針になるに違いありません。

地道で、先の長いプロジェクトですが、しっかりとリサーチを積み重ねながら中身の濃いマップを作成していきたいと考えています。企画、リサーチ(書籍、ネット、ヒヤリング、など多数)、編集、制作、・・・本プロジェクトがこれから進めていく各セクションで活動を支えてくれるサポーターを募集します。

分野的にはデザイン、アート、建築を横断する形で対象にしたいと考えています。サポーターは、専門分野は問いません。クリエイティブ分野以外の方にもぜひ積極的にご参加いただきたいと思っています。

来る4月25日(月)19:00~発足企画会議をKIITOにて開催しますので、本プロジェクトに興味を持っていただける方はぜひご参加ください。


【発足会議(第一回企画会議)】
日時: 4月25日(月)19:00~21:00
会場: KIITO(貿易センタービル26階2620号室)
※全体企画会議は月1回程度の頻度で開催予定、その他ワーキング部会を随時開催予定。

発起人: 小林弘和(SPREAD代表)
協 力: 原久子(アートプロデューサー)、NPO法人プラス・アーツ、P3 art and environment、KIITO(※事務局)

ご参加いただける方は、件名に「「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクト参加希望」と記入の上、
?氏名(フリガナ)、?所属、?電話番号、?メールアドレスをメールまたはFAX、電話のいずれかにて下記申し込み先までご連絡ください。

申し込み先
Mail : info@kiito-kobe.net
TEL : 078-414-7134   FAX : 078-414-7135

それではみなさまのご参加をお待ちしております。

● 『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』 公開のおしらせ

★4/30~5/20劇場公開!『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

【場所】シネヌーヴォX(アクセス)
「梅田」・「なんば」から地下鉄御堂筋線に乗車。「本町」で地下鉄中央線
に乗り換え、「九条」下車、6番出口から徒歩3分(アーケード商店街を進み
パチンコ・オメガを右折、次を左折、「やまと薬局」を右折すぐ/阪神なん
ば線「九条」駅2番出口徒歩2分(駅の案内地図をご参照下さい)


【日程・時間】詳しくは、シネヌーヴォXのHPをご覧下さい。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/iraku.htm

【チケット】
当日一般 1000円、前売り券 800円 (Pコード:462-759)
5/1スペシャルイベント 当日券1200円 前売り券 1000円 (Pコー
ド:557-735)
劇場窓口、メディアスタジオSANA、セブンイレブン、サークルKサン
クス他にて好評発売中!!


★5月1日(日)19:40~ 公開記念スペシャルイベント

『君はなぜ戦争に行った?』、特別作品「ポスターガール」

 イラクからゲストを招いてトークショー

SANAテレビバグダッド支局長 サーレフ・アル・イラキさん


『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

時間  48分
制作年 2011年
制作  イラク平和テレビ局inJapan

2010年IVAW(イラク反戦帰還兵の会)の元米軍海兵隊員ブライアン・キャス
ラー(26才)が来日した。
自らの戦争体験と入隊経過を語る。そしてかつて配属されていた沖縄を訪れ
る。「17才の時、母がガンと診断され多額の医療費で貧困状態となりまし
た。18才の時母は他界しその1ヶ月後、海兵隊に入ったのです。大学に行くた
めに軍隊にはいるしかありませんでした」貧困から軍隊へ。沖縄戦の戦跡、
普天間基地、美しい名護・辺野古の海を訪れ、沖縄の若者たちと交流するブ
ライアン。戦争と基地、若者の貧困問題はアメリカも日本も同じ・・・。戦
争と貧困のない世界の希望が見える。

●同時上映

①「イラク 占領に立ち向かう-真実を映す民衆メディア・サナテレビ-」
時間 34分
制作年 2010年
 制作  イラク平和テレビ局inJapan  著作 サナ衛星テレビ
内容  米軍による占領が8年以上続くイラク。犠牲者は100万人を越え、
失業と貧困に苦しむ人々、難民、女性、子どもたち。しかしそこには占領
に立ち向かい、人間らしい社会を取り戻す市民、労働者、IFC(イラク自
由会議)の闘いが湧き起こっている。自由で勇敢な独立テレビ局・サナ衛星テ
レビの開局(2007年)から3年間の映像を集大成して、イラクの真の姿を伝え
る。



②「ジャーリード地区の人々-イラク国内難民は訴える-」

時間  24分
制作年 2008年
 製作  日本語版 イラク平和テレビ局inJapan 著作 サナ衛星テレビ
内容  イラク占領以来、国内外の難民は450万人に達する。サナ衛星テレ
ビの取材クルーは国内難民が廃墟のようなビルに住みついているバグダッ
ド・ジャーリード地区を取材した。外から見たら近代的なビルだが、内側は
まさに廃墟。ゴミは回収されずに、ビルの1階の中央ホールにあたるところ
に上から投棄されている。階段には手すりはない。部屋に入っても、外壁さ
えもない。住民は「寒いときには死にそうになる」という状態だ。

③「2008年バグダッド、サドルシティ- ~米軍による空爆被害~3月25日-
5月4日」
時間26分
製作年 2008年
製作 日本語版 イラク平和テレビ局inJapan  著作 サナ衛星テレビ
内容
 2008年3月25日から5月4日にかけて、アメリカ軍はバグダッドの
サドル・シティーを包囲して攻撃した。この時期、ブッシュ政権は「3万人
による派兵拡大のおかげでイラクでは治安が回復し、市民の犠牲が大幅に減
った」と宣伝していた。しかし、サドル・シティーではアメリカ軍によって
200万人の住民が7週間にわたって孤立させられ、救急車が銃撃され病院
も爆撃された。死者は数百人以上と言われている。サナテレビは米軍の戦争
犯罪による市民の被害を唯一撮影し、イラク、中東、ヨーロッパに放映し
た。

● 【釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク4月度定例会のご案内】

【釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク4月度定例会のご案内】



●日時:2011年4月20日(水)18:30~20:30

●場所:のぞみ作業所

●参加費:300円(資料代として)

●内容:支援困難事例検討会

検討会に挙げたいケースがございましたら、当日の17:00まで受け付けており
ます。事務局までご連絡ください。



*当日、本年度の「年間計画」(学習会予定)についてもご提案します。ご希望・ご
提案があれば、ぜひお寄せください。



主催・釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク

連絡先・事務局 のぞみ作業所

〒557-0004 大阪市西成区萩之茶屋2-11-15

TEL.06-6647-6576 FAX.06-6647-6585

● 自由と生存のメーデー2011 MAYDAY for FREEDOM AND LIVES──3.11/逃げる・つながる・追いつめる

自由と生存のメーデー2011 MAYDAY for FREEDOM AND LIVES
──3.11/逃げる・つながる・追いつめる
 
■「節電国民運動」の影響で会場・時間帯が変更になっていますのでご注意ください!!
 
メーデー集会 5月3日(火・祝)15時半開場(フリーター全般労働組合事務所)
「原子力産業と労働者 --『フクシマ50』の真実」
お話し 樋口 健二さん
写真家 国家が揉み消す"暗黒労働"としての
原発労働者の姿を追い続ける。
著作『闇に消される原発被曝者』
『原発 1973年~1995年 樋口健二写真集』など
 
サウンドデモ 5月3日(火・祝)18時半集合(新宿中央公園)
weblog: http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/
twitter: @FZRK #mayday_0503
――生きることはよい。生存を貶めるな!
――全ての原発をただちにとめろ!
――逃げる金をよこせ!
――誰かの安全のために貧乏人を殺すな!
――電力のために人を殺すな!
――自由と生存を引き換えにするな !

● カマメ通信 vol.11

11-0 表紙

11-1 仮面劇1 11-2 仮面劇2 11-3 仮面劇3 11-4 ダンス感想 11-5 かめん通信1 11-6 かめん通信2 11-7 釜凹通信 11-8 みんなのコーナー 11-9 ニュースタッフ紹介 11-10 つねくんからの手紙 スケジュール4月

● たこやきや判断や決断や

先日、ココルームでライブをしてくれたり

いろいろお手伝いにきてくれていた、夕焼けにゃんにゃんのにゃんにゃんがココルームに来てくれる

 

にゃんにゃんは福島で勤めていて、震災後すぐは、仕事ができない状態だったので

関西へ戻ってきていたのだけれど

またこれから福島に戻るのだそう

ものすごく心配だけれど心配してもしようがなく

 

 

震災直後 にゃんにゃんのことが心配になってメールをして

その後おちついてからたこやきでもやりましょう という連絡がきて

たこやきの響きに きもちがほっとした

で、わざわざにゃんにゃんは、ココルームにたこ焼き器を持参し、たこやきを焼いてくれた

タコモーニングと題して、1日モーニングメニューにもなっていたもよう

 

そのたこ焼き器とともに、東京→福島 へとにゃんにゃんは行ってしまった

 

そういうこともありながら、やはり東京から、こちらで仕事をする方向を探ろうか

という方も

不安なまま関東で働かなくてもいいのではというフリーで仕事をされている方はいろいろと決断されている

 

それぞれの判断や決断 に出会う

自分にはなにができるだろう

自分はなにを判断し、決断していくんだろう

なにもできないことは知っていて、それでもなにかをしていくのにどうやってうごくんだろう

 

下はきのうの工作の日にてーらーがつくったもの というか ひと

知っているのに、何度見てもおどろく

 

寡黙な方がやってきました てーらーの工作の日に生まれた方

 

こちらは北さんとゆるきゃらづくりの会をしようと、考えて試作中のゆるきゃら

センスがある… と北さんにほめてもらいました

ゆるキャラをつくろう会

まい

● 歩いて釜っぷをつくる会

日時:4月29日(金/祝)14:00~16:30
料金:無料
場所:カマン!メディアセンター集合
大阪市西成区太子1-11-6

一時間街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。
東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

● あたまのまわりのものをつくる会

日時:4月26 日(火)15:00~16:30
料金:無料
場所:カマンメディアセンター^
大阪市西成区太子1-11-6

イタリア仮面劇を経験し、仮面づくりをしたい!と言うおじさんとアメリカ帽子づくりワークショップでもりあがったみんなで仮面や帽子などなど、あたまのまわりのものを勝手につくります。
参加費:無料
※つくりたいものがある人は道具・材料持参でおねがいします

布のはぎれや紙などなどあるので、手ぶらでも大丈夫です

● カマン!TVフューチャリング 工作の日

日時:4月25日(月)17:00~19:00
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

アサダさんのカマン!TVの日
みんなでカマン!くんでテレビ(youtube)をみよう

● ゆるせつの会

日時:4月23日(土)17:00~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

● 日常きもの指南 きつけ教室

日時:4月20日(水)15:30~
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

今回は名古屋帯を練習するよ
限定 三名(要予約

● 健康おしゃべり相談会

日時:4月20日(水)14:00~15:00
料金:無料
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

看護師梅田さんとおしゃべりしながら健康相談
無料

● エントロピー学会 春の緊急研究集会のご案内

エントロピー学会 春の緊急研究集会のご案内
「原発の廃炉に向けて-福島原発同時多発事故の原因・影響の真相を総合的に解
明する-」

3月11日に、東北・関東大震災および福島原発事故が発生しました。エントロピ
ー学会は、創設以来、長年にわたり原発問題に取り組んで参りましたが、今回の未曾
有の福島原発事故の勃発を受けて、その原因や真相、そして影響を徹底的に解明する
必要があると考えております。そこで、春の研究集会を「原発の廃炉に向けて:福島
原発事故の原因・影響の真相を総合的に解明する」というテーマで開催することとい
たしました。記念講演者として、ジャーナリストの広瀬隆氏、特別報告者として元東
芝社員の設計技師の後藤政志氏をゲストとしてお迎えいたします。
皆様の積極的な御参加をお願い申し上げます。

【日時】 2011年4月23日(土)14:00~18:30 4月24日(日)10:00~17:00
【会場】 同志社大学 新町キャンパス「臨光館」 301号
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」より北西へ徒歩8分)
http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

【プログラム】※最終確認を得られていない場合があり一部変更する場合があり
ます。御了承ください。
4月23日(土)14:00~ 18:30
◎記念講演 広瀬隆(ジャーナリスト) 福島原発同時多発事故から何が分かっ
たのか そして、私達は何をすればいいのか
◎報告   福本敬夫(大阪大学教員) 原子炉から大気、水、食品、人体への
放射能汚染の広がりをどうみるのか
◎報告   菅井益郎(国学院大学教授)飯舘村現地調査の報告

4月24日(日)10:00~17:00
10:00~13:00
◎特別報告 後藤政志(元東芝技術者)福島原発事故で何が起こったのか:原発
設計技術者の視点
◎報告   井野博満(東京大学名誉教授)福島原発事故で何が起こったのか:
その意味するもの
◎報告   黒田光太郎(名城大学教授)東電・保安院などの事故対応・情報発
信はなぜお粗末なのか:柏崎刈羽原発での経験を踏まえて
◎報告   室田武(同志社大学教授)原発廃炉の経済学に向けて:二酸化炭素
1990年比25%の検証
◎報告   三輪大介(沖縄大学地域研究所特別研究員)上関原発の工事中止の
行方

14:00~17:00
◎パネルディスカッション パネリスト上記報告者等(広瀬氏以外)
司会:山田國廣(京都精華大学教授)・和田喜彦(同志社大学教授)

【参加費】会員・非会員同額/予約不要 一般:1,000円 学生:無料
(会員以外の皆様の参加も歓迎します。非会員の皆様、この機会に原発問題を真
剣に議論してきたエントロピー学会の会員になってください。
意欲ある学生・院生さんも会員になれます。)
【主催】エントロピー学会 【後援】同志社大学、同志社大学経済学会
エントロピー学会HP:http://entropy.ac/modules/bulletin
/index.php?page=article&storyid=529

【お問い合わせ先】同志社大学経済学部 和田喜彦 yowada@mail.doshisha.ac.jp
電話Fax:075-251-3582

● 4月句会の句

◎ゆう

久々に 食す母の味 菜の花パスタ

保育園 お迎え帰りに 菜の花の海
◎かなよ
チューリップの家 しあわせな人が棲む
はなふぶきも 聞いてと舞いこむ 相談所
一言で 言えないからって 四月もおわる
◎小六
タンジョウビ 菜の花咲くころ やってくる
野遊びで 子供といっしょに レンゲつみ
◎わむ
ぐんぐんと ブランコ漕ぎし あの公園
野掛けして 我見つけたり 青きひこばえ
山に登り 花を手向けし 卯月八日
◎そゐ
うらうらと 陽を浴びながら 囀りをきく
菜の花よ 咲いておくれよ 一面に
遠い日の 野遊びれんげ 畑かな
◎マイセン
しゃぼん玉 いのちのように 吹かれたり
さえずりが 演歌と聞こえる 商店街
いのちの旗 春の光に ひるがえる
◎万葉
おむすびと お茶を携え 菜の花見
さくらいろ みどりの土手の 菜のきいろ
若葉もえ 鳥がさえずる あたたかさ

◎心登

釜の中、菜の花見つけあったまる

野遊びに、夢中で道に迷っよな

早朝の、さえずり聴いて  何思う

カマメにて、過ごした日日は忘れまじ

● 原発いらん 御堂筋デモ 参加しました

4月16日 御堂筋反原発のデモに参加してきました

参加することについて、いろいろと考えていたけれど、あいりんセンターからバス(勝利号)が出るということを聞き

釜ヶ崎から参加する ということであれば、行こう と決めて 参加しました

 

勝利号あいりんセンターから出発します

 赤いはちまきトラメガとビラと 出発前のまさおさん出発前のまさおさん

 

岡本さんやあばよといっしょに勝利号に乗って御堂筋を北へ移動する

勝利号で御堂筋を北へ

 

バスから降りて旗を出したり、プラカードを出したりする

勝利号から降りて旗などを準備します

 

みんなで会場に向かいます

会場へ向かいます 会場入り口 いろんな団体がビラ配り

たくさんの団体がビラや署名用紙を配っていました

 

釜ヶ崎からもビラを配ります

釜ヶ崎からもってきたビラも配ります

チーム釜ヶ崎1

チーム釜ヶ崎

 

集会会場1

集会場のようす  ほんとうにたくさんのひとがあつまっていました

ずっと闘ってきた

ずっと闘ってきた旗 ずっと闘ってきた

 

未来のために上関にも原発はいりません

みんなちゃんと考えよう。はなそう。

暁光会森下さんと出会う

 

集会会場2

 

 

中之島から出発 デモ隊中之島から出発

 

チーム釜ヶ崎 出発

チーム釜ヶ崎も御堂筋へ

人の数が多く、集会会場を出て道に行くまでにかなりの時間がかかりました

 

山中さんがんばる

 

 

いろんなチームがありました

釜ヶ崎一団をすこしはなれて、ほかの団体がどんなようすか見に行ってみる

 

正しい情報 みんなほしいですよね 大人に任せておかれんなげんぱついらない えがおはいい

若い人、ほんとに多かった

ココルームにあそびに来てくれたおねえさんと遭遇たたかうおかあさんたちはみんなつよくうつくしかったあるくことが表現だこどもさん連れが多かったこどもさん連れほんとうに多かったかずみさんと記念にわたしの未来原発も基地もいらない原発おにぎり原発おにぎり売り子のおねえさんデモ最後尾

最後尾警察のみなさんご苦労様です

警察の人にも それぞれに意見や意志があって それはさまざまなはず

はなしをしてみたい きいてみたい と思った

 

 

いろんな表現で原発についておもうことが表現されていました

いろんな表現1いろんな表現2いろんな表現3いろんな表現4いろんな表現5いろんな表現6いろんな表現7みんなではなしがしたいですいろんな表現8いろんな表現9 はらぐちさーんいろんな表現10

 

中之島はオフィスが多く人もまばら

心斎橋やなんばは デパートやブランドのお店も多い 買い物中やデートなどをしている人がたくさん

 

デモ隊の中にいると その外にいる人の声が聞こえてきにくいのですが

デモ隊を出て歩道をしばらくあるいていると いろんな声も聞こえてくる

原子力がなきゃあかんやろ というような声や

原発ありがとう やろ という声や  意味がわからん という声が きこえてくる

市民 というのが 一番手ごわいんじゃなかろうか と はなしに上がるくらい

一方外国人の方が、デモ隊に対して 大きく拍手をずっとずっとしている姿も見られた

今回のことを受けて諸外国で大規模なデモが起きているにもかかわらず、当事者である

日本でデモがなかなか起きないことに疑問をもっていたに違いない外国の人が

このデモを見て、そうでなくちゃ! という感じで拍手をしていた

また 敬意をこめてひとりひとりに対して しっかり拍手をしていた というふうだった

 

デモ隊の人数も やはり東京なんかより断然すくない

調べてみたところ 2000人 という記事と 4000人 という記事があり 詳細は

わからないのですが(目測で2000人よりは多かったと思われるのですが)

東京の1万5千人よりは すくなく

でも おこさん連れの方や若い人がとても多かった

釜ヶ崎のことについても、ビラ配りしていると

釜ヶ崎 と聞いただけで、 ああ と大変ですよね と声をかけてくれる人

もう現場に日雇い労働者の方いかれてるんですか?? と 心配そうに

聞いてくれる方 ビラ配りを手伝う と言ってくれる人もいました

 

派手な格好で来ていた わたしに 一緒に写真をとってと 声をかけてきた若い女性は

涙ぐみながら 両親が原発20キロ圏内に残っているとはなしてくれた

かけることばもなく こんな恰好が なにかのたのしみになれば といのるのみで

手を振った

一筋縄でいかないことのほうが多い

きれいごとでない

でもすべてのいのちが かけがえなく 大事だということは ほんとうに確かなことだと思う

 

脱原発

● カマメ通信vol.11 スライドショー

カマメ通信vol.11です。


Created with Admarket's flickrSLiDR.

● 緊急「原発いらん!関西行動」御堂筋デモ★ ~集まろう 中之島! 歩こう 御堂筋 !~  のおしらせ

★緊急「原発いらん!関西行動」御堂筋デモ★ ~集まろう 中之島! 歩こう 御堂筋
!~

◎日時:2011年4月16日(土)集会3:30~4:10 デモ4:10~5:30 (雨
天決行)

◎場所:中之島公園・女神像エリア(大阪市役所・図書館南側川べり)
◎デモのルート:淀屋橋-本町-心斎橋-ナンバ
◎主催:ストップ・ザ・もんじゅ/ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン/
美浜・高浜・大飯原発に反対する大阪の会/グリーン・アクション/若狭連帯行動ネッ
トワーク/チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西/ 原発を知る滋賀連絡会/奈良脱原
発ネットワーク

◎連絡先:ストップ・ザ・もんじゅ 〒573-0028 枚方市川原町1-5 072-843-1904

★体力に応じて可能な限り歩こう!家族連れでぜひ!

★鳴り物、プラカード、横断幕等持ってきて下さい!おもいおもいのスタイルで!

★この案内を、ぜひネットで、Twitterで、Face Bookで、mixiでどんどん広めて下さい

● Fwd: 花

SH3H03070002.jpg

● 晴れて

のぼる

● Fwd: 東北関東大震災被災された方のインテックス六号館突貫工事

SH3H02230002.jpg

● 今日と言う日は楽しくカマメで過ごしたかった。心のこりは、それだけ。 みんな楽しくあれ、祈る

SH3H03150001.jpg

一人がいいか、孤独と付き合うか、明日から新たに自分探しに出かける、言ってる事訳わかんないや。のんびり自分を休めてあげよう

● テスト


● 『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』 のお知らせ

『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』
日時:2011年4月24日(日曜日)
場所:ハノーバー庭園  (旧広島球場北側 広島市中区基町)
10:30~13:30 ノーニュークス・ライヴ&ノーニュークス・スピーチ
14:00~15:30 メイン集会
15:30~16:30 脱原発ピースウォーク

2011年3月11日、巨大な地震と津波が人々を襲いました。
現時点で確認できているだけでも、1万2000人を超える命が奪われ、数十万人が被災しました。
そして、福島原発の冷却機能停止による放射能被害という最悪の事態が引き起こされました。
今このときも、空へ、大地へ、海へ、放射能をまき散らし続けています。
フクシマの警告を受けとめましょう。
1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故の日から25周年を迎えます。
放射能に国境も県境もありません。
私たちはみんな、核の風下の人々・・・
子どもたち、妊婦の未来を守りたい。

次の巨大地震がいつ、どこに、くるのかは分かりません。
島根原発(島根県)、伊方原発(愛媛県)の運転をやめてください。
浜岡原発(静岡県)など全国の原発の運転をやめてください。
上関原発(山口県)の建設計画を白紙撤回してください。
今こそ、再生可能エネルギー(自然エネルギー)へ政策転換させましょう。

1954年3月1日のビキニ環礁での水爆実験で漁船が被災。
杉並の主婦たちから始まった原水爆禁止の署名は国内で3000万人をこえました。
広島では100万人が署名しました。

現在山口県上関原子力発電所計画の中止署名も100万人まじか!現在95万人!

核兵器も原発もない世界を築いていくために、
被爆地ヒロシマから呼びかけます。
100万人のアクションを巻き起こしましょう。
”原発なしで暮らしたい”

● 「Art Revival Connection TOHOKU」設立  のおしらせ

「Art Revival Connection TOHOKU」設立
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仙台の舞台人が呼び掛けて、東北復興に向けた支援とネットワーク作りのための組織
「Art Revival Connection Tohoku(アートリバイバルコネクション東北)」が設立さ
れました。

※公式サイト http://arct.jp

● 報告会&パフォーマンス「Dance Live KOBE#1」 のおしらせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
報告会&パフォーマンス「Dance Live KOBE#1」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPO法人DANCE BOXは、2011年2月21日に「国際交流基金・地球市民賞」を
受賞いたしました。
DANCE BOXの大阪時代より神戸に拠点を移した現在まで、様々なかたちで
協働または支援して下さった数多くの皆様方のお力の賜物だと思っております。

そんな中、3月11日、「東日本大震災」が発生いたしました。
阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた経験を持つこの長田で活動を
おこなっている私たちから、多くの関係者の方々に地球市民賞受賞の感謝を
申し上げるとともに、東日本大震災被災地のために何かできることはないかと
考えました。

そこで、「地球市民賞・受賞報告会」と共に、「Dance Live in KOBE#1」を開催し、
入場料及び当日のドリンク売上の収益は、被災地のアーティストやアートNPOへの
支援を中心に復興支援の活動へあてようと考えています。
また、このLiveシリーズは継続して行います。

当日は「ミャンマーカレー」や「ぼっかけコロッケ」など新長田名物の軽食も販売し
ます。
皆様のご来場をお待ちしております。(DANCE BOXの初の試みとして、
第2部の「Dance Live in KOBE #1」は、USTにてネット同時配信を行う予定です)

※参考 http://www.db-dancebox.org/03_sc/1104_dl01/index.html


----------------------------------------
第1部: dB[国際交流基金・地球市民賞]受賞報告会
第2部: Dance Live in KOBE #1
----------------------------------------

日時:4月16日(土)第1部 13:00開始 第2部 14:00~21:30
※第1部、2部とも受付開始は12:30より
※第2部の入場整理番号札は受付順に発行します
※開場は第1部、2部とも各開始時間の10分前

会場:Art Theater dB神戸
(JR「新長田」駅より徒歩8分/アスタくにづか4番館4階)

入場料:第2部1,500円
→入場料及び当日のドリンク代の収益は東日本大震災の復興支援の活動にあてます

問合せ・予約:NPO法人DANCE BOX 078-646-7044 info@db-dancebox.org


<第2部「Dance Live in KOBE #1」出演者>

【第1ラウンド】14:00開始/
岩下徹、大西由希子、神戸野田高等学校 創作ダンス部、KiRing・JM、
千葉聡佳、椙本雅子、内山大、ハイディ・S・ダーニング(ゲスト:野中久美
子)、
宮北裕美(ゲスト:鈴木昭男)

【第2ラウンド】15:25開始/
吾妻琳、阿部綾子、森田かずよ、SUGAR&salts、中西ちさと、双子の未亡人、
村上和司、南弓子、きたまり

【第3ラウンド】16:50開始/
アンサンブル・ゾネ、飯田あや、下村唯、原和代、伴戸千雅子、鎌田牧子、文、
佐久間新、砂連尾理

第4ラウンド】18:25開始/
東野祥子、重里実穂、里奈、佐藤健大郎、鞍掛綾子、松本芽紅見、
TEN(ゲスト:三林かおる)、福岡まな実、関典子、竹之内淳

【第5ラウンド】19:50開始/
山下残、西岡樹里、川崎歩、田村博子、今貂子、北村成美、
セレノグラフィカ、山田うん、ヤザキタケシ

※4月8日現在 プログラムの内容は予告なく変更になることもございます。

● ★緊急セミナー★ 地球に原発はいらない 脱温暖化+脱原発は可能だ! ~ドイツと日本の先進的な事例から~ 4月16日(土)


───────────────────────────────────────
★緊急セミナー★

地球に原発はいらない 脱温暖化+脱原発は可能だ!
~ドイツと日本の先進的な事例から~ 4月16日(土)
───────────────────────────────────────
東北関東大地震によっておきた福島原発事故は、大津波による
未曽有の被害に加え、被災地や日本、そして世界にも放射線被曝
の恐怖を与えています。

1986年におきたチェルノブイリ事故による後遺症が、いまだに続いて
いるように、今後、長期にわたって放射性物質が人々の健康、食べ
物、水、農業、漁業、経済活動、そして地球の生き物達に与える影
響は、計り知れません。

このような中、世界では脱原発の動きが大きく加速化しています。
ただ、日本では
「原発は怖いけど、エネルギー小国の日本では必要だ」
「地球温暖化を考えたら原発もやむを得ない」
と考えている人がまだ多くいます。しかしほんとうにそうなのでしょうか。

原発に依存しないで、脱温暖化は可能である。そしてそのことを
真剣に考え行動に移していくことが、新たな豊かな社会を築くこと
になるのではないでしょうか。

このセミナーでは、ドイツと日本の様々な事例を紹介しながら、
それが実現可能であることを感得していただければと思います。

■日時:4月16日(土)午後6:20から9:15
■場所:ひとまち交流館 大会議室
(京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1)
■定員:300人(定員になり次第締切)
■参加費:会員500円 非会員 800円


▼▼▼こんな情報を提供します▼▼▼

◎ドイツ在住環境ジャーナリスト 村上敦さんから…
環境先進国ドイツの事例から ドイツの脱原発政策と地域社会の取り組み

市民の強力な意志から脱原発に先駆けて取り組んでいるドイツ。
再生可能エネルギーの割合が電力消費量の17%に達し、10年後
には4割近くの戦略が策定されている。また多くの自治体でも、国
に先駆けて住宅、交通、エネルギー政策の大転換が進みだしている。

◎本会代表理事 杦本育生から…
日本でも脱原発は可能である

国内外の調査データをもとに、日本が原発に頼らなくても生活と経
済活動が可能なこと、そして日本の地域社会での先進的な取り組
みを紹介します。


■プログラム(予定)
6:20 開演
6:25-7:40 環境先進国ドイツの事例から
ドイツの脱原発政策と地域社会の取り組み
(講師:ドイツ在住環境ジャーナリスト 村上敦氏)
7:40-8:20 日本でも脱原発は可能である
(講師:本会代表理事 杦本 育生)
8:20-8:30 休憩
8:30-9:15 対談:脱温暖化+脱原発は可能だ 日本社会の未来を展望する

■プロフィール
◎村上敦氏
ドイツ在住の日本人環境ジャーナリスト。環境コンサルタント。理
系出身。日本でゼネコン勤務を経て、環境問題を意識し、ドイツ・
フライブルクへ留学。フライブルク地方市役所・建設局に勤務の
後、フリーライターとしてドイツの環境施策を日本に紹介。南ドイ
ツの自治体や環境関連の専門家、研究所、NPOなどとのネット
ワークも厚い。2002年からは、記事やコラム、本の執筆、環境視
察のコーディネート、環境関連の調査・報告書の作成、通訳・翻
訳、講演活動を続ける。

◎杦本育生
NPO法人環境市民 代表理事、日本でグリーンコンシューマー
活動を初めて具体化。COP3時に日本のホストNGOとなった気
候フォーラムを東京、大阪のNGOとともに設立。地域から持続
可能な社会を創出する「日本の環境首都コンテスト」を考案し
10年間実施著書に『グリーンコンシューマー 地球をエコにする
買い物のすすめ』06'昭和堂

■主催:NPO法人環境市民
■後援:NPO法人気候ネットワーク、エコロ・ジャパン、
いきもの多様性研究所(随時更新します)

■申込み方法
お名前、連絡先電話番号、(あれば)メールアドレス、本会会員か
どうかを電話、FAX、メールにてご連絡ください。なお、できる限り
事前に申し込みをお願いいたします。

【申込み先】NPO 法人環境市民
〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下る 呉波ビル3F
電話:075-211-3521(月~金10:00-18:00) FAX:075-211-3531

● 【講演会】小出裕章氏・広瀬隆氏 4月29日【会場変更】 東海地震の前に浜岡原発を停止させよう

【講演会】小出裕章氏・広瀬隆氏 4月29日【会場変更】 東海地震の前に浜岡原発を停止させよう

【転送歓迎】

★ 会 場 変 更 しましたのでご注意ください★

「終焉に向かう原子力」第11回

チェルノブイリ原発事故25周年

東海地震の前に浜岡原発を停止させよう
福島原発震災をくりかえすな

■浜岡原発現地報告 (13:00~)
・伊藤実氏  (浜岡原発を考える会・代表)
・生方卓氏  (明治大学教員)
・内藤新吾氏 (日本福音ルーテル掛川・菊川教会牧師)

■講演 (14:20~)
・小出裕章氏 (京都大学原子炉実験所)
「悲惨を極める原子力発電所事故」               

・広瀬隆氏 (作家、ジャーナリスト)
「原子炉時限爆弾――年々迫る東海大地震と、浜岡原発の危機」

■日時: 2011年4月29日(金) 13:00~17:00(開場12:30)

■場所【変更しました】:
明治大学アカデミーコモン内 アカデミーホール

■交通:
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

■地図:  明治大学への行き方
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

■参加費: 1000円 (予約不要)

■主催: 「終焉に向かう原子力」実行委員会       
浜岡アクション
(東海地震の前に浜岡原発を停止させよう首都圏アクション)
現代史研究会

■問合せ先: TEL/FAX  03-3739-1368
         携帯  090-9137-2437

●  ■■【4月27日】第6回アリスカフェ ~寄付をするということ~ おしらせ

■■【4月27日】第6回アリスカフェ ~寄付をするということ~ 開催します

======================================================================
4月27日(水) 第6回アリスカフェ開催
「寄付をするということ」 ~哲学対話の手法を用いて考える~
講師:寺田俊郎さん(上智大学教授、哲学対話プロジェクト会員)
======================================================================
アリスセンターでは4月27日(水)に寄付について考える対話型セミナーを開催いたし
ます。
10年以上市民のための哲学カフェを開き続けている寺田俊郎さんを講師として
お迎えし、ミニ・レクチャー+哲学対話形式で進めていきます。
哲学の知識はまったく必要ありません。寄付について考えてみたい方ならどなたでも
お気軽にご参加いただけます。
なお、今回は参加費の一部を東北地方太平洋沖大地震の被災地へ寄付させていただく
チャリティー・イベントです。

◆日時:4月27日(水) 19:00~21:00
◆場所:横浜開港記念会館1F 第4会議室
     (みなとみらい線日本大通り駅出口1よりすぐ、JR関内駅南口より10分)
◆会費:2000円(うち500円は東北地方太平洋沖地震の被災地支援のために役立てま
す)
◆定員:20名 (下記連絡先まで事前のお申込をお願いします)
◆講師と対話進行:寺田俊郎さん(上智大学教授、哲学対話プロジェクト会員)
全体司会:佐谷和江(アリスセンター理事、株式会社計画技術研究所 代表)

【お問い合わせ・お申し込み先】
特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ(アリスセンター)
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1横浜ワールドポーターズ6F NPOスクエア
TEL.  045-212-5835  (担当:廣井)
FAX.  045-212-5826
MAIL. office@alice-center.jp
URL.  http://www.jca.apc.org/alice

主催:アリスセンター 協力:哲学対話プロジェクト

*:.:・*:・+゜*:.:・*:・+゜*:.:・*:・+゜*:.:・*:・+゜*:.*:.:・*:・+゜
*:.:・*:・+゜*:.:・*:・+゜*:.:・*:・+゜*:.

● 今、後悔してる事何故この場所に自分が存在する意味があるのか、

SH3H03040002.jpg

散った桜、俺も潔く散りたい。人間不信になってもうだいぶ経つなあ、やることがある時は一時的に忘れてんだけど無い時、心の何処から共なく頭をもたげる 何処に行けば忘れさせてくるのだろうか。俺にもわからない、あったかい気持ちを持った人に巡り逢いたいなあ、今の俺には、切実なもんだい。男女問わずだ 人間として、価値感が少しでも共有出来ればそれだけでいいんだ。酒の問題は自分にはもうクリア、俺も偉そうに言ってるが、俺の事信じてくれる人間、理解してくれる人間が一人でもいてくれたら人生、楽しく生きられる

● 猫供養と花見の会

日時:4月14日(木)14:00~15:00
料金:無料
場所:ココルーム集合
大阪市西成区山王1-15-11

14時 ココルーム集合
15時前 現地解散

西成区山王界隈はかつて芸人の街「てんのじ村」として知られました。
近くにある松ノ木大明神の境内には猫塚があり、三味線づくりのために屠られた猫の霊を供養し、また芸ごとの成就を祈願するために多くの芸人の信仰をあつめてきました。
各人が「芸」(アート=表現する技術)を高める祈願のために桜をめでながら、猫供養をとりおこないたいと思います。
いっしょに小さな声で「ねこのうた」をを歌うかもしれません。

注意:猫塚は住宅街のなかにあるため、静かにおこないます。
また飲食はありませんのでご注意ください。

● ぶきっちょでも、一生懸命生きてる奴が好きだ。応援したくなる、俺も似 た者同士だから

SH3H02720002.jpg

何かしばらくのんびりしたい。本当に腹をわって話したいけど、今の俺にはそんな友はいないなあ。適当に話すだけならいるけど、そんなんで大事にな人生の話しなんかしたくない、真の友は中学生の時のとも、社会にでて自殺したんだけどなんでも話せた、将来何をやって生きるか。まだ二人とも若くてはっきりしたビジョンはなかった、でもお金とか、思惑なんか、気にせず語れたあの頃、今は違う、ひとつ話すのに、相手が何故こんな事を言うのか詮索してくる。自分は思った事を素直に言ってるだけなのに額面どおりに受けとってくれない。しゃべるのに、言葉を選ぶなんて、神経が疲れる、もっと感じた事を思いっきり叫びたい、なんで偉そうにしとんじゃ一番悪い人間どもが、ばかたれ、俺も悪い人間だ、恥ずかしいけど

● 東日本大震災の義援金をつのり、東北へおくるライブ

日時:4月24日(日)13:00~18:00ごろ
料金:投げ銭(投げ銭や売り上げはすべて募金)
出演:ひみつキングほか
場所:ココルーム
大阪市西成区山王1-15-11

ライブは完全アンプラグド(節電のため)
ライブチャージの代わりに投げ銭という形で募金してもらう。全額寄付
バンドのCDとDVDの売上 すべて募金
寄付先は東北魂

● 春の日を歩く

 

昨日は釜っぷKAMAPを作るために、

前回みんなから出て来たおすすめポイントを参考に、街歩きをしました。

10人ほどで、釜っぷの旗を持って、今回は山王の方を中心に、

春の日の中をてくてくと歩きました。

 

IMG_0973

 

→たくさんいるよ猫マンション →大衆劇と言えばオーエス劇場

→やくざ映画も見られる飛田東映 →玉出より人気のとよしまや

→中もこんな雰囲気だという助六うどん

IMG_0458

→たくさんあるお地蔵さん・咳止め地蔵 →まむしに注意しまくりの空き地

IMG_0461

→この辺は昔田んぼだったという、その名残の水路

→昔はビリヤード場だったという、習字や絵など生み出し続けているあきばさんのお宅

IMG_0961 IMG_0955

→魅力的すぎる細い路地 →ゲストハウス・ピースハウス昭和

→ココルームからもワークショップに通っています山王こどもセンター

IMG_0977

→4月にできましたよ山王おとなセンター

IMG_0980

→珍しく女物もある中古衣料店・かげやま

IMG_0982

→誰もが大絶賛・関東炊きのおでんや →ちょっと贅沢・焼き肉ともえん

→雰囲気がよいと噂の喫茶いぶき →紙芝居劇むすびの事務所(今日はおやすみでした)

→宮崎料理のうまい居酒屋 →モーニング洗剤サービスのあるコインランドリー

IMG_0985

→安くて旨い料理と投げ銭ライブが名物の難波屋さん

→Aさんのお花畑と、花を見ながら楽しめる野外トイレ

(おしっこは肥料になる、すてきすぎる仕組みです。手洗い用の水もあるよ。)

IMG_0986 IMG_0987

→料理もお母さんもおすすめの居酒屋はな、と犬のはな

→お弁当を買うならおからの看板の小牧屋

→女湯なくしてどっちも男湯にしちゃった今池湯

IMG_0989

→三味線になった猫をまつる猫塚とその歴史を語ってくれるお隣のお母さん

IMG_0993

→桜

IMG_1004

 

● 昼休み、太陽の光をもらいけなげにも、たくましくいきてる雑草に感銘震 災あった人たちにも元気をわけて

SH3H03020002.jpg

今自分がこれから、生きてく中で、大事な事すぐやらなければ取り返しがつかない事がある、本当だ気持ちだけは熱く誰にも、負けないその為に健康第一だ何かやろうとする時できなかったら辛い、今ちょっと自分でも無理をしてる。今生きていると言う現実に感謝してる自分も東北関東大震災で突然に失われたかけがえない命に向き合い、心から祈る。残された命を大切にして残された者のつねとして何かの役にたちたい。俺の人生観はこれしかない、自分で決めた、夢や生き方を簡単に諦めてほしくないんだ、若者もおっちゃんもおばさんもみんなだ。俺もだ、昔、子供だったころ学校帰りに道端に子猫が捨てられていた時、何も躊躇することなく家に連れて帰った。この無心の気持ち、生き物がそんな状態なら死ぬと子供心に思ったんだろう単純だけど、都会での子供では、家の事情ありできない。俺はあの日の事はいまでも覚えて気持ちが熱くなる、この気持ちだけは大人になっても忘れない

● 朝早く眼が覚めた外は明るい天気も快晴気持ちがよくてすがすがしい

SH3H02930001.jpg

この前約束どおり震災にカンパした領収書をやっと難波やの中に貼っておきました。遅くなりすいませんでした、カルメンマキの詩の朗読を聞いてたらアクセントの付け方がかなよさんにそっくりだったような

● 日々はすすむ

カマメにきたら、安藤さんのビデオ自慢 が行われていました

 

安藤さんのビデオ自慢 仮面ライダーV3

安藤sさん 最近ゆうこさんのとなりのソファーがお気に入り

ゆうこさんにビデオ自慢

でも、このソファーにすわると、最近腰がよわっている安藤さん

しずんで自力で立てなくなることがある

心配だ

ゴレンジャーの敵はふしぎなかぶりものをしている

 

きのうから雨のカマメ花壇  午後からは晴れました

雨のかまめ花壇

大阪でも放射性物質を気にする人も

ふだんから、ぱらぱら程度では傘をささないひともおおい釜ヶ崎まち

傘をささないおじさんたちをたくさん見かける

 

ココルームの裏手 元やくざさんの事務所に洋服やさんがオープンしました

みんなふしぎそうに見ていきます

 

ココルームの裏に新規開店のお店が

 

本当にめまぐるしく

いろいろなことがあるけれど 日々はすすむ

 

あすは、應典院でのイベントで、

先日の震災について語り合う会でいのせせんせいが届けてくれた、仙台の米農家のつねよしくんからのメールを

かなよさんが朗読する

http://www.outenin.com/modules/contents/index.php?content_id=403

そのイベントにみんなで行く予定です

いっしょに行きたい方は、13時ココルーム集合でー

● 釜っぷ時間変更

 

明日の釜っぷをもってみんなで歩く会、

15時からの予定でしたが、16時からに変更になりました。

直前の変更ごめんなさい。

 

★4月10日(日)16:00~
釜っぷをもってみんなで歩く会

日時:4月10日(日)16:00~
料金:無料 (ですが、カンパ歓迎)
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

4月3日の釜ヶ崎マップをつくる会でつくったマップをもってみんなであるきます 手ぶらでお越しください

 

● 4.10 東北関東大震災 祈りの市民集会 「Pray from West」311本のキャンドルで、いのちの平安を祈ろう。

◆◆◆4.10 東北関東大震災 祈りの市民集会◆◆◆

地震から1ヶ月、鎮魂のために人々が集い、被災地を、そしていのちを思う…
悲しみに向き合い、祈りを捧げることの出来る時間をつくる…
今後、災害サイクルで言えば「救援」から「復興」に移行する…
いよいよ現地に「駆けつける」段階になった際の、関西からの応援を約束する…
「あの日」から1ヶ月目の日、そんな場を設けることにしました。

-------------------------------
「Pray from West」
311本のキャンドルで、いのちの平安を祈ろう。
http://bit.ly/20110410prayfromwest
-------------------------------
2011年4月10日(日)
浄土宗應典(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)


開催にあたって ~祈りと分かち合いを受け持つ場を~
未曽有の大災害となった東北関東大震災。家族が、地域が、故郷が…跡形もなく、
押し流されていきました。かつてなかった多くの悲しみが渦巻き、人々は喪失のショ
ックに打ちひしがれています。16年前、阪神・淡路大震災を経験した関西の市民もま
た、悲痛な思いを抱えながら、「何もすることのできない」虚脱感や無力感に苛まれ
ています。
 古来から、人間は抗いようのない苦境に臨んだ時、ただ「祈る」以外にありません
でした。悲しみを「祈り」として表出し、皆と分かち合うことは、内に封印されがち
な悲嘆の感情を癒すグリーフワークのひとつでもあります。そして、多くの「祈り」
の力を結束することで、私たちは、心のつながりや共感を育み、これからの再生に向
けて支援の輪を広げることができるのではないでしょうか。「祈り」を、もっと都市
の中へ、街の雑踏や往来の中に届けることが必要なのです。
今回、私たちは、グリーフをテーマに活動するNPOや研究者、企業の方々ととも
に、まずグリーフワークとしての「祈り」に着目し、犠牲となった方々へ捧げる場を
設けることを企画しました。同時に、一過性のイベントで終わらせるのではなく、
「祈り」と分かち合いを継続的に受け持つ場を定期的に設けたいと考えました。
具体的には震災の後、まる1ヶ月経った4月10日、阪神・淡路大震災を経て現在の
形に再建された浄土宗寺應典」にて、市民合同の「祈り」の場をともにつくり
あげたいと思います。そして、その後しばらくの間、「祈りとわかちあいの場」を継
続してもちたいと考えています。無論、それは應典「だけ」でなされればよいもの
ではないはずです。ぜひ、この場に集える方、また集えない方、それぞれのかたちで
祈りを捧げていただけることを願っています。

2011年3月24日
呼びかけ人代表 浄土宗大蓮寺住職・應典代表  秋田 光彦

【プログラム(3/30案)】 (11:30~19:30の予定です)
<14時46分には「献灯・献花」の時間とします>
---------------------------------------------------------------------
-----------
皆さんの「したいこと」によって、豊かに組み立てられます。
ぜひ、それぞれの「できること」を寄せてください。
---------------------------------------------------------------------
-----------
<11時半頃~19時半頃(予定)>
・ことばを紡ぐワークショップ
震災15年で活動を始めた「シンサイミライノハナ」
プロジェクトに取り組むNPO法人Co.to.hanaの協力で
<12時半頃>
・被災地支援をめぐるディスカッション
復興支援のあり方等について専門家らと語り合います
ゲストは川浪剛さん(支縁のまちサンガ大阪共同代表)他
<14時頃>
・手紙と詩の朗読
被災地から詩人の上田假奈代さんに届いた届いた手紙を
ご本人が朗読されます。
<14時半頃>
・ 献灯・献花「光のかなたに、希望があふれて」
       應典の隣の花屋さんにて、それぞれに思いのある
お花を買っていただくか、ご持参をお願いします。
また、311本のろうそくを現地を思って捧げます。
<15時半頃>
・アートステージ
       音楽、舞踏、その他多様な表現により、それぞれの鎮魂の
思いを形にしていきます。山田珠実さんの踊り、など。
<18時半頃>
・被災地(被災前後)の写真のスライドショーとトーク
直後に被災地を撮影した写真家・山田直行さんを招いて
        ※一部はhttp://blog.livedoor.jp/koueisyasinで公開
---------------------------------------------------------------------
-----------
<プログラムは大幅に変更されることがあります>
開会と閉会には、浄土宗の儀礼に則り、物故者追悼法要が行われます。

【アートステージの運営について】
NPO法人アートNPOリンクとの連携によって、「アートNPOエイドプラットフォーム」
事業の一環として位置づけて展開される予定です。「アートNPOエイドプラットフォ
ーム」とは、2011年3月18日から20日に開催された「全国アートNPOフォーラムin鳥
取」の閉会にあたって表明された、被災地におけるアーティストならびにアート
NPOによる表現の回復を推進する取り組みです。「互いの知恵を、未来に」と掲げら
れた同フォーラムの「閉会のことば」にそこに込めた思いを伺うことができます
http://artsnpo.exblog.jp/13225258/)。

【なにか、したい、という方】
ぜひ、この場に来てください。
声に出す、写真を見る、花をたむける、一緒に踊る、あかりをともす、など…
この日、お寺に立ちあがる多様な表現の場に浸ることで、数々の心身が響き合うこと
でしょう。
そこには、被災地を思う、あなたの祈りや願いが重ねられるはずです。

【これが、できる、という方】
ぜひ、事前にお知らせください。
皆さんに場の担い手となっていただきたいと考えています。
それぞれの創意工夫が形となることによって、現地のためにと思っている人々の思い
が重ねられることとなります。
喪われた多くのいのちを思い、鎮魂の一日を共につくりだしましょう。

【呼びかけ人(順不同・敬称略:4月1日現在)】
服部隆志(アーユス国際協力仏教ネットワーク関西事務局長)/稲場圭信(大阪大学
大学人間科学研究科准教授)/櫻井隆(さくらいクリニック長)/今井信行(医
療法人薫風会理事長)/山口(中上)悦子(大阪市立大学附属病安全管理対策室専

医師)/榛木恵子(NPO法人関西NGO協議会理事・事務局長)/弘本由香里(大阪ガス
株式会社エネルギー・文化研究所特任研究員)/関嘉寛(関西学大学社会学部准教
授)/辻本好子(NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)/尾角光美
(Live on代表)/播磨靖夫(財団法人たんぽぽの家理事長)

【連絡先】
應典寺町倶楽部
TEL 06-6771-7641
FAX 06-6770-3147
E-mail info@outenin.com

應典寺町倶楽部は創造性ゆたかな地域社会の発展に寄与することを目的に活動す

非営利の任意団体です。会員制で運営され、宗教・宗派はもちろん国籍等にもこだわ
らず、広く倶楽部の活動趣旨に賛同する市民によって組織されています。



(以下署名)  -ひとが、集まる。いのち、弾ける。呼吸する、お寺。-

浄土宗 應典 主幹 山口 洋典(Hironori YAMAGUCHI, Ph.D)

〒543-0076
大阪市天王寺区下寺町1-1-27
TEL 06-6771-7641   FAX 06-6770-3147
E-mail hironori@outenin.com   URL http://www.outenin.com

● まちゅこけを聞いていやな人をわすれさせて

SH3H02960002.jpg


● 難波やライブいまからいくんや仕事が終わりいま帰ったまちゅこけのライ ブみんな来てや


● 深夜また東北太平洋沿岸に最大余震宮城県震度6強、わからない、なんで や

SH3H02900001.jpg

どうして東北ばかりいじめるんや。みんな今こそひとつにならんとあかんのや自分さえよければいい、と言う気持ちを少しだけでも困った人にわけてあげてほしい。常さん門脇さん大変なのがわかるだけに、心が痛む。酒、タバコやるひとは少し減らして気持ちを届けてはいかがかな。これしか言えないが、裸一貫釜のおっちゃん生きてるで、共に生きよやないか。常さん、門脇さん

● ゆるせつの会

日時:4月17日(日)13:00~15:00
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

● 寿町お泊りフォーラム おしゃべりほうこくかい

日時:4月15日(金)18:00~20:00
料金:500円(ごはん代)
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

3月11、12日と開催された寿第1回お泊りフォーラムの報告をスタッフ原田麻以がします。
(ごはんをたべつつゆるゆると ごはん500円)
http://forum.creativeaction.jp/?page_id=2

● ライブよかった。まちゅこけもいつもより気合いが入ってた

カルメンマキの初めての生ライブ聞いてよかっ た。俺の好きだった昔の歌は、歌わなかったが今のマキにふさわしい歌だった。俺同い年のうさぎ年マキに40 年の歳月のおもみを感じた。表情と目を見ればだいたいはわかる釜で人を見る目は自慢ではないが相当失敗しながら養ってきた。俺にたいして嫌悪感を持ってる奴なんかすぐ昔から判ってた。態度にもすぐ出す人が昔も沢山いた、今の俺ならそんな奴は、可愛そうにと思えるようになった人生って思い通りにいく訳がない頑張ってもそうなんだ。先輩たちはそんな矛盾のなかでたくましく生きてきた泣き事が言えなかった時代だから自分を信じて目標持ってほしい

● 4月6日 のこと

鳥取 鳥の劇場のみなさんがココルームへきてくれました

ココルームには鳥の劇場のみなさんが

 

きょうは大阪もぽかぽかの小春日和

カマメのえんがわであばよが 手芸

はるののどかに えんがわで手芸

 

こんなのができていました

こんなのができました

インタビューズ2 もできていたのでした

インタビューズ2 できました

ほしい方はココルームまで

● 仕事終わったら心斎橋でカルメンマキまちゅこけのライブに行く。楽しみ だ。

SH3H02880002.jpg

懐かしいカルメンマキ初めて本人を見るわだ40年以上前の歌だ

● ここるーむに行き常さんから送られた米、味噌を見たあったかい手紙が同 封されてた

、丹精こめたひとつぶひとつぶの米自分のこどもような気持ちで育てたに違いない感謝の心でいただきたい自分の故郷も農家なんだご飯食べる時ご飯をひとつぶ落としても拾って食べないと目がつぶれるとおやじに言われたものだ大切な食べものみんなで守らなければならない

● 眠たいけど、くやしいから聞いてくれ

自分がこの前みんなに言っった事。悲しい結果なんやインデックス六かんの避難じよのけん今日もニュースにでたとの事自分役たってうれしかったんだ。未だに人がいなくて俺は情けない自分があほうやったんだみんなごめんなさい

● 明日は明日の意味がある時間かかると言う意味自分から逃げてたらこの意 味はわからない

SH3H02860001.jpg

仕事が終わって家に帰った。やっぱり借家でも自分が本当の自分でいられる自分のプライベートの城自分は昔孤独だったから自分の城が欲しかった18才になっった時はじめて借りたアパートうれしかったなあ一番に買ったプレーヤーで買って流した歌が舟木一夫の高校三年生だった。今でも思い出してつい歌う、もっと人に弱音を吐くほうがいい自分も弱音を吐いて強くなれたんだ、自分が少しわかった気、がする、楽しくなる元気ないといざと言うとき人に元気がやれないんだよ。判ってほしい

● 明日は明日の意味がある時間かかると言う意味自分から逃げてたらこの意 味はわからない

SH3H02860001.jpg

仕事が終わって家に帰った。やっぱり借家でも自分が本当の自分でいられる自分のプライベートの城自分は昔孤独だったから自分の城が欲しかった18才になっった時はじめて借りたアパートうれしかったなあ一番に買ったプレーヤーで買って流した歌が舟木一夫の高校三年生だった。今でも思い出してつい歌う、もっと人に弱音を吐くほうがいい自分も弱音を吐いて強くなれたんだ、自分が少しわかった気、がする、楽しくなる元気ないといざと言うとき人に元気がやれないんだよ。判ってほしい


● ぱそこん講座

日時:4月13日(水)18:00~19:30
料金:500円
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

電源ぽちっとから教わることのできる、初心者のためのぱそこん講座。みんなでおしゃべりしながら仲良くやっていきましょう。

● 釜っぷをもってみんなで歩く会

日時:4月10日(日)16:00~17:00
料金:無料(カンパ歓迎)
場所:カマンメディアセンターに集合
大阪市西成区太子1-11-6

4月3日の釜ヶ崎マップをつくる会でつくったマップをもってみんなであるきます 手ぶらでお越しください

無料 (ですが、カンパ歓迎)

● ももんが堂  マッサージ

日時:4月6日(水) 15:00~18;00
料金:500円(15分)
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

ももんがかずみさんによるマッサージ
からだのこえにみみをすまそう

● AAFキックオフ報告会

日時:4月5日(火)15:00~16:30
場所:カマンメディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

2011年アサヒ―とフェスティバルhttp://www.asahi-artfes.net/に参加することになったココルーム。
アサヒ・アートフェスティバルが開催される前に、キックオフイベントが3月5、6日と東京墨田区アサヒアートスクエアで行われました。

そこに参加してきた、スタッフ寺川と原田(できれば)の報告です。

● まちから声をあげる

またしても風邪をひいてしまい

おとといははやく家に帰らせてもらい

きのうはどうしようもない状態でおやすみをいただき

きょうもせねばならぬことだけすまし家で作業

 

きのうは、釜ヶ崎のマップをつくる会の日

震災の影響を受け、おもに関東からこころがおちつかず釜ヶ崎へやってくる方などが

すこしでも安心してまちですごせるように

まちのマップをつくろうというのがこの会のはじまりで

 

でもマップづくりはずっとまえからやろうやろうと言っていたこと

そして今つくっておけば、これからさきずっときっと意味のあるものになる から

ということで

ふだんから、ココルームやカマメに足を運んで、いっしょにいろいろ考えてくれるみなさんとともに

まちの情報をあつめあう

 

わたしは無念ながら立ち会うことができなかったのですが

マップに落とし込むのがむずかしいほど

たくさんの情報があつまったそう

 

 

たくさん届くメーリングリストから、さらにいろいろなサイトに飛び、いろいろな情報を得るうちに

一番危険な原発の現場のしごとがやはり孫請けの業者の、労働者からなっていて

危険なしごとで亡くなっていった人はもう何十年も前からいたというはなし

聞いてはいたけれど、あらためてなまなましい記述を見て ことばを失う

原発ジプシーということば とその本があったこと そしてその本の中にはやはり

釜ヶ崎の人たちがいる ということ

このまちから原発について声をあげていくことに

大きな意味を感じる

● 釜が崎に来ていろんな、奴に会い付き合った、今日の、花見は久しぶりに 、肩のこらない、釜の仲間との最高の

SH3H02840001.jpg

みんな同じ年代、釜での苦難も弾き返して生きた心意気が自然と俺にも、ここち良く伝わってくるんだ。ほかの所では味わえない同じ釜の飯を食った仲間しか味わえない感覚だ、怒るときは本気で怒り泣きたいは何処でも泣ける、こんな当たり前の事がなくなった現在の氷の心をもった奴には
わからないだろう、思ったことが言えるって釜のおっちゃんの
本当に生きて身につけた真実の生き様なんだ

叫びなんだ

● 西成の公園、花見参加桜も五分咲きぐらい快晴で歌をみんなで歌った

SH3H02820001.jpg

和田さんの、誘いで行った俺もノンアルコールを買って持って行ったら、同じようにノンアルコールを飲んでる人がおりひと安心特掃の、藤本さんがギターを弾いてくれみんなが明るい元気な歌を歌おうと言う事で青春時代、青い山脈など今日の花見、和田さんも震災の後でやるか、やめるか、迷ったとのこと、やってよかった、いろんな支援があるんだから。おっちゃんパワーを今日は東北に送ったんだ

● 釜っぷ早く作ってみんなの日常の生活に役だてば

SH3H02760002.jpg

たくさんの人が来てくれた。釜での日常の生活に欠かせない食べ物のお いしいとこや風呂やさん立ちのみやさんなどの場所を地図に貼っていった。みんなが気に入った所がたくさんあった来週は、みんなで場所を探索する予定、早い程いい

● ゆるせつの会。同じ所で空回り。動く事が今、俺たちに必要なんだ。恐れ ず一歩踏み出そう

カマメまつりが、決まったのはよかった。やっと俺の好きな動く活気をカマメ、ここるーむに降り注ぎたい商店街みんなの願いなんだから。俺ら自ら、生き生きしてないと、みんなも立ち寄りにくいだろう。アートで表現、パフォーマンス楽しみながらみんなに、ここに来て楽しかった、また来たいって言ってもらえたら自分はうれしい、難しく考えるんでなく、体で言葉楽しさを、表現したい。みんなにも気持ちはきっと伝わるから〜

● 久しぶり、ハヤブサ帰還のドキュメント見た。どんなことがあっても、あ きらめなければ、やり直す事が出来る

思いだけでは、どうにもならない、でも、自分が信じた道ならいいんじゃない最後まで自分を、信じてやれば、他人に答えを求めるもんじゃない。ハヤブサの、ような強い信念で一人になってもあきらめず生きつづける事。それでみんな、それぞれ、生きてる実感を自分なりに納得させてかろうじて踏んばってる、気持ちわかるんだ。俺もそうだから、生き様、そのまんま生きたいように生きろってこと楽しく生きる事、これが一番大切じゃないかな、今の俺ならそう思う


● 長居公園で花見

SH3H02720001.jpg


● 長居公園で花見

SH3H02710001.jpg

岸井さん達と食べたり、飲んだり、西成公園で公務執行妨害でぱくられた伊東さんに、久しぶりに話した、埼玉の山下さんと話してた共通の知り合いの伊東さんだ。相変わらずしっかりと頑固者ぶり、今日も知り合いに会えてうれしかった六さんとチャリで帰った。男四人ここるーむで飯を食べたいろんな事を歌や踊り、絵画、詩などで表現しみんなに伝えたい

● 1歳のひとのおたんびょうびを祝ったのは

1歳のひとのおたんびょうびを祝ったのは

ものごころついてから

たぶん これがはじめて

 

ここみさんが1歳になった

記念のアルバムをつくっていて出てきた

うまれて数日の写真におもわずぐっとくる

あたりまえすぎていやになるけれど いのちはかけがえがない

こわいくらい 尊い

 

うまれて数日の 仏様 みたいなここみさんの写真に

うまれてありがとう と何度も言ってみる

● 小木海ちゃん、満一歳おめでとう

SH3H02630001.jpg

早いもんで一年がたったんだ。去年の夏俺もよく抱いたもんだ。今は座れるしバイバイも出来る、このままで健やかに育ってほしいと願う、まいちゃんとゆうこちゃんの手作りのアルバムがよかった。いい思い出になるだろう、ここみちゃん

● ももを読む会、体操

SH3H02590001.jpg


● ももを読む会

SH3H02620001.jpg

岸井さんの仲間と輪読した時間と自分の生きがい大切にしたい。昨年岸井さんから俺あての手紙今日、工藤さんによってここるーむで手渡された、すごい出会いがあるもんだと、つくづく感じた、ももを読んだあとみんなで軽くストレッチをやった。時が解決してくれる。あさ、仲間に恥ずかしい事言われた。地震で被災された所を見にいこうかって俺は見に行くのでなく何か出来る事を見つけて役にたちたいと言った、しんどいぞっと言われた、そんな話しではないだろ。同じ人間が困ってたら、ほっとけないだろ、こんな会話が情けなくて心が痛んだ、阪神大震災の時も、カメラを下げておもしろ半分に現地に行ったばかたれがいて批判された事があった。見せ物ものではないんだ。恥を知れ

このページのトップへ