式の流れはどうしたらいい?

挙式のみの場合について

家族だけ、あるいは親しい友人たちを数人招いて行う結婚式というものがあります。やり方はさまざまですが、中でも少人数の場合では挙式のみといったケースも少なくありません。
流れとしては指輪の交換や誓いの言葉を述べて終わりという非常にシンプルなものです。もちろん希望するのであれば、その後に新郎新婦やゲストを交えて記念撮影などをしてもらえるところも多いです。
メリットは通常の結婚式に比べると圧倒的に費用を抑えることができる点です。加えてやることも少ないおかげで、打ち合わせも数回で済みます。何よりも当人たちを含めて、ゲストにとっても短時間で終わるため、身体的にも精神的にも楽です。
ただし、挙式のみの結婚式を受け付けているところは少数派なので、探すのに苦労する場合もゼロではないです。

それ以外のスタイルについて

挙式を行なった後に、みんなで会食をするというスタイルの結婚式もあります。やり方は大きくわけて二通りあって、挙式した場所でそのまま会食をする場合と、別会場を用意するケースです。
前者であれば同じプランナーさんと打ち合わせするだけで良いため、手間がかかりません。後者の場合だと挙式するためと、食事をする施設のスタッフさんとの打ち合わせがあるため、最低でも二回はやることになります。
他にも会食のみといったやり方もあるのですが、こちらは二人だけで挙式を済ませておき、お披露目の意味で行う場合が多いようです。こちらの良い点は、特に結婚式場にこだわらなくて済みますから、好きなレストランやホテルが選べます。ただ、人によってはタキシードや礼服などを着用して出席することもあるのです。

少人数の披露宴では、家族や親しい友人のみを招待するのが一般的で、アットホームな雰囲気を目指す場合に最適です。